特集 PR

堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

『What A Wonderful World』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:鈴木渉 編集:川浦慧

先日リリースされ、全米アルバムチャートで1位を獲得したポール・マッカートニーの新作『Egypt Station』には、アデルやベックなどを手掛ける売れっ子プロデューサーのグレッグ・カースティンが参加していたように、アーティストとプロデューサーの関係性は世界的にも改めて注目されている。

そんな中、堀込泰行が2年ぶりにリリースするフルアルバム『What A Wonderful World』は、蔦谷好位置とGENTOUKIの田中潤をそれぞれプロデューサー / 共同プロデューサーとして迎えた意欲作。昨年末に発表されたEP『GOOD VIBRATIONS』はD.A.N.やtofubeatsといった若手とのコラボレーションにより新境地を切り開いた作品だったが、EPが企画色の強い「コラボ作」という印象だったのに対し、今回はプロデューサーからの刺激をあくまで自分の作品として消化しているのは、大きな違いであるように思う。

泰行が新作で時代性と向き合いつつ、自分の核を改めて見つめ直したことは、ソロのキャリアにおいて非常に重要な出来事だったと言えよう。「まだ途中経過なんでしょうね」と語る堀込に、ソロ5年目の現在地を聞いた。

自分が満足できるところまで持っていければ、他人も楽しませられるだろう、という仮説でやっているんです。

—『What A Wonderful World』でのプロデューサー起用は、『GOOD VIBRATIONS』(2017年)での若手とのコラボレーションの延長線上にあると言えるかと思うのですが、前作での手応えをどのように感じて、新作の構想へとつなげたのでしょうか?

堀込:前作はせっかくコラボするなら相手のテイストをできるだけ出してほしいと思って、デモテープをあまり作り込まずに、そこから広げてもらったり、意見の交換をしながらできた作品集でした。それで、できあがったものを聴いてみたら、自分の曲なんだけど、自分の想像してなかった魅力が引き出されているのを感じたんです。

堀込泰行
堀込泰行

—まさに、非常に新鮮な作品でした。

堀込:なので、次のアルバムを作るときも、単純に、プロデュースを手伝ってもらいたいという意味合いもあって。ごく自然に、また自分以外の人を入れてみようと思いました。結果的に、音楽的な完成度においては、『One』(2016年)以上のものになったんじゃないかと思います。

堀込泰行『What A Wonderful World』ジャケット
堀込泰行『What A Wonderful World』ジャケット(Apple Musicで聴く

堀込泰行『What A Wonderful World』ジャケット(Apple Musicで聴く

—『GOOD VIBRATIONS』が「コラボ作」というイメージだったのに対して、『What A Wonderful World』はコラボによるフレッシュさもありつつ、あくまで泰行さんのソロアルバムだなという印象を受けました。

堀込:ありがとうございます。確かに、いい化学反応を求めつつ、だからといって、完全なるお任せにはしたくないと思っていて。その人のよさを求めつつも、いろんなものを削ぎ落としたときに残る、曲そのものの魅力は損なわれないようにということは気にしていました。ただ、実際に作業を始めてみたら、蔦谷さんは特に、今日的なサウンドにしつつ、僕の意向もちゃんと汲んでくれて、ありがたかったですね。

—蔦谷さんとGENTOUKIの田中さんというプロデューサーの人選はどのように決まったのでしょうか?

堀込:蔦谷さんは一度番組に呼んでいただいたときにお話をして、キリンジの音楽を聴いてくれていたとおっしゃっていたんです。今回、プロデューサー候補の名前がいろいろ挙がっていく中で、ある程度、僕のことを知ってくれている人がいいなと思っていたのもあり、お願いしました。

田中くんに関してはずっと前から知り合いなんだけど、2年前に出たGENTOUKIの10年ぶりくらいのアルバム(『誕生日』。参考:リオ五輪閉会式に感服したゲントウキ、表現者としての焦りを吐露)がすごくよかったんですよ。それまでのゲントウキとは違って、サウンドがすごくコンテンポラリーで、でもポップスのよさもちゃんと残してて。あれを聴いて、一緒に仕事をしてみたいと思っていたんです。

堀込泰行

—『GOOD VIBRATIONS』からの流れもあって、コンテンポラリーな要素というのは欠かせなかった?

堀込:そうですね。単純に、音楽としての完成度を高めてくれるというよりは、自分にないものを持っている2人だと思います。特に、蔦谷さんはアンテナの張り具合も僕とは全然違うでしょうから、そういうところも求めました。あとは、とにかく「聴いた人を楽しませる」っていうことを第一に考えてる人なんだろうと思ったんです。テレビでの発言とか、以前お会いしたときの印象も含め、お願いするなら蔦谷さんかなって。

—泰行さんの今のモードとしても、「聴いた人を楽しませる」という意識が強いのでしょうか?

堀込:もちろんそう思って作っているんだけど、僕の場合は、自分がかっこいいと思うものを磨きに磨いて、自分が満足できるところまで持っていければ、他人も楽しませられるだろう、という仮説でやってきていて。そのときに「今の時代はこうなんだ」とか「サウンドの流行はこう」っていうことに関して、あんまり興味がなかったわけです。

ただ、蔦谷さんや田中くんみたいに職業的な仕事もしている人たちは、その辺の考え方がまた違うだろうから、そういう人の力をちょっと借りたかったというか。そう思えたのはやっぱり『GOOD VIBRATIONS』があったからで、あれがなかったら、もっと渋い人にお願いしていたかもしれないです。

『GOOD VIBRATIONS』を聴く(Apple Musicはこちら
Page 1
次へ

リリース情報

堀込泰行
『What A Wonderful World』
堀込泰行
『What A Wonderful World』(CD)

2018年10月10日(水)発売
価格:3,240円(税込)
COCP-40488

1. WHAT A BEAUTIFUL NIGHT
2. スクランブルのふたり
3. HIGH & LOW
4. home sweet home
5. Destiny
6. 砂漠に咲く花
7. 足跡
8. 泥棒役者
9. Cheers!

プロフィール

堀込泰行
堀込泰行(ほりごめ やすゆき)

97年キリンジのVo / Gtとしてデビュー。2013年4月12日「キリンジ」を脱退。以後、ソロアーティスト/シンガーソングライターとして活動を開始。2014年11月19日ソロデビュー・シングル「ブランニューソング」をリリース、2015年までにライブツアー、客演参加、楽曲提供などを行い、現在に至る。代表曲は「エイリアンズ」「スウィートソウル」「燃え殻」など。希代のメロディメーカーとして業界内外からの信頼も厚くポップなロックンロールから深みのあるバラードまでその甘い歌声は聴くもの魅了し続けている。またキリンジ時代より提供楽曲も多く「ハナレグミ」「安藤裕子」「畠山美由紀」「杉瀬陽子」などに楽曲提供している。これまで「馬の骨」名義のソロアルバム2枚、キリンジとしてはオリジナルアルバム10枚を発表。2016年4月20日に堀込泰行としての初の洋楽カバーアルバム「Choice by 堀込泰行」(Billboard Records)をリリース。2016年10月19日に堀込泰行名義の1st Album「One」をリリース。2017年11月22日にアーティストとのコラボレーション作品、EP「GOOD VIBRATIONS」をリリース。2018年10月10日に待望の2ndフルアルバム「What A Wonderful World」をリリース予定。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察