特集 PR

jizue&元ちとせインタビュー 『フジロック』出演直後に苗場で取材

jizue&元ちとせインタビュー 『フジロック』出演直後に苗場で取材

『jizue New Album「ROOM」Release Live』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:山田貴輝(GLOWZ) 編集:矢島由佳子

7月27日、『FUJI ROCK FESTIVAL '18』(以下、『フジロック』)初日の「FIELD OF HEAVEN」でトップバッターを飾ったjizue。最新アルバム『ROOM』からの楽曲はもちろん、新旧の代表曲を織り交ぜた圧巻のライブによって、朝一にもかかわらずオーディエンスの数は徐々に膨れ上がり、一人ひとりが思い思いに演奏を楽しむ素晴らしい空間がそこにはあった。また、今年はYouTubeでライブが生配信されこともあり、その熱気は日本全国、さらには海外へと伝わり、「jizue」の名前がTwitterや検索トレンドの上位に入るといった現象までもが起こっていた。

jizueにとっては6年ぶりの『フジロック』出演となった、そんなメモリアルなステージに華を添えたのが、スペシャルゲストの元ちとせ。新作に収録されている“Sing-la(森羅)”でコラボレートしている両者だが、レコーディングで直接顔を合わせることはなく、今回のゲスト出演もギリギリで決まったことだった。しかし、元がjizueの活動拠点である京都に赴いてリハに参加するなど、親交を深めたことによって、今回の成功があったのだという。『フジロック』でのライブ終了から数時間後、まだまだ余韻冷めやらぬなか、jizueの4人と元に共演の舞台裏を訊いた。

jizueを始めたときから、『フジロック』に出るのはひとつの大きな目標だったんです。なので、賭ける想いが強すぎて。(片木)

-『フジロック』、お疲れ様でした! 会場の盛り上がりはもちろん、Twitterや検索のトレンド入りを果たすなど、大きな話題になりましたね。

井上(Gt):最高でしたね。お客さんの歓声もすごかったですし、あそこから見る景色はやっぱり『フジロック』でしか味わえなくて、演奏していてすごく気持ちよかったです。

粉川(Dr):「これほどライブの準備をしたことない」ってくらい、今日のために準備してきましたからね。タイムウォッチで時間を測りながら、緻密にセットリストを詰めたりして。

片木(Pf):50分のステージをいかに使い切るかってね。昨日はPAさんが東京から京都に来てくれて、しっかり最終リハもやって。本当に想いのこもったステージでした。

山田(Ba):リハの時点でこみ上げるものがあったよな。

片木:逆に、めっちゃピリピリもしてたな。12年前にjizueを始めたときから、『フジロック』に出るのはひとつの大きな目標だったんです。2012年に初めて出たときは「Gypsy Avalon」で、次はより大きいステージに立ちたいと思って、それから6年も経っているので……賭ける想いが強すぎて。

jizue。『FUJI ROCK FESTIVAL ‘18』にて
jizue。『FUJI ROCK FESTIVAL ‘18』にて

左から:山田剛、井上典政、元ちとせ、片木希依、粉川心
左から:山田剛、井上典政、元ちとせ、片木希依、粉川心

-jizueといえば、まさにフェスやイベントへの出演で音楽性を広げていったバンドなわけで(参考記事:jizueインタビュー記事)、その真価を存分に発揮したライブだったと思います。そして、そんなライブにスペシャルゲストとして、元ちとせさん登場というサプライズもありました。

片木:「スペシャルゲスト、元ちとせ!」って言ったら、「ワー!」って本当に大きな歓声が上がって。

井上:うん、本当にすごい歓声やった。

jizue feat.元ちとせ。『FUJI ROCK FESTIVAL ‘18』にて
jizue feat.元ちとせ。『FUJI ROCK FESTIVAL ‘18』にて

:レコーディングではみなさんにお会いしてなかったので、つい最近まで「どんな人たちなんだろう?」って謎のままだったんです。今回急遽出演させていただくことが決まって、最初はどういう形で入っていけばいいのかもわからなかったので、リハーサルをしに京都まで行かせてもらったのがよかったですね。

片木:リハーサルに来ていただいて……飲み交わしまして(笑)。

-jizueにとってはそこが外せないポイントですよね(笑)。

粉川:仲を深めることができた、一番のポイントでしたね(笑)。

片木:やっぱり、人間を知ると、その人の音楽もさらに好きになるし、そこからもう一回生まれるものもあるんやなって思いました。

片木希依
片木希依

-そもそもは、アルバム収録曲の“Sing-la(森羅)”に元さんが参加されているわけですが、これはjizueからのラブコールによって実現したそうですね。

片木:今のjizueを新しいアルバムに詰め込みたいと思ったときに、最近は海外に行くことも多くなった分、日本らしさとか、「日本人であること」というのは外せないポイントで。なので、島国の風景が見える、独特の強い歌声を軸にさせていただきたいなと思ったんです。「元さんに歌ってもらうんやったら、こういう曲にしたい」って、ご本人の声と世界観を想像しながらデモ音源を作って送らせてもらいました。

“Sing-la(森羅)feat.元ちとせ”(Apple Musicはこちら

Page 1
次へ

リリース情報

jizue『ROOM』
jizue
『ROOM』(CD)

2018年7月25日(水)発売
価格:2,592円(税込)
VICJ-61774

1. to enter
2. elephant in the room
3. grass(album version)
4. trip
5. Sing-la(森羅)feat.元ちとせ
6. Englishman in New York
7. Detour
8. swallow
9. green lake
10. birth
11. I Miss You(EM remix)

イベント情報

『jizue New Album「ROOM」Release Live』

2018年10月28日(日)
会場:大阪府 梅田Shangri-La
ゲスト:fox capture plan

2018年11月16日(金)
会場:福岡県 ROOMS
ゲスト:COLTECO

2018年12月2日(日)
会場:京都府 MUSE
ゲスト:TENDRE

2018年12月7日(金)
会場:愛知県 NAGOYA CLUB QUATTRO
ゲスト:LUCKY TAPES

2018年12月22日(土)
会場:東京都 恵比寿LIQUIDROOM
ゲスト:元ちとせ(Vo)、Yukako Shiba(Viiolin)、Naoko Kakutani(Viola)、Eri Hayashi(Contrabass)

プロフィール

jizue
jizue(じずー)

2006年、井上典政(Gt)、山田剛(Ba)、粉川心(Dr)を中心に結成、翌年より片木希依(Pf)が加入。これまでに『Bookshelf』『novel』『journal』『shiori』『story』の5枚のフルアルバムを発表し、そのどれもがロングセラーを記録。ロックや、ハードコアに影響を受けた魂を揺さぶるような力強さ、ジャズの持つスウィング感、叙情的な旋律が絶妙なバランスで混ざり合ったサウンドで、地元京都を中心に人気を高め、『FUJI ROCKFESTIVAL』『GREENROOM FESTIVAL』『朝霧JAM』といった大型フェスにも出演。国内に留まらず、カナダ、インドネシア、中国、台湾など、海外にも進出し、その圧倒的な演奏力で高い評価を得ている。2017年10月、ミニアルバム『grassroots』でビクターよりメジャーデビュー。そして、2018年7月25日、2年ぶりとなる6枚目のフルアルバム『ROOM』をリリース。

元ちとせ
元ちとせ(はじめ ちとせ)

鹿児島県奄美大島出身。2002年に『ワダツミの木』でデビュー。ボーカリストとしてさまざまなステージでその唯一無二の歌声と存在感を示している。2012年、2月6日にデビュー10周年を迎え、初のベストアルバム『語り継ぐこと』をリリース。戦後70年となる2015年7月、“忘れない、繰り返さない”というコンセプトのもと、「今こそもう1度、平和を真剣に考える年になって欲しい」、という平和への思いを込めたニューアルバム『平和元年』をリリース。同作にて第57回日本レコード大賞『企画賞』を受賞した。2018年、新曲『あなたの夢で目覚めた朝に』が、長府製作所のCMに起用され、注目を集めている。奄美大島に生活の拠点を置きながら、精力的な活動を行っている、日本を代表する女性シンガーの一人である。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談