特集 PR

SPANK HAPPY再始動 2人が今、ここで組む理由を語る

SPANK HAPPY再始動 2人が今、ここで組む理由を語る

SPANK HAPPY『夏の天才』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:豊島望 編集:川浦慧

「菊地成孔って何者だよ?」っていう人が聴いて、「やべえじゃん、こいつら」って思うことが大切であって。(Boss)

—そんなBossとODによる新生SPANK HAPPYの1発目の楽曲として、“夏の天才”が配信されているわけですが、これは最初から「三越伊勢丹グループ グローバル・グリーン キャンペーン」のキャンペーンソングとして作られたものなのでしょうか?

Boss:そうですね。小田さんとSPANK HAPPYをやりましょうってなったときに、ちょうどこの話がきたんですよね。これは渡りに船だと思って、「実は、SPANK HAPPYが復活するんです」って伝えたら、向こうも「おおっ、是非SPANK HAPPYで」ってなったんです。で、今度のボーカリストはこの人ですって小田さんの写真を見せて歌を聴いてもらったら、三越伊勢丹さんが「もう最高」って(笑)。

SPANK HAPPY『夏の天才』(Apple Musicはこちらから

—三越伊勢丹のキャンペーンソングとなると、歌詞や曲の雰囲気など、いろいろ考えなくてはいけなかったのでは? 2期の歌詞ように、病理をテーマにしてというのは、あまり相応しくないですよね。

Boss:そうそう、とにかく爽やで、「夏、楽しい!」っていうのを押していかなきゃいけないから。押していかなきゃって言うと強要されてるみたいだけど、夏が楽しいのは、僕、何の文句もないんで(笑)。

だけど、ただ「夏は恋の季節で楽しいよね」っていう歌だったら、もういろんな人が散々歌ってきているわけですよね。だから、そこに何とかSPANK HAPPYらしさというものを入れ込もうと心がけてはいます。

—いずれはアルバムを出すことも考えているのでしょうか?

Boss:もちろんアルバムは出しますけど、それがCDになるかどうかは、もう音楽産業全体に横たわってる問題なので(笑)。もうデータでいいんじゃないのとか、いや、ビジュアルを重視するバンドだったら、やっぱり盤があって、写真集みたのがくっついてたほうがいいんじゃないのとか、いまのところ、いろんな話が飛び交っています。

左から:Boss the NK a.k.a. 菊地成孔、OD a.k.a. 小田朋美

—Instagramを積極的に使っていますが、あれはどういうツールとして使われているんですか?

Boss:Instagramを日記として使うか、自分たちのビジュアルブックとして使うかっていうのは、結構大きいと思うんですよね。日記として使う人は、晩飯をあげたり、旅先で見た面白いお地蔵さんの写真とかをあげるわけですけど、そういうものは一切やらないって決めてます。だから、InstagramはSPANK HAPPYのビジュアルブックという位置付けでやっています。あとは「動くODですよね」(笑)。

—ショートコントのようなものも、いくつかアップされていますよね(笑)。でも、たしかに動いたりしゃべったりしているODさんを実際に見たほうが、いろいろ手っ取り早いような気はします。

Boss:そうなんですよ(笑)。

この日の取材の様子

OD:まだ、SPANK HAPPYとしては1曲しか発表してないのに、100以上投稿があるという(笑)。

—音源を出してライブをやってという従来の形に縛られない、自由活動を展開していく感じなんですか?

Boss:もちろん、中枢は音楽ですけどね。だから、まずは“夏の天才”を聴いてもらって、あとはライブですよね。『FUJI ROCK FESTIVAL'18』をはじめ、夏フェスにもいろいろ出させて頂くので。

—いまは、どういう形式でライブをやっているのですか?

Boss:基本的には2期の踏襲で、2本マイクで歌って踊ってますけど、将来的にはバンドセットになる可能性もあるわけです。だって、極論言ったら、小田さんは、オーケストラのスコアが書けるわけですから(笑)。交響楽団とODとBossだってないわけじゃないですよね。小田さんが指揮して、途中で後ろを振り返って歌ったりとかして(笑)。そんなの見たことねえよっていう(笑)。

—(笑)。1曲出した時点で、これほどいろんな可能性が広がっているユニットも、なかなか珍しいですよね。

Boss:いちばん大切なことは、そういうことを何にも知らない人が聴いて、いいと思うことなんですよね。小田朋美もDC/PRGもCRCK/LCKSも何にも知らない人……それこそ、「菊地成孔って何者だよ?」っていう人が聴いて、「やべえじゃん、こいつら」って思うことが大切であって。

SPANK HAPPY

Page 4
前へ

リリース情報

SPANK HAPPY『夏の天才』
SPANK HAPPY
『夏の天才』

2018年5月30日(水)配信リリース

プロフィール

SPANK HAPPY
SPANK HAPPY(すぱんくはっぴー)

1992年、原ミドリ(ヴォーカル)、菊地成孔(サックス)、河野伸(キーボード)で結成。1994年東芝EMIよりデビュー、1998年の原ミドリ脱退で活動休止。1999年に岩澤瞳と菊地成孔とのヴォーカルデュオグループとして活動再開、2001年ベルウッドレコードより再デビュー。2004年の岩澤脱退後、新ヴォーカルにドミニク・ツァイを迎えるがわずかな期間で脱退、以降は2006年10月22日の解散まで女性ヴォーカルを固定しないユニットとして活動した。2018年、小田朋美を迎え、12年ぶりの再始動を発表。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Mom“ひみつのふたり”

5月22日発売の2ndアルバム『Detox』から“ひみつのふたり”のMVが公開。美容室らしき場所で、彼は自身の仕上がりに終始不安げで不服そうな顔を見せつつも、最終的にはひどい有様の自分を受け入れてその場を去っていく。そんな冷静さを持っているからこそ、ふと見せる<もう一層の事 牙でも生やして / 君の肩に齧り付きたい><買い換えたばかりの携帯は / 早いとこ傷つけたくなる>といった破壊衝動にハッとさせられてしまう。(中田)

  1. BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』 1

    BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』

  2. 高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真 2

    高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真

  3. 長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ 3

    長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ

  4. 女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告 4

    女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告

  5. スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」 5

    スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」

  6. 舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演 6

    舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演

  7. トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成 7

    トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成

  8. ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕 8

    ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕

  9. 21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者 9

    21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者

  10. カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密 10

    カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密