特集 PR

『グレーテルとヘンゼル』が掲げる脱・わざとらしい子供向け演劇

『グレーテルとヘンゼル』が掲げる脱・わざとらしい子供向け演劇

KAATキッズ・プログラム2018『グレーテルとヘンゼル』
インタビュー・テキスト
山下紫陽
撮影:八田政玄 編集:宮原朋之

「人工的でわざとらしい演技をする児童劇はいらない」——そう力を込めて語るのは、世界各地で子供たち向けて上演を続けているカナダ・モントリオールの劇団ル・カルーセルの演出家、ジェルヴェ・ゴドロ。巷に溢れる子供向けの演劇に対し異を唱え、戯曲家のスザンヌ・ルボーと共に、観客の対象を問わない演劇を43年にわたって送り出してきた。

そんなル・カルーセルの代表作のひとつ、『グレーテルとヘンゼル』が、この夏KAAT神奈川芸術劇場で上演される。この戯曲は、誰もが知っているグリム童話『ヘンゼルとグレーテル』の兄と妹の関係を、姉と弟に置き換え、普遍的なきょうだい関係の物語に昇華したものだ。

グレーテルとヘンゼルの役に選ばれたのは、映画『リバーズ・エッジ』(2018年、監督:行定勲)で重要な役割を演じた土居志央梨と、俳優・小日向文世の長男で、俳優活動を始めたばかりながら個性を発揮している小日向星一。注目の俳優2人が、誰もが経験したことのある家族の間の愛と憎しみ、そしてお互いを大切に想う心を、濃密かつ軽やかな二人芝居で表現していく。初めての日本での演出に熱が入るゴドロと、土居、小日向の3人に、今回の舞台について話してもらった。

子供の声に耳を傾けず、人工的な演技に満足していると、彼らを他の世界に連れて行くことができません。(ジェルヴェ)

—ル・カルーセルは子供だけでなく大人をも魅了する演目で、長年にわたり世界中で高い評価を得てきました。子供と大人が共有できる質の高い劇を制作するのは難しいようにも思えますが、ジェルヴェさんたちはどのようにバランスをとってきたのでしょうか?

ジェルヴェ:ル・カルーセルの作品については、昔からしばしば「これは本物の演劇だ。子供向けではないのでは?」と言われてきました。これは、児童劇に関して偏見が横行している最たる例です。世の中には、子供は馬鹿な存在であり、ものを認識する能力が欠如していると決めつけ、人工的でわざとらしい演技をする児童劇が溢れています。でも、子供にも喜怒哀楽の振り幅はあるし、芸術表現を敏感に感じ取る力はあるんです。

左から:小日向星一、ジェルヴェ・ゴドロ、土居志央梨(撮影:宮川舞子)
左から:小日向星一、ジェルヴェ・ゴドロ、土居志央梨(撮影:宮川舞子)

—子供にも伝わる演劇というのは、具体的にどういうものだと考えますか?

ジェルヴェ:演劇において、一番大事なのは作品と観客の間の領域。その領域は俳優と観客が共有するものです。しかし児童劇では、声を張り上げて、舞台上の俳優から子供たちに対して一方的にものを押し付けるばかり、ということがよくある。そうなってしまうのは、子供という観客に敬意を払っていないからだと思います。声を張り上げるよりも囁いた方が、観客の注意が舞台に向かう、ということもある。私たちはそういうものを目指しています。

ジェルヴェ・ゴドロ

—今回、観客に子供たちがいる舞台に出ることになって、俳優のお2人はどんな思いだったのでしょうか?

小日向:最初は、今ジェルヴェさんがおっしゃったような、わかりやすい演技をした方がいいのかなと思って、いかにも子供らしく動いたり、喋ったりしていました。でも、稽古初日に「そんなにわかりやすく演技しなくても、観ている子供たちはわかってくれる。いつものように、心からの芝居をしてくれ」と言われたんです。それは僕にとって、とても新鮮な言葉でした。

小日向星一
小日向星一

土居:私はむしろ、最初からいつもと何も変わらないようにしていました。子供の方が鋭く見抜いてくるだろうから、いつも以上に丁寧に、敏感に、繊細に演技しなくてはいけない、と思って。

ジェルヴェ:そう、子供の観客の前ではナルシストではいられないんです。子供の声に耳を傾けず、人工的な演技に満足していると、彼らを他の世界に連れて行くことができません。俳優がよい演技をすると、観客の「聞く力」が引き出されます。

『グレーテルとヘンゼル』宣伝ビジュアル(撮影:宮川舞子)
『グレーテルとヘンゼル』宣伝ビジュアル(撮影:宮川舞子)(サイトを見る

—子供の観客を子供扱いしない、ということですね。

ジェルヴェ:ええ。それはテーマに関しても同じです。私たちは少年兵の話や、子供の死をテーマにした話も取り上げてきました。常識に囚われた大人は「子供の劇なのに、なぜ戦争や死を扱うのか?」と動転しますが、子供は真実を語りかけられれば敬意を払われていると感じ、一緒に舞台を観ている親とも物語をわかち合うことができるようになるのです。

ただ、私たちはたとえ戦争や死を扱っても、子供たちの思考が絶望の方に向かないように注意しています。「何があっても人生を前に進めていくのだ」という欲求を刺激するように、常に意識しているんです。

ジェルヴェ・ゴドロ

Page 1
次へ

イベント情報

『KAATキッズ・プログラム2018「グレーテルとヘンゼル」』

2018年8月18日(土)~8月26日(日)
会場:神奈川県 横浜 KAAT 神奈川芸術劇場 大スタジオ
脚本:スザンヌ・ルボー
演出:ジェルヴェ・ゴドロ
出演:
土居志央梨
小日向星一

プロフィール

ジェルヴェ・ゴドロ

スザンヌ・ルボーと共にル・カルーセルを設立、芸術監督を務める。それ以降、ル・カルーセルのほとんどの作品はジェルヴェ・ゴドロが演出しており、『L’Ogrelet』や『Petit Pierre』(カナダ舞台技術協会テクニカル・メリット賞受賞)、『Le bruit des os qui craquent』(ケべック演劇評論家協会クリティクス・アワード児童演劇部門受賞)もその一つである。2011年には名門メキシコ国立劇団の俳優を使って、スペイン語で『Le bruit des os qui craquent』を演出。現在までに、約30の作品を演出しており、ル・カルーセル以外の劇団の演出も手がける。現在は、児童・青少年向け演劇の国際的研究・制作センター、ザ・キューブの発展に力を注いでいる。

土居志央梨(どい しおり)

1992年生まれ。福岡県出身。2015年、京都造形芸術大学を卒業。在学中から数々の映画、舞台に出演。2013年「彌勒」(林海象監督)で映画デビュー。近年の出演作では舞台に2014年VOGA「Vector」(脚本・演出:近藤和見)、帝国四年「泥の箱舟」(演出:水上竜士)、2017年「木ノ下歌舞伎−東海道四谷怪談−」(演出:杉原邦生)などがある。また、映画では2016年「土竜の唄香港狂騒曲」(三池崇史監督)、2017年「すもも」(井上泰治監督)、2018年「リバーズ・エッジ」(行定勲監督)、「祈りの幕が下りる時」(福澤克雄監督)、テレビでは2016年NHKBS「プリンセスメゾン」4話、ANB「相棒season15」6話、2017年ABC「#セルおつ」3話、2018年ANB日曜ワイド「欠点だらけの刑事」に出演するなど、様々なジャンルで活躍中。

小日向星一(こひなた せいいち)

1995年生まれ。東京都出身。明治大学政治経済学部を卒業。2015年より本格的に俳優として活動。舞台出演作には、2015年に『平成舞姫』(第27班キャビネット公演Vol2)、『薔薇戦争』で主役のヘンリー六世を演じる(第十二回明治大学シェイクスピアプロジェクト)、『耳の奥で王様が笑う』(第27班キャビネット公演Vol3)、2017年「MorningSun晩夏」(テアトルBONBON)、「JASMINE-神様からのおくりもの-」(劇場HOPE)など。また、映画に2017年「リンキング・ラブ」(金子修介監督)、2018年「向こうの家」(西川達郎監督)、CMに2017年「博多の華(むぎ焼酎)」Webムービー、「NewみんなのGOLF」、2018年いすず自動車「エルフ」TV-CMなどがある。さらに、第一回ピクシブ文芸大賞「Q&A」でドラマデビュー。キーパーソンのQを演じる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 1

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  2. 平野紫耀×桜井日奈子『ういらぶ。』 キュン声♡絶叫上映が東名阪で開催 2

    平野紫耀×桜井日奈子『ういらぶ。』 キュン声♡絶叫上映が東名阪で開催

  3. 有村架純とのデートを疑似体験するwicca動画 「ほっぺプニプ二は照れた」 3

    有村架純とのデートを疑似体験するwicca動画 「ほっぺプニプ二は照れた」

  4. HEY-SMITH・猪狩が語る、人を動かすために「パンク」を選んだ訳 4

    HEY-SMITH・猪狩が語る、人を動かすために「パンク」を選んだ訳

  5. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 5

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  6. 遠藤憲一×小栗旬のリハーサルシーン公開 本日放送開始の宮藤官九郎ドラマ 6

    遠藤憲一×小栗旬のリハーサルシーン公開 本日放送開始の宮藤官九郎ドラマ

  7. 二階堂ふみ×GACKT『翔んで埼玉』、「埼玉ディス」満載の予告編公開 7

    二階堂ふみ×GACKT『翔んで埼玉』、「埼玉ディス」満載の予告編公開

  8. KAT-TUN中丸雄一のソロアクト公演『中丸君の楽しい時間』第3弾 来年上演 8

    KAT-TUN中丸雄一のソロアクト公演『中丸君の楽しい時間』第3弾 来年上演

  9. 韓国版『いま、会いにゆきます』が来春公開 ソ・ジソブ×ソン・イェジン 9

    韓国版『いま、会いにゆきます』が来春公開 ソ・ジソブ×ソン・イェジン

  10. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 10

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開