特集 PR

Maison book girlがアイドル界を俯瞰して語る、自らの立ち位置

Maison book girlがアイドル界を俯瞰して語る、自らの立ち位置

Maison book girl『elude』
インタビュー・テキスト
森朋之
撮影:伊藤惇 編集:川浦慧

変拍子、不協和音などアバンギャルンドな要素を取り入れた楽曲、コンテンポラリーダンスにも通じる振付けによるパフォーマンス、芸術性を高めたアートワーク。アイドルシーンに収まらずポップカルチャーシーンにおいて際立った存在感を示しているMaison book girl(以下、ブクガ)が、6月20日にレーベル移籍第1弾となるシングル『elude』をリリースする。

さまざまなアイドルグループが次々と生まれては、メンバーの卒業や解散などを経て、過渡期にあるように思うアイドルシーン。そんななかで、バンドやミュージシャンと対バンを行うなど、より音楽シーンから近い立ち位置にいるように見えるブクガの4人へインタビューを行った。結成から3年以上経ち、アイドル界を隅のほうから見てきたようにも思う彼女たちは現状をどう捉えているのか? 現状における自らの立ち位置、ブクガの世界観の捉え方、グループの現状と将来像などについて語ってもらった。

(アイドルフェスは)最初の頃は場違いなんじゃないかと感じることもあったし、自信もなくて。(コショージ)

—AKB48を起点にしたアイドル戦国時代が一段落して、いまアイドルシーンは過渡期にあるように見えます。そんななかブクガは独自の立ち位置を得ているように思いますが、みなさんは現在のアイドルシーンをどう捉えていますか?

コショージ:私はアイドルの友達も多いし、そういう子たちからいろいろな話を聞いてるんですけど、アイドルってファンの皆さんに応援し続けてもらうには「そんなことまでしないといけないよね」ということもいっぱいあって、すごくがんばってると思うんです。でも、確かにブクガはそういう場所から少し外れているんですよね。最近は、アイドルグループの解散やメンバーの脱退も多いですけど、私たちのところにそういう波は来ていなくて。

Maison book girl 左から:井上唯、和田輪、矢川葵、コショージメグミ
Maison book girl 左から:井上唯、和田輪、矢川葵、コショージメグミ

—そういった状況は、一歩引いて冷静に見ている? それとも同じシーンの一員という感覚?

コショージ:共存してますね。最近でいうと、アイドルネッサンスが解散したときは自分事のようでした。自分のグループがなくなったような気がして。同じ世代で同じ舞台に立っていたという感じがあったから、仲間がいなくなってしまう寂しさがありました。

コショージメグミ
コショージメグミ

井上:アイドルネッサンスとはイベントで一緒になることも多かったからね。解散もそうだし、「あの子が辞めた(脱退した)んだ」ということに、他のアイドルの子は影響を受けることもあると思うんですけど、私たちはまた違うところにいるというか。

井上唯
井上唯

コショージ:うん。「その場所に自分たちはいない」と客観的に見ている感じもあるんですよ。何なんだろう?

和田:私たちが他のアイドルグループとまったく同じ括りで見られているか? と言えば、そうではない気がするというか。不思議な場所にいるという自覚はありますね。

—それは、他のグループとは異なる個性を確立できている、みたいな実感があるんでしょうか?

矢川:確立できているかはわからないですけど、この前、家で“bath room”(2015年)という私たちの1stアルバムの収録曲を聴き直してみたんですよ。そのときに「アイドルがデビューして、初めて歌う曲がこれか。私たち、最初からおかしかったんだな」と思って(笑)。

コショージ井上和田:ハハハハハ!

矢川:私がそれまで聴いてきた音楽と比べても完全に異質だったし、他のグループだったらこの曲はやってないと思うんです。それでも3年くらい続けてこられたのは良かったなって、改めて思いました。

矢川葵
矢川葵

コショージ:アイドルフェスに出させてもらっても、周りは笑顔で明るいイメージだし、自分たちのようなグループはいないですよね。最初の頃は場違いなんじゃないかと感じることもあったし、自信もなくて。でも、最近ようやくファンの方や周りの方から「Maison book girlはMaison book girlしかいなくて、それが強味なんだよ」って言ってもらえるようになって。それでやっと自信を持てるようになってきた感じですね。そういう言葉を素直に受け入れられないこともあるんですけど(笑)。

最初の頃は自分たちと似たようなグループがまったくいなくて。(和田)

—ブクガは音楽的にも非常に面白いですし、アイドル好きな人たちだけではなくて、コアな音楽ファンに届いている印象もあります。

コショージ:そうなのかな? 「じつはブクガの曲が好きなんですよ」って言われることもあって。そこは声を大にして言ってほしい(笑)。

井上:「じつは」ってなんだよ! って(笑)。

和田:最初の頃は自分たちと似たようなグループがまったくいなくて、「どうやって上を目指せばいいんだろう?」「この曲と私たちでできることって何だろう?」ってすごく困ってたんです。暗中模索しながら、けもの道をかき分けるようにして(笑)、少しずつ道が見えてきたというか。

和田輪
和田輪

矢川:ライブのたびにキャパが増えていたりするので、そういうところでも「成長できてるのかも」と思います。曲もどんどん高度になって、振付けも難しくなっていて。それに食らいつくことで少しずつ良くなっているのかなって。

—ブクガは振付けも、他のグループとはちょっと異質というか。

井上:「振付け、変わってるね」ってよく言われます(笑)。

和田:はじめたときはほとんど初心者だったし、ダンスのルーツもなかったから、相当大変でした。与えられた振付けに対して「どうすればカッコ良くなるか」をみんなで話したり。

井上:当時の映像を観ると「よくこれで人前に出てたな」という感じです(笑)。

コショージ:まだド下手ですけどね。

和田:マイナスがゼロになっただけかも。

井上:振付けはずっとミキティ—本物さんがやってくれていて。いままでの流れもわかってくれたうえで、「こういうふうに見せたらいいんじゃない?」って提案してくれるのも大きいですね。

Page 1
次へ

リリース情報

Maison book girl『elude』
Maison book girl
『elude』

2018年6月20日(水)発売
価格:1,300円(税込)
PCCA.04692

1.レインコートと首の無い鳥
2.おかえりさよなら
3.教室
4.レインコートと首の無い鳥(instrumental)
5.おかえりさよなら(instrumental)
6.教室(instrumental)

イベント情報

『Maison book girl tour 2018』

2018年5月26日(土)
会場:福岡DRUM SON

2018年6月3日(日)
会場:宮城県 仙台 CLUB JUNK BOX

2018年6月10日(日)
会場:愛知県 名古屋 Electric Lady Land

2018年6月17日(日)
会場:大阪 梅田バナナホール

2018年6月23日(土)
会場:東京 日本青年館ホール

プロフィール

Maison book girl
Maison book girl(めぞん ぶっく がーる)

矢川葵、井上唯、和田輪、コショージメグミ、による4人組グループ。通称ブクガ。音楽家サクライケンタが楽曲から世界観構築まで全面プロデュースを行い、独自の音楽性やブランディングが施された世界観が話題を呼び、2016年11月メジャーデビュー。2017年4月5日には待望のメジャー1stアルバム「image」を発売。2018年5月17日~5月19日にイギリス・ブライトンで行われる国際音楽フェス『THE GREAT ESCAPE FESTIVAL2018』に日本代表として出演。2018年5月4日を皮切りに、全国5ヶ所で行われるワンマンツアー「Maison book girl tour2018」を決行。ツアーファイナル「Solitude HOTEL 5F」は6月23日に日本青年館にて開催。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

中村佳穂『SING US “忘れっぽい天使 / そのいのち”』(live ver.)

古来、歌というものは、すなわち「祈り」だった。中村佳穂というシンガーの歌を聴いて思うのはそんなこと。リリース前の音源を事前配布し、来場者と歌うという試み自体もすごいが、各々の歌う声が重なることにより生まれるエネルギーの躍動はもっとすごい。私たちは、ディスプレイを前にそんな音楽の奇跡を目の当たりさせられる。(山元)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く