インタビュー

デンマークKAOSPILOTにはなぜ多くの起業家が学びに来るのか?

デンマークKAOSPILOTにはなぜ多くの起業家が学びに来るのか?

インタビュー・テキスト・撮影
杉浦太一(CINRA, Inc. 代表取締役)
通訳:岡村彩(ayanomimi)

「You can make a difference」——デンマークのビジネスデザインスクール「KAOSPILOT(カオスパイロット)」の校長、クリスター・ヴィンダルリッツシリウスが取材中、何度も語っていたフレーズだ。「だれでも違いを生み出すことができる」。開校してから25年貫いてきたその信念が、このスクールから輩出された多くの人々を起業家にし、世界にインパクトを与えてきた。

KAOSPILOTは、デンマークの首都コペンハーゲンから列車で3時間ほどの都市、オーフスに拠点を構える。米『Ode Magazine』誌が「世界で最も刺激的なビジネスデザインスクール」と評したこのスクールは、アメリカを中心としたMBAを提供するビジネススクールとは一線を画す、クリエイティビティを軸にしたビジネススクールだ。3年制という、けして短くないカリキュラムに魅了され、世界中から「変化を求めている人、何か変化を起こしたい人」がここデンマークに集まってくる。

今回、KAOSPILOT校長のクリスターと、同校を卒業した日本人で、現在東京を拠点にKAOSPILOTと共にカリキュラム開発などを行う株式会社レアの共同代表・大本綾に話を聞くことができた。

クリエイティブアウトサイダーを、クリエイティブリーダーに変える手伝いをしているんです。(クリスター)

—まず、KAOSPILOTが大切にしている教育ポリシーを教えてください。

クリスター:KAOSPILOTでは、3つの精神を大事にしています。まず、「自己効力感(Self-Efficacy)」です。自分はこの世界に違いを生み出すことができるという自覚です。次に、「回復力(Resilience)」。困難や挫折があったときに、すぐに立ちもどれるしなやかさです。最後に、「不屈の精神(Mental Toughness)」。どんなことがあっても乗り越えられる強さです。これら3つがあれば、世界に変化を生み出すリーダーになれると思っています。

KAOSPILOT校長のクリスター・ヴィンダルリッツシリウス
KAOSPILOT校長のクリスター・ヴィンダルリッツシリウス

—起業家に限らず、なにかアクションを起こす人に必要な精神性ですね。KAOSPILOTのクリエイティブリーダーシッププログラムの構成がとても印象的でした。まず、「It starts with you(自分からはじめよう)」。次に「From me to we(チームを巻き込もう)」、そして、「From ordinary to extraordinary(卓越した成果を生み出そう)」。とても実践的なプログラムステップだと思います。このはじめの「It starts with you」について、具体的にどのような形で学生の主体性を引き出しているのでしょうか?

クリスター:KAOSPILOTのプログラムは、通常のビジネススクールとは真逆の形をとっています。どういうことかと言うと、まずプロジェクトを行います。そしてリフレクション、つまりそのプロジェクトを検証します。最後に、そこから学びとったことを抽象化して自分なりのセオリーを新しく創ったり、すでにあるセオリーと照らし合わせながら学びます。プロジェクト、リフレクション、セオリーという順です。通常はその逆で、まずセオリーを教えます。それにそって、プロジェクトを行う。これが普通の大学やビジネススクールで行われている順番です。

—なぜ、KAOSPILOTはその逆をいくのでしょう?

クリスター:違いを生み出す人を育てるためです。セオリーがわからない状態でプロジェクトを進めると、まずは自分なりに考えて、やってみるしかない。すると、一人ひとり全く違うアプローチになります。ルールやセオリーがないので当然ですよね。つまり、自分だけの思考が生まれる。これが、自分が世界に変化(違い)を生み出せるんだという、自分のユニークネスへの気づきの第一歩になるのです。すべてはまず、自分から。それが、「It starts with you」に込めた想いです。

 

—先生たちは、どういう形で学生のリーダーシップを引き出しているのでしょうか?

クリスター:2つあります。まずは入学したタイミングに、学生のギアを入れることです。メッセージはとてもシンプル。「あなたはここに、変化を生み出したいから来た。そうだよね?」という問いかけです。当然、リーダーになりたいという意志がなければKAOSPILOTに来ようとは思わないわけですが、まずは前提としてこの気持ちを確認する、それが私たちがはじめにすべきことです。

—はじめにブレない軸を作る、と。2つめは?

クリスター:彼らの学びの旅をデザインしてあげることです。個人を理解し、その個性に合わせて最適な学び方を引き出すのが教育者の役割です。900日の旅を、どのようにデザインするか。その人がどんなスキルや経験を身につければ、よりその人らしさを発揮できるかを考えていきます。いわば、クリエイティブアウトサイダーを、クリエイティブリーダーに変える手伝いをしているのです。

—先生の役割は「手伝い」であると。「教える」ではないわけですね。

クリスター:はい。我々は場を作ることが役割です。学生のこうしてみたい、こんなことを試してみたいということをできるようにするための手助けとして、場を提供することに徹しているのです。

デンマーク・オーフスにある、KAOSPILOTが入居するビル
デンマーク・オーフスにある、KAOSPILOTが入居するビル
Page 1
次へ

サイト情報

KAOSPILOT
株式会社レア

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催