特集 PR

SPANK HAPPY再始動 2人が今、ここで組む理由を語る

SPANK HAPPY再始動 2人が今、ここで組む理由を語る

SPANK HAPPY『夏の天才』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:豊島望 編集:川浦慧

「菊地成孔って何者だよ?」っていう人が聴いて、「やべえじゃん、こいつら」って思うことが大切であって。(Boss)

—そんなBossとODによる新生SPANK HAPPYの1発目の楽曲として、“夏の天才”が配信されているわけですが、これは最初から「三越伊勢丹グループ グローバル・グリーン キャンペーン」のキャンペーンソングとして作られたものなのでしょうか?

Boss:そうですね。小田さんとSPANK HAPPYをやりましょうってなったときに、ちょうどこの話がきたんですよね。これは渡りに船だと思って、「実は、SPANK HAPPYが復活するんです」って伝えたら、向こうも「おおっ、是非SPANK HAPPYで」ってなったんです。で、今度のボーカリストはこの人ですって小田さんの写真を見せて歌を聴いてもらったら、三越伊勢丹さんが「もう最高」って(笑)。

SPANK HAPPY『夏の天才』(Apple Musicはこちらから

—三越伊勢丹のキャンペーンソングとなると、歌詞や曲の雰囲気など、いろいろ考えなくてはいけなかったのでは? 2期の歌詞ように、病理をテーマにしてというのは、あまり相応しくないですよね。

Boss:そうそう、とにかく爽やで、「夏、楽しい!」っていうのを押していかなきゃいけないから。押していかなきゃって言うと強要されてるみたいだけど、夏が楽しいのは、僕、何の文句もないんで(笑)。

だけど、ただ「夏は恋の季節で楽しいよね」っていう歌だったら、もういろんな人が散々歌ってきているわけですよね。だから、そこに何とかSPANK HAPPYらしさというものを入れ込もうと心がけてはいます。

—いずれはアルバムを出すことも考えているのでしょうか?

Boss:もちろんアルバムは出しますけど、それがCDになるかどうかは、もう音楽産業全体に横たわってる問題なので(笑)。もうデータでいいんじゃないのとか、いや、ビジュアルを重視するバンドだったら、やっぱり盤があって、写真集みたのがくっついてたほうがいいんじゃないのとか、いまのところ、いろんな話が飛び交っています。

左から:Boss the NK a.k.a. 菊地成孔、OD a.k.a. 小田朋美

—Instagramを積極的に使っていますが、あれはどういうツールとして使われているんですか?

Boss:Instagramを日記として使うか、自分たちのビジュアルブックとして使うかっていうのは、結構大きいと思うんですよね。日記として使う人は、晩飯をあげたり、旅先で見た面白いお地蔵さんの写真とかをあげるわけですけど、そういうものは一切やらないって決めてます。だから、InstagramはSPANK HAPPYのビジュアルブックという位置付けでやっています。あとは「動くODですよね」(笑)。

—ショートコントのようなものも、いくつかアップされていますよね(笑)。でも、たしかに動いたりしゃべったりしているODさんを実際に見たほうが、いろいろ手っ取り早いような気はします。

Boss:そうなんですよ(笑)。

この日の取材の様子

OD:まだ、SPANK HAPPYとしては1曲しか発表してないのに、100以上投稿があるという(笑)。

—音源を出してライブをやってという従来の形に縛られない、自由活動を展開していく感じなんですか?

Boss:もちろん、中枢は音楽ですけどね。だから、まずは“夏の天才”を聴いてもらって、あとはライブですよね。『FUJI ROCK FESTIVAL'18』をはじめ、夏フェスにもいろいろ出させて頂くので。

—いまは、どういう形式でライブをやっているのですか?

Boss:基本的には2期の踏襲で、2本マイクで歌って踊ってますけど、将来的にはバンドセットになる可能性もあるわけです。だって、極論言ったら、小田さんは、オーケストラのスコアが書けるわけですから(笑)。交響楽団とODとBossだってないわけじゃないですよね。小田さんが指揮して、途中で後ろを振り返って歌ったりとかして(笑)。そんなの見たことねえよっていう(笑)。

—(笑)。1曲出した時点で、これほどいろんな可能性が広がっているユニットも、なかなか珍しいですよね。

Boss:いちばん大切なことは、そういうことを何にも知らない人が聴いて、いいと思うことなんですよね。小田朋美もDC/PRGもCRCK/LCKSも何にも知らない人……それこそ、「菊地成孔って何者だよ?」っていう人が聴いて、「やべえじゃん、こいつら」って思うことが大切であって。

SPANK HAPPY

Page 4
前へ

リリース情報

SPANK HAPPY『夏の天才』
SPANK HAPPY
『夏の天才』

2018年5月30日(水)配信リリース

プロフィール

SPANK HAPPY
SPANK HAPPY(すぱんくはっぴー)

1992年、原ミドリ(ヴォーカル)、菊地成孔(サックス)、河野伸(キーボード)で結成。1994年東芝EMIよりデビュー、1998年の原ミドリ脱退で活動休止。1999年に岩澤瞳と菊地成孔とのヴォーカルデュオグループとして活動再開、2001年ベルウッドレコードより再デビュー。2004年の岩澤脱退後、新ヴォーカルにドミニク・ツァイを迎えるがわずかな期間で脱退、以降は2006年10月22日の解散まで女性ヴォーカルを固定しないユニットとして活動した。2018年、小田朋美を迎え、12年ぶりの再始動を発表。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 1

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  2. 平野紫耀×桜井日奈子『ういらぶ。』 キュン声♡絶叫上映が東名阪で開催 2

    平野紫耀×桜井日奈子『ういらぶ。』 キュン声♡絶叫上映が東名阪で開催

  3. 有村架純とのデートを疑似体験するwicca動画 「ほっぺプニプ二は照れた」 3

    有村架純とのデートを疑似体験するwicca動画 「ほっぺプニプ二は照れた」

  4. HEY-SMITH・猪狩が語る、人を動かすために「パンク」を選んだ訳 4

    HEY-SMITH・猪狩が語る、人を動かすために「パンク」を選んだ訳

  5. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 5

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  6. 遠藤憲一×小栗旬のリハーサルシーン公開 本日放送開始の宮藤官九郎ドラマ 6

    遠藤憲一×小栗旬のリハーサルシーン公開 本日放送開始の宮藤官九郎ドラマ

  7. 二階堂ふみ×GACKT『翔んで埼玉』、「埼玉ディス」満載の予告編公開 7

    二階堂ふみ×GACKT『翔んで埼玉』、「埼玉ディス」満載の予告編公開

  8. KAT-TUN中丸雄一のソロアクト公演『中丸君の楽しい時間』第3弾 来年上演 8

    KAT-TUN中丸雄一のソロアクト公演『中丸君の楽しい時間』第3弾 来年上演

  9. 韓国版『いま、会いにゆきます』が来春公開 ソ・ジソブ×ソン・イェジン 9

    韓国版『いま、会いにゆきます』が来春公開 ソ・ジソブ×ソン・イェジン

  10. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 10

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開