特集 PR

『BANDWARS』優勝のab initio 苦労の9年と喜びの瞬間を語る

『BANDWARS』優勝のab initio 苦労の9年と喜びの瞬間を語る

LINE RECORDS
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:伊藤惇 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

今年7月に、LINE RECORDSが協力パートナーとして参加するアマチュアバンドオーディション『BANDWARS』でグランプリを受賞したバンド、ab initio(アブイニシオ)が、そのグランプリの証としてLINE RECORDSからデビュー。第1弾シングルとなる『歓喜』が、11月28日に配信リリースされた。

この曲は『BANDWARS』の実行委員のひとりであり、これまでにSMAPなど数多くの作品を手掛けてきたコモリタミノルがサウンドプロデュースを務めた。アマチュアといえども、高校時代に結成して以来9年という、決して短くない期間をバンド活動に費やしてきたab initioにとって、このデビューは非常に大きなターニングポイントとなるだろう。

新曲“歓喜”は、決して大仰な派手さはないが、繊細なアンサンブルと柔らかなメロディーの美しさが際立つ、とても細やかな名曲。このような曲でデビューを飾るところが、このab initioというバンドの誠実さを表している。メンバー4人に、新たな出発点に立った今の心境を聞いた。

音楽性を変えたことで、これまでついてきてくれていたお客さんが離れていっちゃったりもしたんです。(宮崎)

—まずは、オーディションイベント『BANDWARS』でのグランプリ、おめでとうございます!

全員:ありがとうございます!

—ab initioは、今年で結成9年目、インディーズから全国流通の作品もすでにリリースしていて、キャリアは積んでいたと思うんです。その上で、『BANDWARS』というバンドオーディションに参加しようと思ったのは、何故だったのでしょう?

ナガハタ(Ba):そもそも、ab initioは高校の同級生4人で結成されたんですけど、去年の6月に、ずっと一緒に続けてきたドラマーが脱退したんです。これまでも紆余曲折はあったし、挫折もあったけど、9年目にしてドラムも脱退して……なんというか、バンドとして前に進めていないもどかしさがあったんですよね。そこから、新しく勇介さんがサポートドラムとして叩き始めてくれたタイミングで、「ここから、なんとか巻き返したい!」っていう思いがあったんです。

左から:中村勇介、ナガハタショウタ、宮崎優人、乃村Nolan
左から:中村勇介、ナガハタショウタ、宮崎優人、乃村Nolan

宮崎(Gt,Vo):そうだね。去年の後半、ドラムが脱退してから、音楽性も見直したんですよ。その新しい一歩として、音源(会場限定シングル『あなたへ』)もリリースしたんですけど、そこでも躓いてしまった感覚があって。音楽性を変えたことで、これまでついてきてくれていたお客さんが離れていっちゃったりもしたんです。「今までの方がいいよ」とか、「前の方がab initioっぽいよ」とかも結構、言われたりしたし……。

そういう状況のなかで、「もうダメかもしれない」っていう危機感があったんですよね。そのとき、『BANDWARS』の存在を知ったんです。一発逆転をかけて、参加してみようと思いました。

『BANDWARS』グランプリに輝いたときの様子
『BANDWARS』グランプリに輝いたときの様子

—去年起こった音楽性の変化というのは、具体的にどういった変化だったのでしょうか?

宮崎:これまでは、「行こうぜー!」「手、挙げていこうぜー!」みたいな感じの、縦ノリのライブをしていたんです。今の自分たちと芯は変わらなかったと思うんですけど、とにかく「ロックにやらなきゃいけない」っていう意識が、自分たちのなかにあったんですよね。「引っ張ってやる!」みたいな前のめり感が、常に自分たちのライブにはあったんですけど、でも、それはやっぱり、自分たちには合わないような気がして。

「引っ張る」というよりは「寄り添う」音楽の方が、自分たちには合うんじゃないかっていう気がしたんです。だから、曲もライブも、もっとポップなものに変えていこうっていう変化が、去年バンドのなかにあって。

宮崎優人
宮崎優人

ナガハタ:曲は宮崎が作っているんですけど、そもそも、彼の好きな音楽はJ-POPなんですよ。だから、変化でありつつも、バンドとしては「原点に戻った」っていう感じだと思うんですよね。だけど、それまでのab initioが好きだった人たちには、満足してもらえなかったのかもしれない……っていう。

宮崎:「引っ張ってほしい」っていう思いでab initioを見てくれていた人たちは、あのタイミングで離れていったのかなっていう気はしています。

—でも、その変化は、自分たちにとっては「正直になっていく」変化だったわけですよね?

ナガハタ:そうですね。自分たちとしては、どんどんよくなっているっていう認識はしています。

宮崎:うん、それは確信してる。……まぁ正直なところ、僕は流されやすい性格で(苦笑)。「このバンドかっこいいな」と思ったら、そういう方向の曲を書いてみたりしてしまうタイプなんですよね。元々は、コブクロさんのようなJ-POPが好きだったけど、ライブハウスで活動するなかで、どんどんと他のバンドに影響されることも増えていって。

だから、ずっと一緒にやってきたふたり(ナガハタ、乃村)も、この9年間のなかで困惑する瞬間もあったんじゃないかと思うんです。でも、「ab initioは、これでいけば間違いない」っていうものがやっと見つかった感覚が、今の自分にはあるんですよね。

ナガハタ:音楽については妥協しないように意見をぶつけ合ってきたし、時間はかかっても、お互いが納得いくような曲作りを続けていたし。だから、困惑はしてない。まぁでも、今は、自分たちがやりたいことに対してバンド全員が同じ方向を向けているような気はするかな。

ナガハタショウタ
ナガハタショウタ

乃村(Gt&Key):そうだね。今は、ブレはないよね。

Page 1
次へ

リリース情報

ab initio『歓喜』
ab initio
『歓喜』

2018年11月28日(水)配信

プロフィール

ab initio(あぶいにしお)

高校の同級生でもある、宮崎優人(Vo&Gt)、ナガハタショウタ(Ba)を中心に、乃村Nolan(Gt&Key)、中村勇介(Dr)の4人からなるバンド。2009年3月結成。2015年1st mini album「もしもし、奇跡ですか」でインディーズデビュー。2018年1月から始まったオーディション「BANDWARS」にて、見事グランプリを獲得した。2018年11月28日、LINEの音楽レーベル「LINE RECORDS」よりデビューが決定。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開