特集 PR

神田莉緒香が語る、SNS時代におけるファンとの理想的な関係作り

神田莉緒香が語る、SNS時代におけるファンとの理想的な関係作り

Eggs
インタビュー・テキスト
沖さやこ
撮影:垂水佳菜 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

アーティストがクラウドファンディングを行うことが、ここ日本でもこの1~2年で急速に増えてきた。アーティストとファンが協力することで、ともに目標を成し遂げる――それはアーティストとファンがひとつのチームになるとも言い換えられるだろう。SNSの登場によって、アーティストとファンが相互にコミュニケーションを容易に取れるようになったことを背景に、今、両者の距離感、関係のあり方に少しずつ変化が生まれてきている。

先日、シンガーソングライターの神田莉緒香が自身2度目のクラウドファンディングを実施することを発表した。10代のときから当たり前にSNSが存在してきた最初の世代とも言える彼女は、アーティスト活動でSNSをどのように使用し、どのようにファンと向き合っているのだろうか? 彼女にとってSNSはファンを増やすためのツールなのか、それとも――。

私のライブや音楽、SNSは普段の生活で背負っているものを降ろせる場であってほしい。

―私が神田さんのライブを初めて観たのは、今年10月に開催された『長岡米百俵フェス』でした。パフォーマンス以外にも、ちゃきちゃきと「神田莉緒香です、『かんだり』と呼んでください!」「SNSやっています、ぜひフォローしてください!」と積極的に呼びかける姿が印象に残っていたんです。

神田:名前が堅苦しいのもあって、初めましての方々の前でライブをするときは、よくMCでそう言っていますね。私は「自分の人柄も含めて仲よくしてください」というスタンスで活動していますし、『米百俵フェス』のステージは10分間だったこともあって、より強くそういうところを呼びかけたところがあるかもしれないです。

神田莉緒香
神田莉緒香

―私も「かんだり」がしっかり刷り込まれて、ライブ終わりにすぐTwitterで検索かけました。

神田:やった!(笑) 私は10代のときにmixiやモバゲーがあって、そのあとTwitterに移行していった世代なので、SNSはとても身近で。やっぱりSNSは反応が返ってくるのがうれしいですよね。

アーティスト活動をはじめてすぐにブログとmixiをはじめて、ほぼ毎日更新してました。初対面でもネット上ではよく知っているので、「ああ、いつもコメントくれているあのアイコンの人!」ってなったり。5年前までGoose houseというグループに所属していていまだにそこで知ってもらった人も多くて、私の活動にとってネットそしてSNSは切り離せない存在ですね。

一方で音楽業界の偉い人たちからはアーティストらしくしたほうがいい、お客さんとの距離感について「近すぎるよ」というようなことを言われることも多かったので「どう距離感を取ったらいいんだろう?」と考えたり、悩んだ時期もありました。

―その悩みから抜け出して今のような活動スタンスに変わったのは、何かきっかけがあったんですか?

神田:物販しているときに「もうすぐ試験があるんです」と話してくれた女の子がいて、「そうなんだ、がんばってね!」と言ったら、次にライブに来てくれたときに「受かったんです!」って報告してくれて。そうすると、私も「やったね、うれしいね!」とお祝いができたりするんです。結局、そういった、お客さんからのリアクションが私の活動のエネルギーの源になっているところがあるので、単純にこれからもできるかぎり接していきたいなって。

逆にお客さんにとっては、私のライブや音楽、SNSは普段の生活で背負っているものを降ろせる場であってほしい。やっぱり、喜んでほしいんです。それがいちばん活動で大事にしていること。だから「近すぎる」とか「遠さ」みたいな距離感のことを最近はあまり考えていないかもしれないですね。

神田莉緒香
神田莉緒香“ここから”を聴く(Apple Musicはこちら

―SNSを戦略的に利用しようと考えず、ナチュラルに生活に組み込んでいるということでしょうか?

神田:本当に普段からこんな感じのテンションなので、SNSもそのままなんですよね(笑)。お客さんと私も、お客さん同士も面白い関係だなと思います。友達でも家族でもないし、職場や学校の先輩後輩でもないんだけど、年齢関係なくお客さん同士で仲がよかったりして、シンプルに「かんだりを介して楽しむ仲間」という気がする。

ひとりでライブに行くのが不安という人も、SNSのハッシュタグとかツイキャスを介することで同じような人を見つけられたりするみたいなんですよね。それで自分の音楽をさらに楽しんでもらえたら、私はとってもうれしい。

Page 1
次へ

アプリ情報

『Eggs』

アーティストが自身の楽曲やプロフィール、活動情報、ライブ映像などを自由に登録・公開し、また、リスナーも登録された楽曲を聴き、プレビューや「いいね」等を行うことができる、アーティストとリスナーをつなぐ新しい音楽の無料プラットフォーム。登録アーティストの楽曲視聴や情報は、「Eggsアプリ」(無料)をダウンロードすると、いつでもお手もとでお楽しみいただけます。

料金:無料
推奨環境:iOS8.2以上(iPhone、iPad および iPod touch)、Android 4.3以上

プロジェクト情報

『KANDAFUL WORLD 拡大計画 Zeppステージ一緒に作っちゃうぞ大作戦』

今回のプロジェクトでは、2019年3月26日にZepp DiverCity(TOKYO)にて開催するワンマンライブ「KANDAFUL WORLD Vol.10」をファンの皆さんと最高の日にするために、“一緒にライブを作り上げる”特別なプロジェクトを立ち上げます!アイテムには、今回のライブ映像を収めた直筆サイン入りのライブDVDやオリジナルサコッシュの他にも、DVDのエンドロールへのお名前掲載、ライブ当日に一緒に楽しめるミート&グリート、季節に合わせてあなたのために贈るバレンタインチョコ&本気告白手紙、さらにはライブステージを一緒に考えられる作戦会議への参加権などスペシャルなアイテムを多数ご用意。皆さんで一緒に最高のライブを作り上げませんか?

プロフィール

神田莉緒香(かんだ りおか)

千葉県出身のシンガーソングライター&ラジオパーソナリティー。ストレートで等身大な歌詞は同世代の子たちを中心に多くの共感をよび、小さな体でがむしゃらに頑張るその姿は、世代を超えたひとたちから熱い支持を受ける。全国47都道府県すべてを1人で周った弾き語り全国ツアーや、その場でお題をもらって直ちに1曲つくってしまう速攻即興ソングで玄人をもうならせたり全方位的に活躍中。5周年最後となる2019年3月26日にZeppDivercityでのワンマンライブが決定!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も 1

    こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も

  2. 野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真 2

    野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真

  3. 『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ 3

    『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ

  4. 高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化 4

    高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化

  5. 『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送 5

    『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送

  6. 宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁 6

    宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁

  7. King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」 7

    King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」

  8. ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM 8

    ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM

  9. 『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示 9

    『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示

  10. 中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生 10

    中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生