特集 PR

Superflyが語る、生き方の変化。愛の感じ方や自分を労わること

Superflyが語る、生き方の変化。愛の感じ方や自分を労わること

Superfly『Bloom』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
編集:矢島由佳子
2018/06/11

私、小さい頃から、過剰に人に気を遣うことが多かったんです。

—そういった心境の変化も踏まえて、今作『Bloom』にライブ音源や映像も収録されている復帰第1弾ライブ『Superfly 10th Anniversary Premium LIVE "Bloom"』は、どうでしたか?

志帆:スッキリしましたね。なんていうか、自分の家に人を招いたような気持ちで歌えました。今までは、会場を借りてそこにみんなを招待するという感じだったんですけど、会場が我が家そのものみたいに思えたというか。人を招き入れるんだけど、過剰に気を遣うこともなく、「私、楽しいけど、みんなはどう?」みたいな。休んでいる期間、人との関わり方も随分変わったので、そういうことがステージに立ったときにも影響しているのかもしれないです。

『Superfly 10th Anniversary Premium LIVE “Bloom”』の様子

『Superfly 10th Anniversary Premium LIVE "Bloom"』の様子

—人との関わり方は、どんなふうに変わったのですか?

志帆:私、小さい頃から人の考えていることが読めちゃうようなところがあって、過剰に人に気を遣うことが多かったんです。最近そういうのが「面倒臭いな」って思えるようになって(笑)。だって、人が考えていることなんて結局のところよくわからないじゃないですか。だったら「わからない」ということを前提にして過ごすほうが楽だなって。

「人に気を遣う」というのは、人のことを考えているからのはずなのに、それで辛くなるってなんだろう? って思ったんですよね。そこは、味覚に教えてもらったところがあるかもしれない。ご飯の話ばかりで恐縮なんですけど(笑)。

—いえ、ぜひ聞きたいです。

志帆:「美味しい」という感覚は、人それぞれじゃないですか。辛いのが好きな人もいれば、しょっぱいものが好きな人もいる。その加減にも好みがあって、「美味しさの基準」なんて、そもそもないですよね。究極、わからないから、「人が美味しいと思うものを作ろう」って考えるのは、なかなか大変なことだと思うんです。

—確かにそうですね。

志帆:だとしたら、自分が「美味しい」って思うことが一番なんじゃないかって。そう考えるようになったのが、結構、いろんなことに繋がった気がしますね。音楽を作るときも、人が「いい」って言ってくれることを基準にするのではなくて、まず自分が「いい」と思えるかどうかを基準にする。自分を満足させてあげるのが一番で、それが伝わるかどうか、他の人が「いい」って思うかどうかは、あまり気にしないようになりました。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

Superfly『Bloom』初回盤(2CD+DVD)
Superfly
『Bloom』初回盤(2CD+DVD)

2018年6月6日(水)発売
価格:4,320円(税込)
WPZL-31444~6

[CD][DISC 1]
1. Bloom
2. Fall
3. ユニゾン
4. Force -Orchestra Ver.-
[CD][DISC 2]
『Superfly 10th Anniversary Premium LIVE "Bloom"』オーケストラ・アレンジ盤
[DVD]
『Superfly 10th Anniversary Premium LIVE "Bloom"』ライブ映像

Superfly『Bloom』初回盤(2CD+Blu-ray)
Superfly
『Bloom』初回盤(2CD+Blu-ray)

2018年6月6日(水)発売
価格:5,400円(税込)
WPZL-31447~9

[CD][DISC 1]
1. Bloom
2. Fall
3. ユニゾン
4. Force -Orchestra Ver.-
[CD][DISC 2]
『Superfly 10th Anniversary Premium LIVE "Bloom"』オーケストラ・アレンジ盤
[Blu-ray]
『Superfly 10th Anniversary Premium LIVE "Bloom"』ライブ映像

Superfly『Bloom』通常盤(2CD)
Superfly
『Bloom』通常盤(2CD)

2018年6月6日(水)発売
価格:2,916円(税込)
WPCL-12862~3

[CD][DISC 1]
1. Bloom
2. Fall
3. ユニゾン
4. Force -Orchestra Ver.-
[CD][DISC 2]
『Superfly 10th Anniversary Premium LIVE "Bloom"』オーケストラ・アレンジ盤

プロフィール

Superfly
Superfly(すーぱーふらい)

2007年にシングル『ハロー・ハロー』でデビュー。2008年には1stアルバム『Superfly』をリリースし、オリコンアルバムランキング1位を記録。以降、2ndアルバム『Box Emotions』(2009年)、3rdアルバム『Mind Travel』(2011年)、4thアルバム『Force』(2012年)、さらにシングルと洋楽カバー集の企画アルバム『Wildflower & Cover Songs:Complete Best‘TRACK3’』(2010年)、初のベストアルバム『Superfly BEST』(2013年)でオリコンアルバムランキング1位を獲得。2015年5月、約3年ぶりとなるオリジナル5thアルバム『WHITE』をリリースし、同年7月から過去最大規模となる33都市39公演のホールツアーを開催。2016年1月からは同じく過去最大規模となる7都市全11公演のアリーナツアー『Superfly Arena Tour 2016 “Into The Circle!”』を開催し、約10万人を動員。デビュー10周年を迎えた2017年4月4日、ファン投票によるベストアルバム『Superfly 10th Anniversary Greatest Hits “LOVE, PEACE & FIRE”』をリリース。オリコン1位を獲得。11月15日には東京オペラシティコンサートホール・タケミツ メモリアルにて「Superfly 10th Anniversary Premium LIVE “Bloom”」を開催。同年自身2回目となるNHK紅白歌合戦に出場。J-POPシーンに独自のバンドサウンドで挑戦し続けるSuperfly。志帆の圧倒的なボーカル、ライブパフォーマンス、そしてオリジナリティ溢れる音楽性が大きな注目を集めているアーティストである。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

東京ゲゲゲイ“KIRAKIRA 1PAGE”

ダンスのみならず多角的な活躍を見せる東京ゲゲゲイが“KIRAKIRA 1PAGE”のMVを公開。作詞作曲はリーダーのMIKEYが担当した他、作曲には新進気鋭のトラックメイカー・MATZも参加。これまでのキテレツさや妖艶さを押し出された作品とは打って変わって、爽やかで切なさを感じさせるMVとなっている。5人が勢ぞろいして一糸乱れぬダンスを見せる終盤の展開は圧巻。是非、最後の最後まで鑑賞してほしいMVだ。(中田)

  1. 映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし 1

    映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし

  2. 『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映

  3. ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応 3

    ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応

  4. 「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本 4

    「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本

  5. THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと 5

    THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと

  6. 中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る 6

    中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る

  7. RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開 7

    RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開

  8. My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー 8

    My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー

  9. 海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も 9

    海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も

  10. 感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける 10

    感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける