特集 PR

Superflyが語る、生き方の変化。愛の感じ方や自分を労わること

Superflyが語る、生き方の変化。愛の感じ方や自分を労わること

Superfly『Bloom』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
編集:矢島由佳子
2018/06/11

今まではルールや習慣に依存していたのかもしれない。そういう気持ちから自由になれたと思います。

—そしてなにより、志帆さんのボーカルもものすごくパワフルで、休養明けとは思えないくらいです。

志帆:こんなに早くシャウトするとは思っていなかったんですけど、「もっと激しく歌ったほうがいいな」とイメージしていたら、重ねていくうちにどんどん激しくなっていきましたね。メロディーも、しゃがれ声が出やすいように変えていったり、言葉も変えていったり。そうやって、変化させる余地のある曲だったんです。

Superfly

—インタビューの最初、“愛をこめて花束を”から10年とおっしゃいました。昨年デビュー10周年を迎え、休養を経て今後の志帆さんの生き方は、どんなふうに変わっていくと思いますか?

志帆:自分の軸をしっかりさせた状態で取り組みたいなって思います。それは仕事だけではなくて、日々の生活もそう。自分はせっかちなのか、のんびり屋さんなのか……自分の特性をちゃんと理解して、自分のペースを把握した上で、いろんなことをやっていくべきだなって。

さっきも言ったように、私、すぐ人に合わせちゃうんですよ。「今、盛り上がったほうがいいのかな? よし、盛り上がろう!」みたいな。その場の雰囲気に飲まれやすい。それを欠点として捉えるのではなくて、特技として活かせるように、ちゃんと自分のペースを守ってあげたいですね。守りつつ働けたらいいなって思います。

—自分のペースを守るって、難しいけど大切なことですよね。

志帆:本当にそう思います。歌い方ひとつ取ってもそうですね。たとえば今回、“Fall”はハンドマイクで歌ってみたんです。ボーカル録音って、一応セオリーがあるんですよ。マイクスタンドを立てて、マイクを固定して歌うという。でも、吊るされたマイクで歌うと姿勢を変えられないんですよね。本当は下を向いて歌ったほうが豊かな声が出る場合もあるのに、顎が上がっていると声が細くなっちゃう。そういうのをちょっと調整してあげるだけで、喉も守れるんです。

もしかしたら、今まではルールや習慣に依存していたのかもしれない。そういう気持ちから自由になれたと思います。すでに決められたルールに自分から縛られてしまうのではなく、もっと自己流でいいんだなって。きっと私自身、したたかになったんでしょうね(笑)。

—歌詞の内容も変わっていきそうですか?

志帆:今話したように、世の中の常識とか、自分のなかのこだわりとか、そういうものを一旦取っ払うことは必要なのかなって思っていますね。オリジナルなものってきっと、その先にあるはずですし。歌いたいことはたくさんあって、今までとは確実に違うものが出てきそうな気がするので、ワクワクしています。

Superfly

—ところで、ショートヘアーがとっても素敵なんですが、髪の毛を切って、気分は変わりましたか?

志帆:めちゃくちゃ変わりました! お休みのタイミングで、「ショートにしてセンター分けをやめたら、街を歩いていても気づかれないかな」と思って切ってみたんですよ。そうしたら、本当に誰にも気づかれない(笑)。マスクもメガネもせず、どれだけ派手な服を着て歩いていても、電車のなかで目が合っても平気。すっごく楽でしたし、面白い体験でした。

—髪型が変わると、着る服も変わりますよね。

志帆:そうなんです。洋服選びも楽しくなりました。私は古着が好きで、古着屋さんで服を見ているといろんなイメージが湧くんですよね。「こんな変な服を作った人って、どんな人なんだろう?」とか、「なんでこんな服が今残っているんだろう?」とか。お店の人の洋服への愛が強ければ強いほど、いい空間になっているので、気持ちがクリアになる。古着屋さんはパワースポットかも知れないですね(笑)。年代も、色も、スタイルもバラバラ、でも組み合わせたらバッチリみたいな、そういうパターンを見つけるのが楽しくて仕方ないんです。それって、音楽とも似ていますよね?

Page 4
前へ

リリース情報

Superfly『Bloom』初回盤(2CD+DVD)
Superfly
『Bloom』初回盤(2CD+DVD)

2018年6月6日(水)発売
価格:4,320円(税込)
WPZL-31444~6

[CD][DISC 1]
1. Bloom
2. Fall
3. ユニゾン
4. Force -Orchestra Ver.-
[CD][DISC 2]
『Superfly 10th Anniversary Premium LIVE "Bloom"』オーケストラ・アレンジ盤
[DVD]
『Superfly 10th Anniversary Premium LIVE "Bloom"』ライブ映像

Superfly『Bloom』初回盤(2CD+Blu-ray)
Superfly
『Bloom』初回盤(2CD+Blu-ray)

2018年6月6日(水)発売
価格:5,400円(税込)
WPZL-31447~9

[CD][DISC 1]
1. Bloom
2. Fall
3. ユニゾン
4. Force -Orchestra Ver.-
[CD][DISC 2]
『Superfly 10th Anniversary Premium LIVE "Bloom"』オーケストラ・アレンジ盤
[Blu-ray]
『Superfly 10th Anniversary Premium LIVE "Bloom"』ライブ映像

Superfly『Bloom』通常盤(2CD)
Superfly
『Bloom』通常盤(2CD)

2018年6月6日(水)発売
価格:2,916円(税込)
WPCL-12862~3

[CD][DISC 1]
1. Bloom
2. Fall
3. ユニゾン
4. Force -Orchestra Ver.-
[CD][DISC 2]
『Superfly 10th Anniversary Premium LIVE "Bloom"』オーケストラ・アレンジ盤

プロフィール

Superfly
Superfly(すーぱーふらい)

2007年にシングル『ハロー・ハロー』でデビュー。2008年には1stアルバム『Superfly』をリリースし、オリコンアルバムランキング1位を記録。以降、2ndアルバム『Box Emotions』(2009年)、3rdアルバム『Mind Travel』(2011年)、4thアルバム『Force』(2012年)、さらにシングルと洋楽カバー集の企画アルバム『Wildflower & Cover Songs:Complete Best‘TRACK3’』(2010年)、初のベストアルバム『Superfly BEST』(2013年)でオリコンアルバムランキング1位を獲得。2015年5月、約3年ぶりとなるオリジナル5thアルバム『WHITE』をリリースし、同年7月から過去最大規模となる33都市39公演のホールツアーを開催。2016年1月からは同じく過去最大規模となる7都市全11公演のアリーナツアー『Superfly Arena Tour 2016 “Into The Circle!”』を開催し、約10万人を動員。デビュー10周年を迎えた2017年4月4日、ファン投票によるベストアルバム『Superfly 10th Anniversary Greatest Hits “LOVE, PEACE & FIRE”』をリリース。オリコン1位を獲得。11月15日には東京オペラシティコンサートホール・タケミツ メモリアルにて「Superfly 10th Anniversary Premium LIVE “Bloom”」を開催。同年自身2回目となるNHK紅白歌合戦に出場。J-POPシーンに独自のバンドサウンドで挑戦し続けるSuperfly。志帆の圧倒的なボーカル、ライブパフォーマンス、そしてオリジナリティ溢れる音楽性が大きな注目を集めているアーティストである。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”MV。監督・三宅唱の眼差しを通せば、見慣れた街のたしかな息吹が感じられる。映り込む広告から、かなり最近撮影されたのだとわかるパートも。クレジットにまで忍ばせてある遊びにも心くすぐられた(バリュー・ドリモア)。<movieのように華やかじゃない>日々にも、きらめく瞬間が散りばめられているのだと知って、今年も東京で夏の蜃気楼を待ちわびてしまう。(井戸沼)

  1. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 1

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  2. 草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演 2

    草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演

  3. KOHHの沖縄旅行&地元に密着する『SWITCH』 宇多田、ワンオクTakaらも証言 3

    KOHHの沖縄旅行&地元に密着する『SWITCH』 宇多田、ワンオクTakaらも証言

  4. 椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ 4

    椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ

  5. 石原さとみが10秒メイクに挑戦、花王「オーブ」ウェブ動画&新CM公開 5

    石原さとみが10秒メイクに挑戦、花王「オーブ」ウェブ動画&新CM公開

  6. 安藤政信がカメラを向ける 仏写真家&愛人に着想の矢崎仁司監督作予告編 6

    安藤政信がカメラを向ける 仏写真家&愛人に着想の矢崎仁司監督作予告編

  7. 池松壮亮に尾崎豊が憑依 松居大悟監督『君が君で君だ』新場面写真公開 7

    池松壮亮に尾崎豊が憑依 松居大悟監督『君が君で君だ』新場面写真公開

  8. 小池徹平が「先生界のプリンス」 中川大志主演『覚悟はいいかそこの女子。』 8

    小池徹平が「先生界のプリンス」 中川大志主演『覚悟はいいかそこの女子。』

  9. ラッパーのXXXTentacionが銃撃受けて逝去 20歳 9

    ラッパーのXXXTentacionが銃撃受けて逝去 20歳

  10. 野村萬斎×落合陽一 「表現の本質」に迫る『MANSAI◎解体新書』第28弾 10

    野村萬斎×落合陽一 「表現の本質」に迫る『MANSAI◎解体新書』第28弾