特集 PR

ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

「HUAWEI P20 Pro」
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:小田部伶 編集:石澤萌、矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

12月21日、神奈川県・横浜赤レンガ倉庫にて開催されるクリスマスライブ『エアトリ presents 毎日がクリスマス2018』で、ねごととchelmicoが共演する。バンドサウンドにエレクトロを融合させ、唯一無二のサウンドスケープを作り上げるねごとと、気鋭のトラックメイカーらが手がけるサウンドに乗せ、等身大のラップを繰り広げるchelmico。共通点がなさそうでありそうな、この異色の対バンライブは、一体どんな展開を見せるのだろうか。

そこで今回、ねごとの蒼山幸子とchelmicoのRachel、Mamikoの3人に集まってもらい、横浜にまつわるエピソードからプライベートの過ごし方、お互いの音楽性など、硬軟おり混ぜたトピックについて語り合ってもらった。

私、元町の古着屋で働いてたんですよ。(Rachel)

—今日は3人に横浜へ来てもらいましたが、「横浜」というと、どんな思い出があります?

Rachel:横浜には20歳くらいまで住んでました。高校生の頃、アジカン(ASIAN KUNG-FU GENERATION)がこのあたりで撮影してると聞いて、学校から走って行ったのを覚えてる(笑)。東京に引っ越してからはなかなか来ないですね。

Mamiko:横浜の思い出かあ……何かあったっけな?

—1stアルバム『chelmico』(2016年10月)のジャケットって、中華街で撮ったんですよね?

Mamiko:あ、そういえばそうだった(笑)。最初、高尾山で撮影したんですけど、ちょっとイメージと違ってしまって。急遽、リリースの1週間前に遊びがてら中華街へ行って、普段通りの感じで撮ったのを使いました。

chelmico『chelmico』ジャケット
chelmico『chelmico』ジャケット

蒼山:ねごとは、F.A.D yokohamaで対バンのライブをやらせてもらったことがありますね。あと、デビュー前にClub Lizard Yokohama(2017年に閉店)でも。それこそアジカン主催の『NANO-MUGEN Fes.』に出させてもらったこともありました。

Mamiko:『NANO-MUGEN Fes.』、行ってましたわ(笑)。あと、赤レンガ倉庫って冬に来るイメージがあるんだよね。イルミネーションとかを見に来るからかな。

横浜赤レンガ倉庫にて。左から:Rachel(chelmico)、蒼山幸子(ねごと)、Mamiko(chelmico) / 「HUAWEI P20 Pro」の「夜景モード」で撮影
横浜赤レンガ倉庫にて。左から:Rachel(chelmico)、蒼山幸子(ねごと)、Mamiko(chelmico) / 「HUAWEI P20 Pro」の「夜景モード」で撮影

 

インタビュー後、横浜の夜景を「HUAWEI P20 Pro」で撮影。「めっちゃ綺麗!」と驚く3人
インタビュー後、横浜の夜景を「HUAWEI P20 Pro」で撮影。「めっちゃ綺麗!」と驚く3人

—たしかに、横浜といえば夜景とかイルミネーションのイメージがありますよね。みなさんは休日って、何してることが多いんですか?

蒼山:ご飯を食べたり、お酒を飲んだりするのが好きなので、美味しいお店を探しに行くことが多いですね。あと、1人で映画を観に行ったり、カフェで本を読んだりしています。お2人は?

Mamiko:何してるかなあ……お酒はずっと飲んでますね。

Rachel:外に出ると飲んじゃうね。

Mamiko:あとは友だちのライブか、お笑いのライブを観に行く。でも、基本ずっと家でラジオ聴いてます。

Rachel:「家派閥」だよね。「家軍団」。

Mamiko:弱そう(笑)。

左から:Rachel、Mamiko
左から:Rachel、Mamiko

—服とかは、どこへ買いに行きます?

Rachel:このズボンは、前に働いてた古着屋で買いました。あ、私、元町の古着屋で働いてたんですよ。

Mamiko:でも最近は表参道とか行くよね。

Rachel:生意気だな~(笑)。

Mamiko:前は古着を好んでたんですけど、最近はちょっと、パリッとした服を着ようと思って。ちゃんと新品の服を(笑)。新品っていいよね。

Rachel:新しいからね(笑)。どこへ行きます?

蒼山:私は日比谷とか銀座に行くことが多いですね。

Mamiko:GINZA SIXとかですか?

蒼山:うん、そのあたり。

Mamiko:じゃあ新品ですね!

蒼山:ですね(笑)。原宿とか新宿も好きなんですけど、結構人が多くてエネルギーがいるから、気合いを入れないとなかなか行けなくて。日比谷だとゆとりがあっていいんですよね。「DOVER STREET MARKET GINZA」とか、見てるだけでも楽しいです。

蒼山幸子
蒼山幸子

Page 1
次へ

商品情報

「HUAWEI P20 Pro」
「HUAWEI P20 Pro」

2018年6月15日(金)発売

カラー:ミッドナイトブルー、ブラック

イベント情報

『エアトリ presents 毎日がクリスマス2018』

2018年12月9日(日)〜12月25日(月)
会場:神奈川県 横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホール
※ねごととchelmicoの出演日は12月21日(金)

リリース情報

ねごと『SOAK』
ねごと
『SOAK』

2017年12月13日(水)発売
価格:3,100円(税込)
KSCL-3012

1. Dancer in the Hanabira
2. Inside Outside
3. Worldend
4. Saturday Night
5. Fall Down
6. Moon Child
7. Undone
8. All Right
9. Sirius
10. Suichuu Toshi
11. Soramo Toberuhazu

  • Apple Musicで聴く
  • Chelmico『POWER』
    Chelmico
    『POWER』

    2018年8月8日(水)発売
    価格:3,024円(税込)
    WPCL-12909

    1. Power
    2. Player
    3. OK, Cheers!
    4. Get It
    5. BANANA
    6. サマータイム
    7. UFO
    8. E. P. S.
    9. Good Morning
    10. デート
    11. Highlight
    12. 午後
    13. Love Is Over (1UP Version)

  • Apple Musicで聴く
  • プロフィール

    ねごと

    「儚さ」と「力強さ」を兼ね備えた透明感溢れる歌声と詩的歌世界でねごとワールドを表現する蒼山幸子(Vo.&Key)、自らRemixも手がけ、バンドのサウンドクリエイトを全面的に手がける沙田瑞紀(Gt.)、最も小柄ながら踊るようなベースラインでバンドを支える藤咲佑(Ba.)、幾多のアーティストからも客演で呼ばれるほど、卓越した技術とセンスを持つ実力派ドラマー 澤村小夜子(Dr.)からなる4人組。唯一無二の独自の世界観で10代の頃から注目を集め、大型フェスにも多数出演。これまでに、11枚のシングル、2枚のミニアルバム、4枚のフルアルバムをリリース。

    chelmico(ちぇるみこ)

    Rachel(レイチェル)とMamiko(マミコ)からなるガールズラップユニット。2人のリップスライム好きが高じて2014年に結成、2016年に1st Album『chelmico』、2017年9月には、『EP』をリリース。等身大のリリックのおもしろさは勿論、そのかわいらしい容姿から想像を絶するラップスキルと、キャッチ―なメロディーに乗せる滑らかなフロウが音楽業界の全方位から大評価を受け、インディーズリリースするや否やすぐに話題に。さらに、HIP HOPという枠に捉われないPOPセンスと2人の自由気ままなキャラクターが、クリエイターからの注目を集め、新人ながら企業のCMやwebCMのオファーが殺到、音楽のフィールドを超え様々な方面で活動中。注目を浴びるなか、憧れの大先輩リップスライムの所属レーベル、ワーナーミュージック・ジャパンアンボルデから、2018年8月にメジャーデビューアルバム『POWER』をリリース。

    SPECIAL PR 特集

    もっと見る

    BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

    もっと見る

    PICKUP VIDEO 動画これだけは

    LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

    10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

    1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

      ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

    2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

      中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

    3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

      セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

    4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

      『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

    5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

      宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

    6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

      フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

    7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

      『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

    8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

      宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

    9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

      細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

    10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

      小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも