特集 PR

SPANK HAPPY再始動 2人が今、ここで組む理由を語る

SPANK HAPPY再始動 2人が今、ここで組む理由を語る

SPANK HAPPY『夏の天才』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:豊島望 編集:川浦慧

1992年にハラミドリ、菊地成孔、河野伸の3人で結成(1期)、1999年からは岩澤瞳と菊地によるボーカルデュオ(2期)として活動を展開し、2006年に解散したSPANK HAPPYが、約12年という長い歳月を経たいま、新ボーカリスト「OD」を迎えて突如復活、新曲“夏の天才”をリリースした。

いまや音楽家としてはもちろん、著述家、ラジオパーソナリティとしても活躍する菊地は、なぜ1度は自らの手で封印したSPANK HAPPYを再始動させようと思ったのだろうか。その再始動が意味するものとは、果たして何なのか。そして、そんなSPANK HAPPYの新ボーカリスト「OD」として、今回菊地とタッグを組むことになった小田朋美(DC/PRG、CRCK/LCKSのメンバー、ceroのサポートなど)の胸中やいかに。

今回の再始動は、「3期」である以上に「最終」形態であるというSPANK HAPPPYの2人に、彼らがまとう「ペルソナ(仮面)」が持つ意味と2人の関係性についてはもちろん、いまのSPANK HAPPYが持つ音楽的な可能性と今後の野望まで、大いに語ってもらった。

今回のSPANK HAPPYの特徴は、パートナーがリーダーよりも音楽的な能力が上、もしくは同等であることです。(Boss)

—まず、約12年ぶりにSPANK HAPPYを再始動させることの意義について、Bossの考えを聞かせてもらえますか?

Boss the NK a.k.a. 菊地成孔(以下、Boss):SPANK HAPPYをもう1回やることの意義は2つあって。ひとつは過去のSPANK HAPPYの活動は、「15年早かった。いまがちょうどいい」とかよく言われてるけど、実際にいまもう1回やってみたら、果たして本当にいいのかっていう疑問がありますよね。その実験結果を出してみたい、というのがあります。結構コンセプチュアルだと思いますけど。

Boss the NK a.k.a. 菊地成孔
Boss the NK a.k.a. 菊地成孔

—確かに、そうですね。

Boss:岩澤(瞳)さんとやっていた第2期SPANK HAPPYの曲は、自分でもみんないい曲だと思ってるんだけど、もう15年前の曲だというのも事実です。それをもう1回リアレンジして、まあ、適格な声の持ち主に歌ってもらったらどうなるんだろう、と、ただ、それだと単なるリバイバルプロジェクトだから、そんなことはモチベーションの半分もしくはそれ以下ですね。

それよりも小田さんと2人で新しいSPANK HAPPYをやってみたいということですね。僕の気分としては、今回は事実上は確かに3期ではあるけれども、いままでの1期、2期はテストランで、今度が本番立ち上げぐらいの気持ちです。

—「最終SPANK HAPPY」という言い方もなさってますよね。

Boss:はい、僕の年齢的にも、音楽の形態としても、これが最終SPANK HAPPYであるのは間違いないんですが、始発のSPANK HAPPYでもあるという感覚があります。それはやっぱり、小田さんという、とても素晴らしい才能とオーラを持った方と、彼女が学生時代に出会って、その後小田さんは素晴らしい音楽家に成長された。小田さんと共に音楽をやること自体はDC/PRGでもやっていますし、2人で映画音楽を担当したりもしました。ですが、2人で対等に組んで、歌ものをやりたかったけど、形が見つからなかったということとSPANK HAPPYをもう1回やろうっていうのが、僕の中で合致したんですよね。

SPANK HAPPY
SPANK HAPPY

—名前こそSPANK HAPPYですが、菊地さん1人ではなく、2人で音楽を作り上げるところが、これまでとは違うわけですね。

Boss:今回のSPANK HAPPYのいちばん大きな特徴は、パートナーがリーダーよりも音楽的な能力が上、もしくは同等であるということです。厳密に言うと、年齢差が23もあって、男女なのに分業されてない。それはいままでになかったから、ものすごく新鮮です。

ソングライトからアレンジからパフォーマンスまでまでがっつり共同でやる。デモ等の打ち込み作業は小田さんが、スタイリングやビジュアルやビートメーカーの人選は僕が、という分業はありますが、とにかく一緒に曲を作って一緒に歌って、一緒に踊る、というのはSPANK HAPPYだけではなく、僕の全活動にとって初めてのことなので。

小田さんとならば、バンドセットもできるし、オール弦楽だけでやることもできるし、SPANK HAPPYの音楽的な可能性が、ものすごく広がるわけです。極論を言えば、SPANK HAPPY名義で、映画音楽をやることだって、ピアノとサックスのデュエットだって不可能ではないわけで。

—小田さんと一緒にやることは、音楽の可能性が広がることも意味していると。

Boss:可能性とかポテンシャルとしては、1期も2期も包含した上で、更にもっといろんなことができるユニットになったわけです。だけど、器用貧乏にあれもこれもやりますでは拡散してしまうので、まずは小田さんにODっていうキャラクターを振って。

OD a.k.a. 小田朋美(以下、OD):自分、ODじゃないスか~(笑)。

—そう言えば今回の取材は、BossとODの取材という体でした(笑)。

Boss:(笑)。だから、小田さんの持ち味を引き出す意味も含め、ODというペルソナをかぶせて、小田さん自身を解放すると。小田さんが1人では絶対にやらないようなこともやっていただいて、まあ、僕もやっていくと。小田さんも僕も単体ではではやらないようなことをやって、余裕無き時代に遊んでる。それが今回のSPANK HAPPYなんです

SPANK HAPPY

Page 1
次へ

リリース情報

SPANK HAPPY『夏の天才』
SPANK HAPPY
『夏の天才』

2018年5月30日(水)配信リリース

プロフィール

SPANK HAPPY
SPANK HAPPY(すぱんくはっぴー)

1992年、原ミドリ(ヴォーカル)、菊地成孔(サックス)、河野伸(キーボード)で結成。1994年東芝EMIよりデビュー、1998年の原ミドリ脱退で活動休止。1999年に岩澤瞳と菊地成孔とのヴォーカルデュオグループとして活動再開、2001年ベルウッドレコードより再デビュー。2004年の岩澤脱退後、新ヴォーカルにドミニク・ツァイを迎えるがわずかな期間で脱退、以降は2006年10月22日の解散まで女性ヴォーカルを固定しないユニットとして活動した。2018年、小田朋美を迎え、12年ぶりの再始動を発表。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー