特集 PR

SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

アースダンボール
インタビュー・テキスト
杉原環樹
撮影:黑田菜月 編集:久野剛士

都市の片隅で静かに息をする、少女や青年たちの肖像。一見かわいらしい彼女たちには、しかし、どこか奇妙な影がある。無表情なその瞳は、薄暗い部屋や街角から、じっと絵を見る私たちを見返しているようだ。

雪下まゆは、そんなポップさと毒っ気の混じり合う作風で、現在、若い女性を中心に支持を集める注目のイラストレーターだ。SNSで人気を得たイラストは、アパレルブランドの広告からアイドルのCDジャケットまで、幅広い領域とのコラボレーションを展開しているが、一筋縄ではいかない作風の背後には、バッドテイストな映画などから培った嗜好性と、社会の中心から外れた場所で生きる存在へのまなざしがある。

人気イラストレーターとダンボール会社「アースダンボール」が協働し、プロダクトを制作する企画「UNBOX」。今回は、同企画にて焼酎のギフトボックスを手がけた雪下の制作や素顔について話を聞いた。少女のイラストの裏にある、意外な世界観とは?

私は、「かわいらしさ」に憧れがあるわけではないんです。

—雪下さんのイラストには、独特の煙たさや暗さがありますよね。一般的には、描かれた女の子のかわいらしさが注目されると思うのですが、怖さも感じます。

雪下まゆのイラスト
雪下まゆのイラスト

雪下:暗さは、映画や音楽みたいな、趣味の影響が大きいのかなと思います。とくに映画ですね。『俺たちに明日はない』(1968年)や『イージー・ライダー』(1970年)のようなバッドエンドのアメリカンニューシネマが好きで。デヴィッド・リンチの悪夢感にも惹かれますね。

商業的なイラストレーターとしては、「かわいい女の子のイラスト」という感じで描いているのですが、そこにも自然とその影響が混ざっているんだと思います。

雪下まゆ
雪下まゆ

—現在は美術大学の4年生とのことですが、映画は昔から見ていたんですか?

雪下:高校時代から好きで、レンタルショップで10本まとめ借りして、1週間見続けたりしていました。私の中では、趣味のダークな世界観と、商業イラストに描いている少女というモチーフは、完全に分けているつもりだったんです。だけど人から、「イラストにもダークで、煙っぽい感じがあるよ」と言われて自覚しました。

—雪下さんといえば、次世代の女性表現者のコンテスト「ミスiD」で受賞もされていますが、アイドルも多いあの賞の応募者がリンチ好きというのも面白いですね。

雪下:ミスiDには、アイドルやモデルを目指す枠と「一芸枠」があるんですけど、私は後者で……。とりあえず大人の知り合いと仕事がほしくて出てみたんです。だから、アイドルとして自分の写真を撮られるのは抵抗がありました(笑)。

—そうだったんですか(笑)。ノリノリなのかと思っていました。

雪下:私は、メディア上のかわいらしさに憧れがあるわけではないので。応募は完全にイラストレーターとして名前を売り出すひとつの手段でした。

恋愛とかの感情は、女の子を描いた方が投影しやすいです。

—たしかにご本人は、けっこうアンニュイですね。反対に、そうしたマイナーな趣味をお持ちだった雪下さんが少女を描き始めたきっかけは、何だったのですか?

雪下:大学に入って、恋愛感情による怒りや嬉しさなど、自分の心境を絵にしたくなって。自分が女なんで、イラストの女の子たちに気持ちを投影したのが始まりです。いまでも描くのは男の子の方が好きなんですけど、恋愛の感情は、女の子の方が投影しやすい。だから最初はけっこう衝動的でしたね。女の子独特の毒っぽさが、自分の感情を乗せるのに向いていたんだと思います。

雪下まゆ『He makes obvious lies. But I pretend not to see that.』
雪下まゆ『He makes obvious lies. But I pretend not to see that.』

—そのころからイラストレーターという職業は意識していたんですか?

雪下:そうですね。ただ、もっとたくさんの人に見て欲しいという気持ちでネットにイラストをアップし始めたところ、10代~20代の方たちを中心に作品を見てくださる方が増えてきて。そこから徐々にお仕事をいただくようになった感じです。

—漫画家ではなく、なぜイラストレーターを?

雪下:自分には一枚絵が向いているんです。それこそ高校時代には、『多重人格探偵サイコ』(角川書店 / 1997~2016年)などの漫画家、田島昭宇さんのリアルな絵が好きで模写していて、その影響はいまの絵にも残っていますが、物語の才能がなくて、漫画は描き切ったことがないんです(笑)。それで、一枚絵のイラストにいきました。単純に、パッと目を引く絵が好きという理由もありますね。

雪下まゆ

—その意味では、SNSのタイムラインと雪下さんの絵の相性は良かったのかもしれないですね。

雪下:タイムライン上だと、シュッシュッとすぐに絵が流れていくじゃないですか。そこでどんな風に目を止めてもらうのか、ネットに上げることで絵も変わりました。意識しているのは、「中途半端は良くない」ということ。かわいい女の子を描くなら、見る人があざとく感じるくらいに振り切る。背景も、1色にしたり密な部分を作ったり、何かしら意識が引っ掛かる工夫をしています。感情に一気にアクセスする絵が描きたいですね。

最近GIFを使った動画表現に挑戦しているのも、そんな意識からです。静止画と思ったものが動いていたら気になるかなと思って。派手な動きはなく、無表情な女の子がまばたきするだけといったものが多いんですけど、抜群に生きている感じは増すんです。

Page 1
次へ

リリース情報

What is「UNBOX」?
What is「UNBOX」?

「箱から出す」という意味を持つこの言葉。「UNBOX(アンボックス)」は、箱職人集団であるアースダンボールが新たにスタートした取り組みです。「UNBOX」では、アースダンボールが箱職人として大事にしているこだわりや思いを、クリエイターとのコラボレートを通して発信していきます。

プロフィール

雪下まゆ(ゆきした まゆ)

1995年12月6日生まれ、多摩美術大学デザイン卒。イラストレーター。TwitterやInstagramといったSNS上にアップした、女の子をモチーフにしたイラストが、10代、20代の女子を中心に人気を集める。アパレル、CDジャケット、雑誌、またイベントでのライブペイントを行う。主な活動に、国府達矢「ロックブッダ」アルバムジャケットや渋谷PARCOでのライブペイントなど。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで