特集 PR

サニーデイMVから溢れる、曽我部恵一の自主映画への愛

サニーデイMVから溢れる、曽我部恵一の自主映画への愛

ぴあフィルムフェスティバル
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:新妻和久 編集:久野剛士

現在、日本の映画産業が危機的状況に直面している。映画の仕事だけで食べていける監督はごくごく少数。そうした状況で、精力的にインディーズ映画の監督をミュージックビデオに起用しているのがサニーデイ・サービスだ。

そのきっかけのひとつとなったのは、かつて曽我部恵一が審査員を務めた『ぴあフィルムフェスティバル』。音楽はもとより、映画にも造詣の深い曽我部恵一は、日本のインディーズ映画やミュージックビデオの在り方について、どのような思いを抱いているのだろうか。

さらに後半では、『ぴあフィルムフェスティバル』のディレクターを長らく務めている荒木啓子の同席のもと、日本の「インディーズ映画」の現在について、互いに意見を交わし合ってもらった。

いまは宣伝の仕方という意味で、ミュージックビデオを作るのがまずは手っ取り早いんですよね。

—サニーデイ・サービス(以下、「サニーデイ」)は、ものすごく精力的に、ミュージックビデオを作られていますよね? この2年のあいだに、10本以上作ってらっしゃいます。

曽我部:そんなに作ってましたか(笑)。いまは宣伝の仕方という意味で、ミュージックビデオを作るのがまずは手っ取り早いんですよね。昔は音楽雑誌に広告を打って記事を作るのがメインだったんですけど、いまは音楽雑誌自体が少なくなり……そこにお金を掛けるんだったら、そのお金でミュージックビデオを1本作ったほうがいいんじゃないかって思うようになりました。みんなYouTubeで音楽を聴くじゃないですか。

左から:荒木啓子(『ぴあフィルムフェスティバル』ディレクター)、曽我部恵一
左から:荒木啓子(『ぴあフィルムフェスティバル』ディレクター)、曽我部恵一

—特に若い層は、そういう傾向があるようですね。

曽我部:ヘタすると、もうYouTubeでしか聴いてもらえないようなことも、最近はあります。だったら、推し曲はミュージックビデオを作っておいたほうがいいかと。あと、雑誌に記事を作ってもらっても、来月には売ってないし、ネットの記事もどんどん流れていきます。でも、ビデオを作っておけばいろんなタイミングで見てもらえるんじゃないかと、そんなふうにスタッフと話し合ったんです。

—その方針は、いつぐらいに決めたのですか?

曽我部:もう、かなり前です。僕たちなんかの小さいインディーレーベルが「どう作品を宣伝しようか」と考えあぐねた時期があって。2005年に『ぴあフィルムフェスティバル(以下、『PFF』)』の審査員をやらせてもらって。そこで、川原康臣監督と知り合いになったんです。

それからちょこちょこお会いするようになって、そんな中で映画監督にミュージックビデオを撮ってもらうのもいいんじゃないかと思った。それで僕がソロで出した“バカばっかり”という曲のミュージックビデオを撮ってもらったんです。それからサニーデイでも撮ってもらっています。

—“セツナ”“青い戦車”“ジーン・セバーグ”の3本ですね。ミュージックビデオの内容に関して、曽我部さんは、「この楽曲には、こういうイメージがあって……」みたいなオーダーが、明確にあるのでしょうか?

曽我部:いや、まったくないです(笑)。むしろ、どんなものがあがってくるか楽しみに待っています。もし自分でなにかアイデアがあるときは自分で撮ればいいと思っているので、人に頼む場合は、なにも言いません。もちろん感想は言いますよ。「ここがこう良かったです」とか。でも、「ここを直して欲しい」みたいなのはありません。

—なるほど。先ほど「YouTubeで聴いてもらえるように」という話がありましたが、だからと言って、YouTubeで見やすい形の作品になっているかというと、必ずしもそうではないような……。

曽我部:そうですね。コメント欄とかに、「シュール過ぎて、意味がわからない」とかもたまに書かれてます(笑)。「シュールでいいじゃん!」とか思うけど(笑)。

曽我部恵一

—川原監督の“セツナ”も、相当変わったビデオでしたよね?

曽我部:あれ、2回、曲が掛かりますからね。1回曲が終わって、もういちど同じ曲が始まるっていう。こないだまでやってたアニメの『ポプテピピック』より全然早かった(笑)。そのアイデアが、最初に監督から出たときは腰抜かしそうになりました。で、絶対ウケるっていう確信もあったんです。

2回掛かるようにすることで尺も長くなってハードルは上がるんだけど、再生回数も伸びました。監督のセンスに脱帽しましたし、やってよかったと思いました。これも、映画監督だからこそのセンスなのでは、と思っています。

—その“セツナ”をはじめ、最近のサニーデイのビデオは、若手監督の習作の場になっているような気もしますけど。

曽我部:若手だとかは関係なく、自分が個人的に好きで興味がある方に声をかけるようにしています。オファーしたけど叶わなかった海外の監督もいます。映画監督の方にお願いすると、ホントに「映画を1本作る」みたいな熱量でやってくださるので、その気持ちで熱くなれるんですよね。

ミュージックビデオを専門にやられている監督さんって、「とにかく歌が生きるように」と、すごく細かくプロフェッショナルに作ってくださるんですけど、映画監督はそういう観点からはもの作りしない。逆に曲が映像のサントラのように響くこともあって、それが気持ちいいんです。

曽我部恵一
Page 1
次へ

リリース情報

『第40回ぴあフィルムフェスティバル』
『第40回ぴあフィルムフェスティバル』

2018年9月8日(土)~9月22日(土)
会場:東京都 京橋 国立映画アーカイブ
休館日:月曜

プロフィール

曽我部恵一(そがべ けいいち)

1971年生まれ、香川県出身。1994年、サニーデイ・サービスのボーカリスト・ギタリストとしてメジャーデビュー。2001年よりソロとしての活動をスタート。2004年、メジャーレコード会社から独立し、東京・下北沢に「ローズ・レコーズ」を設立。精力的なライブ活動と作品リリースを続け、執筆、CM・映画音楽制作、プロデュースワーク、DJなど、多岐にわたって活動を展開中。2018年3月、サニーデイ・サービスのニューアルバム『the CITY』をリリースし、そのアルバム全曲を総勢18組のアーティストが解体・再構築していくプロジェクト『the SEA』をSpotifyのプレイリストで公開し話題に。8月29日には、『the SEA』のアナログ盤を発売した。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 鹿野淳が語る『VIVA LA ROCK』 エンタテイメント復興の道 1

    鹿野淳が語る『VIVA LA ROCK』 エンタテイメント復興の道

  2. 志村けん追悼特集が放送 『ドリフ大爆笑』『バカ殿』『変なおじさん』など 2

    志村けん追悼特集が放送 『ドリフ大爆笑』『バカ殿』『変なおじさん』など

  3. 長澤まさみが三浦春馬とダンス 映画『コンフィデンスマンJP』場面写真 3

    長澤まさみが三浦春馬とダンス 映画『コンフィデンスマンJP』場面写真

  4. コロナ感染拡大防止への文化施設閉鎖に伴う、助成金交付に向けた署名活動 4

    コロナ感染拡大防止への文化施設閉鎖に伴う、助成金交付に向けた署名活動

  5. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 5

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側

  6. 松田翔太、桐谷健太、濱田岳が現代で5G体験、au新CM セカオワも登場 6

    松田翔太、桐谷健太、濱田岳が現代で5G体験、au新CM セカオワも登場

  7. フラカン、20代を振り返る。解散危機、失敗ライブ、ほしかった評価 7

    フラカン、20代を振り返る。解散危機、失敗ライブ、ほしかった評価

  8. 佐藤健の優しいまなざし 映画『るろうに剣心 最終章』新写真公開 8

    佐藤健の優しいまなざし 映画『るろうに剣心 最終章』新写真公開

  9. 田中みな実&ずん飯尾和樹が夫婦役 明治の新CM「TANPACTな夫婦」篇 9

    田中みな実&ずん飯尾和樹が夫婦役 明治の新CM「TANPACTな夫婦」篇

  10. King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う 10

    King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う