特集 PR

『BANDWARS』実行委員の山田孝之らが若者に語りかける

LINE RECORDS
テキスト
天野史彬
編集:久野剛士、野村由芽
『BANDWARS』実行委員の山田孝之らが若者に語りかける

RTや「いいね」の数もポイント SNS時代のオーディション開催

去る7月14日、吉祥寺のライブハウス「吉祥寺CLUB SEATA」に、8組の若いバンドが集まった。音楽性もメンバー編成もバラバラな彼らの共通項は、この時点で事務所やレーベルに所属していないアマチュアバンドであること。そして、LINE RECORDSが主催するオーディション『BANDWARS』の1stステージと2ndステージを突破し、Final Stageにまで歩を進めたバンドである、ということだ。

この日、行われたのは『BANDWARS』のFinal Stage。「グランプリ」を受賞したバンドには、その栄誉として、LINE RECORDSからのデビューが約束されている。m.c.A・T、コモリタミノル、nao、山田孝之という4人の実行委員と、現地に集まったオーディエンス、そしてLINE LIVEを通して様子を見守る視聴者たちの前で、8組のバンドはそれぞれ2曲(オリジナル曲と課題曲)のパフォーマンスを披露。この記事では、実行委員のコメントを交えながら、Final Stageの模様、さらに、新たなオーディションの在り方としての『BANDWARS』の意義を振り返っていきたい。

『BANDWARS』イベントビジュアル
『BANDWARS』イベントビジュアル

『BANDWARS』のホームページには「僕らのバンドを、僕らで決める、僕らの戦い」という言葉が掲げられている。それ以外にも、「僕らのバンドを探している」「大人には歌えない歌がある」など、『BANDWARS』が掲げる言葉の端々には、新しい世代の価値観の中で、もう1度「バンド」という表現を見つめ直したい――そんな意識が伺える。それは、若い世代を中心に広まったコミュニケーションプラットフォームである「LINE」が協力パートナーとして参加するオーディションならではの観点だろう。

ゆえに、『BANDWARS』は審査方法も特殊だ。1stステージ(SNS審査、LINE LIVE審査)と2ndステージ(作詞、作曲審査)では、LINE LIVEでの視聴数やハート数、さらにTwitterでのリツイート数や「いいね」数が評価基準になるなど、ソーシャルネットワークを駆使した判定も実施。SNSを通じたコミュニケーション能力や拡散力、自己プロデュース能力など、「自分たちの力で、どれだけの人を巻き込めるのか?」というポイントが参加バンドには問われることとなった。

『BANDWARS』イベント終了後の全体写真
『BANDWARS』イベント終了後の全体写真

セミプロ化したアマチュアバンドに必要とされたのは、「柔軟性」

もちろん、そんな『BANDWARS』の「新しさ」は、バンドを判定していく上での難しさや複雑さにも繋がっている。実行委員のひとりであり、これまでSMAPやaiko、嵐、安室奈美恵など、数多くの有名アーティストに楽曲提供してきたコモリタミノルはこう語る。

コモリタ:オーディションというシステムは昔からありますけど、インターネットを通して審査するというのが、自分がこれまで関わってきたものとは違っていて。いまはある程度、力のあるミュージシャンは、自前でネットを通して活動することで、お客さんもつくようになるんですよね。ある意味、「プロ」という領域が曖昧になって、アマチュアでも「セミプロ」化しているバンドも多い。

コモリタミノル
コモリタミノル

コモリタ:今回参加したバンドたちも、右も左もわからない人たちではなく、自分たちのこだわりや美意識は既に持っているバンドがほとんどだった。でも、次のステージに行くには、他の価値観を受け入れながら、変わっていかなければいけないんだけど、その部分に対する免疫があまりないバンドが多い印象を受けました。

「僕らはもうこのやり方でうまくやっているから、これでいいんです」っていう感覚が、ともするとあるんですよね。こちらは「もっとこうした方が、世の中に出るチャンスはあるかもしれないよ」という提示の仕方をしているつもりなんですけど、もしかしたら、それが彼らの純粋な気持ちを踏みにじってしまうことになっているのかもしれない……。そこは、実行委員としては難しいところでしたね。

今回、2ndステージでの作詞審査では、バンドがSNSで投稿した歌詞について、実行委員がアドバイスする形がとられた。SNSを通して自分たちをアピールする力を求めるのと同時に、他者の価値観を受け入れ、変わっていける柔軟性を求めたのが、『BANDWARS』の重要なポイントだったと言えるだろう。

現代におけるSNSでのアピール力の必要性を前提とした上で、「デビューするとはどういうことなのか?」「プロとはなにか?」このオーディションには一貫して、そんな問いかけが秘められていたのかもしれない。Final StageがLINE LIVEやSNSを通した審査ではなく、それぞれの分野におけるプロフェッショナル4人の実行委員の審美眼に委ねられたところも、それを象徴していた。

Page 1
次へ

イベント情報

『BAND WARS』
『BAND WARS』

2018年7月14日(土)
会場:吉祥寺CLUB SEATA

出演:
Unfitcooder
Breathing Booost
便所の草
ab initio
密会と耳鳴り
WORLD WAND WOOD
UCURARIP
HIP BEAN SPROUT
実行委員:
m.c.A・T
コモリタミノル
nao
山田孝之

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性