特集 PR

ZOMBIE-CHANGが明かす、これまでの違和感と突き詰めたい表現

ZOMBIE-CHANGが明かす、これまでの違和感と突き詰めたい表現

ZOMBIE-CHANG『PETIT PETIT PETIT』
インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:馬込将充 編集:川浦慧
2018/07/05

女性シンガーソングライターであるメイリンのソロプロジェクト、ZOMBIE-CHANGの3rdアルバム『PETIT PETIT PETIT』(2018年7月4日リリース)が完成した。

浮遊感に富んだサイケデリックなインディーポップ像をDTMの方法論に則って描いていた前作までの流れから一転して、今作ではサポートメンバーにnever young beachからドラムの鈴木健人とベースの巽啓伍、D.A.N.からベースの市川仁也を迎え、全曲をバンドサウンドで構築している。

絶妙にクセになるジャンクなニューウェイブ感をまとった楽曲はメイリンのパワフルなボーカルを引き出し、ポップな推進力もグッと高まっている。なぜメイリンはバンドサウンドで自らの歌をダイナミックに解放することを選んだのか? またモデルとしても活躍していた彼女だが、音楽活動に専念するために廃業することを決意した。そこには、クリエイティブに対する真っ直ぐな強い思いがあったという。インタビューはそんな話題から始まった。

音楽を作りたいのに、なんで見た目ばっかり売ってるんだろう? って思うようになって。

—モデルの仕事は、もうやってないんですよね?

メイリン:もうやってないです。

—それは音楽に集中したくて?

メイリン:そうですね。それと、写真を撮られるのが苦手になってしまって。

ZOMBIE-CHANGのメイリン
ZOMBIE-CHANGのメイリン

—それは、どうして?

メイリン:私はもともと音楽をやっていて、それからモデルのお仕事もやるようになったんですけど。今って、モデルという職業をいろんな人が簡単にできるようになったじゃないですか。

—Instagramなどの影響も大きそうですね。

メイリン:そうです。そういう流れもあって、私もいろんなモデルのお仕事に呼んでいただいていたんですけど。私としては、モデルの仕事はお金をもらえるからやっていたところが大きかったんです。

ミュージシャンを目指す場合、ほとんどの人が最初は音楽活動をするためにバイトをしなきゃいけないじゃないですか。モデルのお仕事は一般的なバイトよりも短時間でお金をいただけて、しかもご飯も付いてくるので(笑)。スタッフのみなさんにすごくよくしてもらえるし、音楽活動の宣伝にもなるからメリットしかないと思ってやり始めたんですね。

—そこから、メイリンさんのことを知った人もいたでしょうし。

メイリン:はい。でも、モデルのお仕事をやっていくにつれ「私はプロの細身のモデルにはなれないし、そもそも音楽を作りたいのに、なんで見た目ばっかり売ってるんだろう?」って思うようになって。そう思ったときに、今後もモデルをやっていきたいのかと言われたら、そうではないと思ったんです。

自分がモデルとして写真を撮られたときに「普段、私はこういう服は着ないけど、仕事なので着てます」というのは、モデルの仕事としていいことではないなと思ったんですよね。本当は自分が着たい服を着て、好きなものを食べて自分が撮られたい写真を撮ってもらいたいと思ったので、もうモデルをやってはいけないなって。

—真っ当な意見だと思います。

メイリン:もちろん、最初はモデルをやることで注目してもらえるのもうれしかったし、今まで自分の存在が届かなかったところまで届くようになったのも確かだし、モデルをやってよかったと思うことはいっぱいあります。

でも、やっぱり私は自分の表現を発信したいんですよね。モデルの撮影というのは、写真家や編集者、アートディレクターの方のクリエイティブの中に自分が入っていくわけだから、自分が主体の表現ではなくて。一見、写真ってモデルが主体に見えるんですけど。

メイリン

—被写体よりも撮影者にクリエイティブのイニシアティブはあるという。

メイリン:そうですね。そういうところが1番自分の中で違うと思った部分だと思います。それで、音楽だけをやっていきたいって思いました。

—キッパリ決断したと。

メイリン:キッパリですね。決断したのは最近ですけど、そこから気持ちがすごくラクになりました。

Page 1
次へ

リリース情報

ZOMBIE-CHANG『PETIT PETIT PETIT』
ZOMBIE-CHANG
『PETIT PETIT PETIT』(CD)

2018年7月4日(水)発売
価格2,160円(税込)
ROMAN-016

1. レモネード
2. イジワルばかりしないで
3. ときどき、わからなくなるの
4. モナリザ
5. 愛のせいで
6. WE SHOULD KISS
7. なんかムカツク
8. オニオンスライス

イベント情報

『ZOMBIE-CHANG「PETIT PETIT PETIT」Release Tour』

2018年8月25日(土)
会場:福岡県 福岡 Kieth Flack

2018年9月17日(月・祝)
会場:大阪府 南堀江 socore factory

2018年9月22日(土)
会場:東京都 渋谷 WWW

プロフィール

ZOMBIE-CHANG
ZOMBIE-CHANG(ぞんびーちゃんぐ)

メイリンのソロプロジェクト。作詞作曲、トラック、リリック全てを彼女が手掛け、2016年に配信「恋のバカンスE.P.」でデビュー。その後、1stアルバム『ZOMBIE-CHANGE』をリリース。2017年3月には2nd アルバム『GANG!』をリリースし、リリースパーティーを青山のPIZZA SLICEで開催。また、SUMMER SONIC 2017、WORLD HAPPINESS、コヤブソニックなどのフェス出演や、TAICOCLUB主催のサンリオ43周年パーティー、sacaiとUNDERCOVERによるPartyへのライブ出演など、活動範囲は多岐に渡る。2018年からは3ピースバンド体制で始動。音楽プロジェクト以外にも、執筆業、ラジオMCなどとしても活動。ジャンルに捉われないオリジナリティ溢れる音楽性と、独自の世界観を放つライブ・パフォーマンスは中毒性が高く、今最も注目される女性アーティストのひとり。

関連チケット情報

2019年12月13日(金)
SSJZ
会場:アポロベイス(愛知県)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに 1

    曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに

  2. 電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目 2

    電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目

  3. 一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌 3

    一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌

  4. やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は? 4

    やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は?

  5. 渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演 5

    渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演

  6. カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方 6

    カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方

  7. 『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布 7

    『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布

  8. グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開 8

    グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開

  9. NICO Touches the Wallsが「終了」を発表 9

    NICO Touches the Wallsが「終了」を発表

  10. 京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル 10

    京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル