特集 PR

ikkubaru×陳珊妮 音楽と政治の問題はアジアでどう異なる?

ikkubaru×陳珊妮 音楽と政治の問題はアジアでどう異なる?

金音創作獎(Golden Indie Music Awards)
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:KRIS KANG 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

台湾インディーズミュージックの頂点を決める『金音創作獎(Golden Indie Music Awards)』の授賞式が10月27日、国立台北大学体育館にて開催された。これは、「台湾のグラミー賞」といわれる『金曲賞』を主催する行政院新聞局(現・文化部影視及流行音樂產業局)が、2010年から新たにスタートさせたインディーズ創作音楽賞。有名アーティストやヒット曲を対象とした『金曲賞』とは異なり、新世代のアーティストを中心に取り上げていることで注目されている。

中でも最大の特徴は、選考対象がCD作品だけでなく、インターネット上に配信された音源や、ライブパフォーマンスにまで及んでいること。スマホやSNSの普及によって、音楽のあり方や音楽との関わり方がドラスティックに変化している昨今の音楽シーンを反映した画期的な試みと言える。

そこで今回『金音賞』の審査委員長である陳珊妮(Sandee Chan)と、今回『金音賞』に連動する形で開催された『Asia Rolling Music Festival』に、外国人アーティストとして招聘されたインドネシアのシティポップバンド、ikkubaruのメンバーとの座談会を敢行。1990年代にデビューし、以降は台湾ミュージックシーンの中核として活躍し続けてきた陳珊妮と、インターネットを通じて日本でも着実にファンベースを築いているikkubaruに、アジアのインディーズシーンの現状や、音楽活動におけるインターネットの重要性などについて語り合ってもらった。

クリエイターは、曲を作るときに「自由」であるべきだし、いろんな意見、「多様性」を取り入れることがものすごく重要なんです。(陳珊妮)

—陳珊妮(Sandee)さんは審査員として、ikkubaruはライブアクトとして参加した今年の『金音創作獎(Golden Indie Music Awards)』(以下、『金音賞』)の授賞式では、複数のミュージシャンが11月の選挙への投票を訴えるなど、政治への関心を強く持っている印象がありました。

陳珊妮:そうですね。台湾の若者たちは政治的な関心が強いと思います。中でも、最近注目されているトピックは「同性婚」です。11月の選挙の結果によっては、結婚制度が変わるかもしれない。先日、台湾では大きなデモ行進があって、賞にはデモに参加したミュージシャンも少なくありませんでしたね。11月の選挙によって、同性婚がアジアで初めて法律で認められ、それがほかの国々にも良い影響として波及することを願っています。

左から:Muhammad Fauzi Rahman、Muhammad Iqbal、陳珊妮、Rizki Firdaussahlan、Banon Gilang
左から:Muhammad Fauzi Rahman、Muhammad Iqbal、陳珊妮、Rizki Firdaussahlan、Banon Gilang

—インドネシアはどうでしょう。特にミュージシャンの間で政治的な関心はどのくらいありますか?

Banon(Dr):インドネシアでは多くの国民が貧しい生活を強いられています。そのため、パンクミュージックやレゲエ、フォークといったジャンルでは、政治的なメッセージを強く打ち出しているバンドは多いですね。

Muhammad(Vo,Gt,Key):ただしikkubaruでは音楽に政治的メッセージを込めることは滅多にないですね。僕らが歌っているのは「愛」についてです。自分たちのやっている音楽の方向性に、政治的なメッセージが似合うと思わないですし。

Muhammad Iqbal(通称:イッくん)
Muhammad Iqbal(通称:イッくん)

Banon:そう。僕らは単純に良い音楽を作りたい。それが動機になっています。

—インドネシアの若者たちは、どんな政治トピックに関心が強いのですか?

Banon:うーん、インドネシア人は豊かじゃないぶん「セルフィッシュ(自分勝手)」な人も多くて(笑)。基本、自分の生活に直接関わることにしか興味がないというか……。以前、インドネシアで震災が起きたときも(2018年9月28日に発生したマグニチュード7.5の「スラウェシ島地震」)、「自分たちの暮らしがどう保証されるのか」が最大の関心ごとでした。

Banon Gilang(通称:バノやん)
Banon Gilang(通称:バノやん)

—台湾の人たちは、「自分ごと」ではないかもしれない同性婚に、なぜ大きな関心を寄せているのでしょう。

陳珊妮:それは、多くの台湾人が「自由」と「多様性」を大切にしているからだと思います。特にクリエイターは、曲を作るときに「自由」であるべきだし、いろんな意見、「多様性」を取り入れることがものすごく重要なんです。それがないとクリエイトすることは不可能ですから。

Banon:そうですね。陳珊妮さんのおっしゃる通り、「自由」というのは人として基本的なことであり、それがなければ音楽が作れないって僕らも思います。

左から:Muhammad Fauzi Rahman、Muhammad Iqbal、陳珊妮、Rizki Firdaussahlan、Banon Gilang
Page 1
次へ

イベント情報

『金音創作獎(Golden Indie Music Awards)』

2018年10月27日(土)
台湾のグラミー賞でもある『金曲賞』を主催する行政院新聞局(現・文化部影視及流行音樂產業局)が、2010年から新たにスタートさせた、台湾インディーズシーンの音楽賞

プロフィール

ikkubaru(いっくばる)

インドネシア・バンドン出身のシティ・ポップ・バンド。すべての楽曲を手掛けるMuhammad Iqbalを中心に、2011年12月に結成。バンド名の“ikkubaru”は“Iqbal”の名前を日本語の発音に合わせて表記したもの。山下達郎や角松敏生ら80年代の日本のシティ・ポップに影響を受けたアーバンなポップスを構築。tofubeats「水星」をカヴァーしたEP『Hope you smile』が日本で話題となった後、2014年10月に1stアルバム『アミューズメント・パーク』をリリース。

陳珊妮(さんでぃー ちゃん)

台湾のミュージシャン。シンガーソングライター、音楽プロデューサー、作曲家、作詞家、イラストレーター、エッセイスト。1994年から始めてのアルバムは、全ての作曲と作詞から、CDジャケットのイラストまで自ら担当する。その後、自分のアルバム以外にも、他のミュージシャンのアルバムを手がけ、現在、中華圏では高い評価を受けている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 1

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  2. BiSHの熱気に、世間や会場キャパがようやく追いついてきた 2

    BiSHの熱気に、世間や会場キャパがようやく追いついてきた

  3. シム・ウンギョン×松坂桃李W主演『新聞記者』 権力に対峙する記者描く 3

    シム・ウンギョン×松坂桃李W主演『新聞記者』 権力に対峙する記者描く

  4. 神木隆之介×有村架純『フォルトゥナの瞳』主題歌はONE OK ROCK、新予告も 4

    神木隆之介×有村架純『フォルトゥナの瞳』主題歌はONE OK ROCK、新予告も

  5. MIYAVI vs KREVA vs 三浦大知が雨中でパフォーマンス“Rain Dance”PV公開 5

    MIYAVI vs KREVA vs 三浦大知が雨中でパフォーマンス“Rain Dance”PV公開

  6. 星野源の新AL特典映像『ニセ明と、仲間たち』に宮野真守&ハマ・オカモト 6

    星野源の新AL特典映像『ニセ明と、仲間たち』に宮野真守&ハマ・オカモト

  7. 深川麻衣×今泉力哉 お互いの「初恋」や「初挑戦」を語り合う 7

    深川麻衣×今泉力哉 お互いの「初恋」や「初挑戦」を語り合う

  8. 映画『惡の華』春日役に伊藤健太郎、仲村役に玉城ティナ 飯豊まりえも出演 8

    映画『惡の華』春日役に伊藤健太郎、仲村役に玉城ティナ 飯豊まりえも出演

  9. IZ*ONEが『FNS歌謡祭』で初歌唱 宮脇咲良ら擁する日韓合同グループ 9

    IZ*ONEが『FNS歌謡祭』で初歌唱 宮脇咲良ら擁する日韓合同グループ

  10. アカデミー映画博物館が2019年開館 宮崎駿の大規模展やチームラボの展示 10

    アカデミー映画博物館が2019年開館 宮崎駿の大規模展やチームラボの展示