特集 PR

荻上チキ×武藤将胤が変えようとする、人を障がい者にする社会

荻上チキ×武藤将胤が変えようとする、人を障がい者にする社会

『KEEP MOVING 限界を作らない生き方』
インタビュー・テキスト
柴那典
撮影:豊島望 編集:石澤萌

よりよい社会をデザインするためには、どうすればいいか。

そうした大きな問いを考えるのは政治や社会運動の担い手だと決めつけて、どこか遠ざけて捉えていないだろうか。実は、テクノロジーはもちろん、アートやエンターテイメントも社会の先行きに強く影響を与えている。たとえばハリウッドの大作映画が、人々の思い描く未来像のキーになったりもする。

初の著書『KEEP MOVING 限界を作らない生き方』を刊行したコミュニケーションクリエイター、武藤将胤は、大手広告会社に勤務していた27歳のときに、全身の筋肉が次第に動かせなくなる難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」と宣告された。しかし、その後も活動を続ける彼は、最先端のテクノロジーを活用しさまざまなデバイスやサービスの開発に携わるほか、目の動きだけで音楽と映像を操作する「EYE VDJ」のパフォーマンスを行っている。

今回の記事では、武藤と、数々の著書やラジオ番組を通して日々社会問題に向き合い、発信を続けている評論家、荻上チキとの対談が実現。2人が目指す社会のあり方について、語り合ってもらった。

『マイノリティ・リポート』から「こういうものを作らない?」と会話が生まれたりする。SF映画が共通言語になるんです。(武藤)

—荻上さんは、ラジオ番組『荻上チキ Session-22』や著書で、生きづらさを感じる人たちが社会に適応するのではなく、社会が変わっていくように設計していかなければいけないと発信をされていますよね。そのために、言葉を使って人々の認識を変えていくと考えるに至った出発点は、どういうところにあったんでしょうか。

荻上:僕の場合は学問だったと思います。大学時代に学んだ文学理論や、見てきた数々の映画だと思いますね。

左から:武藤将胤、荻上チキ
左から:武藤将胤、荻上チキ

—文学や映画評論の手捌きが、社会を見通すための素養になった。

荻上:文学論や映画論というものは、細部に宿っている、普段は読み取ることが難しいストーリーを、より何重にも読み解くリテラシーを身に付ける学問なんです。たとえば、この映画は面白かったけど、よく考えたら白人しか出演していないじゃん、という批判意識を持つとか。

—2018年3月に公開された『ブラックパンサー』は、黒人が主要キャストの作品が大ヒットしたことでハリウッドの常識を覆したと言われました。あの映画を見てそのことに改めて気付いた人は多いかもしれないですね。

荻上:まさにそうですね。また、今までの映画と同じように見えても、主人公の設定を変えることによって逆転させられることもある。『アナと雪の女王』のハンス王子は、最初に出てきたときは誰もがいいやつだと思ったけれど、それを裏切った。なぜかというと、動物に優しいキャラはいいやつのはずだ、というディズニー映画の目に見えないルールがあるからなんです。

あるいは『スパイダーマン:ホームカミング』でも、スパイダーマンの往年の彼女がMJ(『スパイダーマン』シリーズのヒロイン役)だと誰もわからなかったのは、彼女がヒスパニックだったから。MJといったらブロンドか赤毛の白人という先入観があるんです。

荻上チキ
荻上チキ

—映画を読み解くリテラシーを身につけることで、自分がいつの間にか持ってしまっている先入観や固定観念に気付くことができる。

荻上:大学ではそうやって細部まで読み解くことを学んで、見落とされがちな人を常に考える訓練を受けてきました。でも、マジョリティの社会では誰もそんなこと考えない。フェミニズムなんて過去のものだとか、「#MeToo」(性的ハラスメントを告白する際にSNS上で用いられるハッシュタグ)なんて冤罪拡大装置だとか、とにかくすべてを踏みにじっていくような状況があるんです。そうした、現実にある課題を浮き彫りにする理論のうちの1つに、障害学というものがあったんです。

—武藤さんはどうですか? 自分自身の発想として、音楽やエンターテイメントから受け取ったものは大きいですか?

武藤:僕のスタート地点も映画ですね。今もテクノロジストと僕との共通言語になるのがSF映画で、たとえば『マイノリティ・リポート』の仮想ホログラムから、「じゃあこういうものを作ってみない?」という会話が生まれたりする。そういった意味では、映画が僕のクリエイティブのルーツです。

荻上:最初に「WHILL」という電動車椅子を見たときに「わあ、『プロフェッサーX』(マーベル作品の『X-MEN』に登場するキャラクター。車椅子に乗っている)だ!」って思ったのを覚えています。

武藤:まさにその通り。「プロフェッサーX」にだいぶ近づいたなって。

武藤将胤
武藤将胤
武藤が乗りこなす電動車椅子「WHILL」
武藤が乗りこなす電動車椅子「WHILL」

—自分が子どもの頃は、エンターテイメントは政治や社会と関係ない余暇や娯楽の世界だと思っていた。けれど、そこから数十年たった今の自分が思うカルチャーやエンターテイメントはなによりも社会的で、特にハリウッド映画はストレートに次の社会のあり方を提示しているという実感があります。

荻上:そうですよね。評論家ってスイッチャーの役割があるんです。今までなんとなく楽しんでいたものに対して、「こんな作品もあるよ」ってリコメンドしていくタイプもいれば、僕みたいに社会の構図を切り取りながら「こうしたメッセージも読み取れる」と提示するタイプもいる。映画も「こういう見方をしたら面白くない?」と言うことで、見方を変えることができます。

トップアーティストたるクリエイターは、私たちよりも社会のことを考えてるし、いろんな刺激を受けている。「どうやってあの現象のことをさりげなく言ってやろうか」って一生懸命考えて映画の中に埋め込んでいるから、作品から適切にメッセージを引き出すこともとても重要なんですよね。

Page 1
次へ

書籍情報

『KEEP MOVING 限界を作らない生き方』
『KEEP MOVING 限界を作らない生き方』

2018年6月6日(水)発売
著者:武藤将胤
仕様:46判、238ページ
ISBN:978-4-416-61839-4
発行:誠文堂新光社
定価:1,620円(税込)

プロフィール

武藤将胤(むとう まさたね)

1986年ロサンゼルス生まれ、東京育ち。難病ALS患者。一般社団法人WITH ALS代表理事、コミュニケーションクリエイター、EYE VDJ。また、(株)REBORNにて、広告コミュニケーション領域における、クリエイティブディレクターを兼務。過去、(株)博報堂で「メディア×クリエイティブ」を武器に、さまざまな大手クライアントのコミュニケーション・マーケティングのプラン立案に従事。2013年26歳のときにALSを発症し、2014年27歳のときにALSと宣告を受ける。現在は、世界中にALSの認知・理解を高めるため「WITH ALS」を立ち上げテクノロジー×コミュニケーションの力を駆使した啓発活動を行う。本書『KEEP MOVING 限界を作らない生き方』が初の著書となる。

荻上チキ(おぎうえ ちき)

1981(昭和56)年生れ。評論家。著書に『セックスメディア30年史』『ウェブ炎上』『彼女たちの売春(ワリキリ)』『未来をつくる権利』『災害支援手帖』、共著に『社会運動の戸惑い』『夜の経済学』『新・犯罪論』など多数。ラジオ番組「荻上チキ・Session-22」(TBSラジオ)パーソナリティ。同番組にて、2015年度、2016年度とギャラクシー賞を受賞(DJパーソナリティ賞およびラジオ部門大賞)。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ 1

    サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ

  2. キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM 2

    キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM

  3. 殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真 3

    殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真

  4. 『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開 4

    『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開

  5. 映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投 5

    映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投

  6. ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場 6

    ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場

  7. 広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』 7

    広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』

  8. 草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら 8

    草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら

  9. 『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力 9

    『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力

  10. 「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡 10

    「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡