特集 PR

スカート澤部渡が語る、ポップスこそが一番狂った人が作る音楽

スカート澤部渡が語る、ポップスこそが一番狂った人が作る音楽

スカート『遠い春』
インタビュー・テキスト
三宅正一
編集:川浦慧
2018/11/05

澤部渡のソロプロジェクト、スカートがクリエイトするポップスは本当に独創的だ。一聴すると耳馴染みがよく、老若男女がシンプルにグッドソングと感じるであろう高いポピュラリティーにも富んでいる。しかし、歌の中で描かれている物語や情景の多くがどこか物悲しく、コードやメロディー、アレンジの随所に一筋縄ではいかない閃きと、ささやかなある種の不穏さを伴った「ヤバさ」を感じさせる。それゆえに並びない中毒性に満ちている。映画『高崎グラフィティ。』の主題歌である表題曲と、高畑充希主演の同名ドラマのオープニングテーマ曲として書き下ろされた“忘却のサチコ”など全4曲を収録しているメジャー1stシングル『遠い春』もそうだ。

澤部渡は、なぜ普遍的であると同時に異型のポップスを生み出すことができるのか? そもそもなぜポップスを作ることを選んだのか? 以下のインタビューは、スカートのポップス論に迫る内容になっていると思う。

僕は絶対に天才ではないので。

—よく言われていることだと思うんですけど、今作『遠い春』の表題曲“遠い春”を聴いても、あらためてポップスとして不可思議な魅力に満ちていて。そういう意味でも、今日は澤部さんのポップス論に迫るようなお話を聞けたらなと思うんですけど、まずはこのシングルをどのように制作していったかというところからお話いただけますか。

澤部:まず、シングルを出す理由というのは、ひとつは契約の面ですよね(笑)。去年の10月にリリースした『20/20』というアルバムを経て、とにかく早く次の曲をみんなに聴いてほしい気持ちと契約が合致してたというか(笑)。

澤部渡(スカート)
澤部渡(スカート)

—最高じゃないですか(笑)。

澤部:そうそう。今までスカートはシングルでいうと、『シリウス』という12インチと『静かな夜がいい』というCDを出してるんです。「これ以上の曲はない、これが今のスカートの100点満点」という手応えを覚えながら出したんですね。でも、今回はちょっと違うんですよ。もちろん、“遠い春”もいい曲なんでけど、はっきり言って、メジャーの1stシングルの表題曲でこの曲を出すバカはいないでしょうっていう。

『遠い春』ジャケット写真
『遠い春』ジャケット写真(Amazonで購入する

—派手な曲ではないという意味で?

澤部:絶対に派手ではないですね。でも、今の自分にとって本当にいい曲ができたと思うし、こんなに暗くて地味な曲をしっかりA面にもってくるという判断をしてくれたレコード会社には頭が上がらないですね。

—歌詞において、ある意味では全曲が「喪失」について歌ってると思うんですね。ジワジワ効いてくる悲哀というか。その感触もやはり独特で。

澤部:そうですね。今、あんまりこういう音楽をやってる人はいないだろうなと自分でも思いますね。

—耳に心地いいポップスとして成立しているんだけど、コードや歌メロの動き、アレンジも絶妙な不穏さがあって。それはスカートの本質でもあると思います。

澤部:やっぱり、どこかオルタナティブですよね。でも、何に対してのオルタナティブなのかはわからない(笑)。

—この独創的なポップスとしてのバランスは、澤部さんが聴いてきた音楽のアーカイブから吸収したもので成立してるんですかね?

澤部:そうだと思います。僕は絶対に天才ではないので。「無限に曲ができる!」というタイプではなく、自分が聴いてきた音楽の解釈で、何とか曲を作っているんです。僕は、過去の先にしか新しいものは生まれないと思っているので。それに、天才だったらもっと売れてるだろうなと思うし(笑)。

—いや、それはこれからじゃないですか。

澤部:だってもう30歳ですからね。

—この音楽の前には「まだ30歳」と言えるとも思いますけどね。澤部さんの中で、スカートにおける魅力的なポップスを担保するにあたって、一番必要なことはなんだと思いますか?

澤部:そこが難しいんですよね……本当だったら曲の短さなんですよ。

—ああ、それは他のインタビューでも言っていましたね。(参考記事:スカート澤部のルーツを紐解く、ココ吉で見つけた4作品

澤部:本当は短ければ短いほどいい。でも、今回は4分超えの曲が2曲も入っているんです。

—そこに葛藤もある?

澤部:葛藤もあるんですけど、でも、これ以上短くできないというところまで削ぎ落として完成させたので、余分なものは一切ない状態だとは思ってます。

僕は、物心がつく前から『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)を見るのが好きだったんです。あれってテレビサイズの短さで披露されるじゃないですか。だから、飽きずにずっと見ていられる。そういうテレビサイズという尺が出てくる前の、もっと古いポップスまで遡ると、フル尺でも2分半くらいの曲が多いんです。だから、ポップスの真理ってそこにあるとどうしても思っちゃうんですよね。

澤部渡
Page 1
次へ

リリース情報

スカート『遠い春』初回限定盤
スカート
『遠い春』初回限定盤(CD+DVD)

2018年10月31日(水)発売
価格:2,160円(税込)
PCCA-04696

[CD]
1. 遠い春(映画「高崎グラフィティ。」主題歌)
2. いるのにいない
3. 返信
4. 忘却のサチコ(テレビ東京系ドラマ24「忘却のサチコ」OPテーマ)
[DVD]
『「eight matchboxes seventy one cigarettes」at Shibuya CLUB QUATTRO 03.10.'18』
1. さよなら!さよなら!
2. 視界良好
3. ハル
4. だれかれ
5. 月光密造の夜
6. CALL
7. 魔女
8. 回想
9. ガール

スカート
『遠い春』通常盤(CD)

2018年10月31日(水)発売
価格:1,296円(税込)
PCCA-04697

1. 遠い春(映画「高崎グラフィティ。」主題歌)
2. いるのにいない
3. 返信
4. 忘却のサチコ(テレビ東京系ドラマ24「忘却のサチコ」OPテーマ)

イベント情報

スカートワンマンツアー

2018年11月18日(日)
会場:宮城県 仙台enn 2nd

2018年11月25日(日)
会場:北海道 札幌 KRAPS HALL

2018年12月2日(日)
会場:福岡県 INSA

2018年12月14日(金)
会場:大阪府 梅田 Shangri-La

2018年12月16日(日)
会場:愛知県 名古屋 TOKUZO

2018年12月19日(水)
会場:東京都 鶯谷 キネマ倶楽部

プロフィール

スカート

どこか影を持ちながらも清涼感のあるソングライティングとバンドアンサンブルで職業・性別・年齢を問わず評判を集める不健康ポップバンド。2017年10月に発表した最新アルバム『20/20』でメジャーデビュー。そのライティングセンスからこれまで多くの楽曲提供、劇伴制作に携わる。近年では藤井隆のアルバム『light showers』(2017年)に「踊りたい」、映画「PARKS パークス」(2017年)には挿入歌を提供。「山田孝之のカンヌ映画祭」(2017年)ではエンディング曲と劇伴を担当している。2018年に入っても映画「恋は雨上がりのように」の劇中音楽に参加。また、スピッツや鈴木慶一のレコーディングに参加するなどマルチに活動している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及 1

    ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及

  2. 佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画 2

    佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画

  3. 記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着 3

    記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着

  4. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 4

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  5. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 5

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  6. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 6

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  7. ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン 7

    ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン

  8. 青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント 8

    青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント

  9. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 9

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  10. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 10

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る