インタビュー

『寝ても覚めても』濱口竜介監督が導く、日本映画の新時代

『寝ても覚めても』濱口竜介監督が導く、日本映画の新時代

インタビュー・テキスト
大寺眞輔
撮影:豊島望 編集:久野剛士

いま、最もアツいカルチャーはなにか? CINRA.NETが毎月、最重要だと考えるカルチャー作品・人物を選び、紹介するスペシャルコンテンツ「今月の顔」。今回ピックアップしたのは、日本映画を新しいフェーズに導く期待の映画監督・濱口竜介だ。

東京藝術大学大学院修了作品『PASSION』以降、10年以上インディペンデントを舞台に創作活動を続け、『ロカルノ映画祭』など数々の国際映画祭で世界的に評価を高めてきた彼が、柴崎友香の恋愛小説を原作に、満を持して初の商業映画にチャレンジ。

その作品『寝ても覚めても』は、『カンヌ国際映画祭』の「コンペティション部門」に選出されるなど既に大きな評判を呼んでいる。濱口竜介とは、一体どういう映画作家なのか。非日常性や他者、あるいは他者と関わるツールとしての言葉の問題を軸に話を聞いた。

自分が生きるということは、「自分の中の他者と共に生きること」の一択だと思います。

—新作『寝ても覚めても』で最も印象的な場面のひとつとして、東日本大震災(3.11)が登場します。なぜ、作品の中で震災が描かれたのでしょう?

濱口:結果的にではありますが「他者の代表」として、ということです。他者が他者であることは日常的には必ずしも意識されないけれど、その他者性が浮き上がるとき、他者として明確に現れます。結局、普段みんなどうやって生活しているかというと、そうした他者性を弱めたり隠蔽したりすることで、日常的な関係を築いているのではないでしょうか。ところが、自分でも全く予想していなかった不意打ちを食らうことで、その他者性が突然浮かび上がる。その最もわかりやすいものが「震災」だと思います。

濱口竜介
濱口竜介

—震災が「大きな他者」として登場する一方で、より身近な他者もいるかと思います。

濱口:そうですね。そして、それは「自分」だと思います。自分こそが他者なのではないか。自分が自分を裏切ってしまう。思っていなかったような行動を取ってしまう。

—自分の中に他者がいるとき、その他者と、どう生きれば良いと感じていますか?

濱口:自分が他者であり、他者こそが自分である。その他者を消すことはできない。そうすると、自分が生きるということは、「自分の中の他者と共に生きること」の一択だと思います。それが「受け入れる」ということなのか、あるいは「闘い」なのかは分かりませんが、ほかに選択肢はないと感じています。

濱口竜介

—濱口監督は、「いま撮られるべき日本映画」を撮っている人だと私は思います。それは、ひとことで言えば「黒沢清以降の映画」です。黒沢清監督から影響を受けた日本映画はとても多いですが、濱口監督はその影響を受けながらも、より新しい方向を模索しているように見えます。「自分が他者である」というテーマは、黒沢監督も撮ったドッペルゲンガーの映画だと言えますね。

濱口:実は、僕はドッペルゲンガーの問題というものを映画的に考えたことがあまりないのです。ドッペルゲンガーをどう撮れば映画的に面白くなるかという発想はありませんでした。

—本作は、朝子が、かつて恋をした男性・麦(ばく)とそっくりの亮平と出会う、恋愛物語です。この柴崎友香さんの原作が、濱口監督にドッペルゲンガーのインスピレーションを与えたのでしょうか?

濱口:そうですね。原作を読んで、まず受け手として面白いと思ったのがドッペルゲンガーの要素でした。日常的な恋愛物語だと思って読んでいたら、そっくりな2人の人間という日常のリアリティーをぶっ壊す存在が出てきた。そこから俄然面白くなったのです。

僕の場合、そもそも映画を作るときにリアリティーに基づかなければいけないという根本的な前提があります。それは、「CGなどを使うお金がなくて、現実を変えられないから」です。その前提の上で、それでも可能な映画はなにかと考えてきた中で、この小説はとても現実的であり、ただしそこにフィクショナルな要素としてそっくりな人間が出てくる。「これは自分が撮りたい」と思いました。

 

—東出昌大さんが演じた、そっくりな2人の人間のひとりである麦とは、一体どういう人物でしょう? フィクショナルな部分と、それでも現実に存在しうる感覚のギリギリのバランスの上で成立していると思いました。

濱口:ああいう人は一応現実に存在しうると思います。風来坊的な要素もあって、スッと人に近付ける。でも、自分の中にそういう要素が全くないので描写する上でかなり困りました。頼りにしたのはやはり原作で、そこでフィクションとして既に描かれてあるリアリティーに即しました。

東出昌大は、外見がそっくりな亮平と麦(ばく)という2役を演じた / 『寝ても覚めても』©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会 / COMME DES CINÉMAS
東出昌大は、外見がそっくりな亮平と麦(ばく)という2役を演じた / 『寝ても覚めても』©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会 / COMME DES CINÉMAS

—柴崎さんの原作以外でも、たとえば濱口監督による『ハッピーアワー』(2015年)の鵜飼さん(柴田修兵)に似ている部分もありますね?

濱口:それは、「言われてみれば」という部分ですが、先程の話につなげると、僕の映画は日常から立ち上げなければいけない。でも、そこに乱入者が必要になる。それは、「日常を当たり前に生きているように見えるけど、本当にお前らはそういう人間なの?」と、突きつけてくるような人です。日常の中に隠れたフィクションを明かすための、微妙に非日常的要素を備えた他者が重要なんです。

東出昌大(麦役)と唐田えりか(朝子役) / 『寝ても覚めても』©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会 / COMME DES CINÉMAS
東出昌大(麦役)と唐田えりか(朝子役) / 『寝ても覚めても』©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会 / COMME DES CINÉMAS

—一方で、そっくりな人間のもうひとりである亮平は、麦に対して日常を代表するような存在として描かれていますが、彼はなんでも日常に回収してしまいますね。

濱口:亮平は亮平で、実はものすごくフィクショナルな部分があります。日常の中でも、「純化された日常」というか。後半でバランスを取って、彼にも色んな悩みがあったという部分を見せるようにはしていますが、基本的に朝子(唐田えりか)の目からは「日常を代表する存在」として彼が見えているように描いています。

映画『寝ても覚めても』主題歌、tofubeats“RIVER”(unBORDE / ワーナーミュージック・ジャパン)

Page 1
次へ

作品情報

『寝ても覚めても』
『寝ても覚めても』

2018年9月1日(土)からテアトル新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国公開

監督:濱口竜介
原作:柴崎友香『寝ても覚めても』(河出書房新社)
主題歌:tofubeats“RIVER”
音楽:tofubeats
出演:
東出昌大
唐田えりか
瀬戸康史
山下リオ
伊藤沙莉
渡辺大知(黒猫チェルシー)
仲本工事
田中美佐子
上映時間:119分
配給:ビターズ・エンド、エレファントハウス」

プロフィール

濱口竜介(はまぐち りゅうすけ)

東京藝術大学大学院修了制作『PASSION』(08)が国内外で高く評価され、演技経験のない4人の女性を主演に迎えた前作『ハッピーアワー』(15)がロカルノ、ナント他の多くの国際映画祭で主要賞を受賞しその名を世界に轟かせた気鋭・濱口竜介。原作に惚れ込み映画化を熱望した『寝ても覚めても』で満を持して商業映画デビューを果たす。日常生活の中にある人間の感情や、人間関係、人々が暮らす街の姿など、普段見過ごしてしまいがちな細かい場面にまでこだわる演出で、繕いのない本当の人間らしさを映像に映し出す。特集上映の度に満席続出になるほど日本の映画ファンに熱狂的な支持を集めている。『ハッピーアワー』は、5月にフランスでも公開されて10万人を動員する大ヒットを記録。『寝ても覚めても』が初の世界三大映画祭出品でありながら、カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に選出されるという快挙を成し遂げ、「近年稀に見る新たな才能の出現!」「日本のヌーヴェルヴァーグ!」など海外メディアも称賛。今世界が最も注目する日本人監督となった。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年