特集 PR

新しい学校のリーダーズが踊る理由 ダンスは4人を深く結びつける

新しい学校のリーダーズが踊る理由 ダンスは4人を深く結びつける

新しい学校のリーダーズ×H ZETTRIO『狼の詩』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:萩原楽太郎 編集:山元翔一

「少女たちは、なぜ踊るのだろう?」――今回、新しい学校のリーダーズに取材するにあたって、筆者のなかにあったのは、こんな漠然とした問いだった。8月29日にリリースされるシングル『狼の詩』の表題曲にある、<ここで止まれば 石になる/石になりたくないだけさ>という強烈なフレーズに触発されたのかもしれない。答えは出なくても、上手く言語化はされなくても、「なぜ踊るのか?」という問いの、その先に出てくるものに触れてみたいと思った。和気あいあいとした取材現場だったが、とても深く、大事なことを教えてもらえたと思う。

先のことはあまり考えられない。今を全力で生きているだけ。(SUZUKA)

―今回のシングル曲“狼の詩”は阿久悠さんの未発表詞が使われていますけど、みなさんは歌詞を読んだとき、どんな印象を受けましたか?

RIN:この歌詞、すごいですよね。私はいつも、何回も何回も歌詞を読むんですけど、“狼の詩”は、男性の若さゆえの葛藤のようなものを感じました。

SUZUKA:個性がまだない、野生と好奇心だけで生きている若者って感じ。中学生の男子感というか……真っ白で、好奇心と野生的な感じがあって、でもまだ枠のなかにいるから、世界を見ていない感じ。日々勉強して、もがいて、悶えているだけ、みたいな。

新しい学校のリーダーズ
新しい学校のリーダーズ
作曲をH ZETT Mが、演奏をH ZETTRIOが担当するシングル表題曲

SUZUKA:阿久悠さんは、それに対して「頑張れ」って言うんじゃなくて、その状態を表現しているだけっていう。それは、私たちが普段からMCで伝えていることと関連していると思う。この歌詞にある<若さがこんなにつらいとは>って、感じるときあるよね?

MIZYU&RIN&KANON:ある!

SUZUKA:でも、若いからこそできることもあると思うし、未成年で、お酒を飲めないからこその楽しさだってある。「お酒を飲めないの、つまんねぇ!」って言っている人たちは、まだ「若さ」を客観視できていないな、とも思います。

―すごく冷静に「若さ」を見ていますね。

SUZUKA:たとえば、20代を過ぎたくらいの男の人たちって、自分たちの個性や生活を大事にしている人たちが集まって、なにかをやっている気がするんです。今、目の前にいるCINRAの人たちを見ても、ライターさんも、カメラマンさんも、編集者さんも、着ている服とか佇まいとか、見るからにそれぞれの住んでいる世界は違う。住む世界が違う人たちが集まって、なにかを作っている感じがするんですよね。

それって、私たちからしたら、ないものねだりなんですよ。私たちは未成年だし、まだ「女の子」だし、プライベートと言っても一人暮らしみたいな感じではなく、学校とか放課後とか、そんな感じだし。

SUZUKA
SUZUKA

―ある意味、「閉ざされている」とも言えるし、「守られている」とも言える、そういう空間にいる感覚ですよね。

SUZUKA:それに、こうやって制服を着て、「学校」というテーマでパフォーマンスをすることは、生涯を通してやっていけることではないし。

MIZYU:そうだね。本当に、新しい学校のリーダーズ(以下、リーダーズ)は「今できること」と「制服っていう、今着ることができるもの」の表現だし。でも、今しかないから、とにかく全力感は出ちゃうよね。0か100かしか選べないんだから、やるなら全力でやる。あとのことなんて考えていられないよね。

SUZUKA:うん。先のことはあまり考えられない。今を全力で生きているだけ。

新しい学校のリーダーズ
新しい学校のリーダーズ
新しい学校のリーダーズ

―僕はみなさんと初対面ですけど、4人の間には、無言のうちに、いろんなことをわかり合えているような空気感を感じます。この強い結びつきは、なにによって生まれているのだと思いますか?

KANON:私たちが繋がっているのは、それぞれの人間性ももちろん好きだけど、でもそれだけじゃなくて……なんて言えばいいんだろう? 言葉にするのは難しいね。

SUZUKA:イメージとか、感覚とか、愛とか、リーダーズに対する気持ちが全部一緒なんじゃないかな? 性格は、もしかしたら友達だったら合わないかもしれない。でも、リーダーズに対する感覚とイメージと愛が一緒だから、勝手に繋がっているって感じです。

もし、どれだけ性格が合っても、そこが違ったから一緒にパフォーマンスはできないと思うし……この4人は「夢に向かって突き進むための仲間」っていう感じ。4人の心がしっかりと、均等に一緒だからこそ、安心できるなって思う。

MIZYU:正直、結成したての頃は、舐めていたと思います。半分は遊び感覚だった、というか。でも、メジャーデビューして、今は常に頭のなかの50%以上はリーダーズのことだし、生活の軸はリーダーズにあるので、「(リーダーズとして)今、なにをするべきなのか?」というとは、すごく考えるようになりましたね。

MIZYU
MIZYU
Page 1
次へ

リリース情報

新しい学校のリーダーズ×H ZETTRIO『狼の詩』
新しい学校のリーダーズ×H ZETTRIO
『狼の詩』

2018年8月29日(水)発売
価格:1,296円(税込)
VICL-37428

1. 狼の詩
2. 雨夜の接吻

プロフィール

新しい学校のリーダーズ
新しい学校のリーダーズ(あたらしいがっこうのりーだーず)

模範的なヤツばかりが評価される時代、くだらない不寛容社会から、個性と自由ではみ出していく踊るセーラー服と奇行癖。その名も「新しい学校のリーダーズ」。攻めの利いたダンスとサウンド、独特なキャラクターとMCを武器に2015年7月から全国各地でライブ活動する傍ら、コイケヤ、UNIQLO、Google Android、ロッテ「Fit's」等の企業と、はみ出し具合が絶妙なコラボや出演を重ね、じわりと若者に刺さりはじめている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談