インタビュー

デンマークKAOSPILOTにはなぜ多くの起業家が学びに来るのか?

デンマークKAOSPILOTにはなぜ多くの起業家が学びに来るのか?

インタビュー・テキスト・撮影
杉浦太一(CINRA, Inc. 代表取締役)
通訳:岡村彩(ayanomimi)

「You can make a difference」——デンマークのビジネスデザインスクール「KAOSPILOT(カオスパイロット)」の校長、クリスター・ヴィンダルリッツシリウスが取材中、何度も語っていたフレーズだ。「だれでも違いを生み出すことができる」。開校してから25年貫いてきたその信念が、このスクールから輩出された多くの人々を起業家にし、世界にインパクトを与えてきた。

KAOSPILOTは、デンマークの首都コペンハーゲンから列車で3時間ほどの都市、オーフスに拠点を構える。米『Ode Magazine』誌が「世界で最も刺激的なビジネスデザインスクール」と評したこのスクールは、アメリカを中心としたMBAを提供するビジネススクールとは一線を画す、クリエイティビティを軸にしたビジネススクールだ。3年制という、けして短くないカリキュラムに魅了され、世界中から「変化を求めている人、何か変化を起こしたい人」がここデンマークに集まってくる。

今回、KAOSPILOT校長のクリスターと、同校を卒業した日本人で、現在東京を拠点にKAOSPILOTと共にカリキュラム開発などを行う株式会社レアの共同代表・大本綾に話を聞くことができた。

クリエイティブアウトサイダーを、クリエイティブリーダーに変える手伝いをしているんです。(クリスター)

—まず、KAOSPILOTが大切にしている教育ポリシーを教えてください。

クリスター:KAOSPILOTでは、3つの精神を大事にしています。まず、「自己効力感(Self-Efficacy)」です。自分はこの世界に違いを生み出すことができるという自覚です。次に、「回復力(Resilience)」。困難や挫折があったときに、すぐに立ちもどれるしなやかさです。最後に、「不屈の精神(Mental Toughness)」。どんなことがあっても乗り越えられる強さです。これら3つがあれば、世界に変化を生み出すリーダーになれると思っています。

KAOSPILOT校長のクリスター・ヴィンダルリッツシリウス
KAOSPILOT校長のクリスター・ヴィンダルリッツシリウス

—起業家に限らず、なにかアクションを起こす人に必要な精神性ですね。KAOSPILOTのクリエイティブリーダーシッププログラムの構成がとても印象的でした。まず、「It starts with you(自分からはじめよう)」。次に「From me to we(チームを巻き込もう)」、そして、「From ordinary to extraordinary(卓越した成果を生み出そう)」。とても実践的なプログラムステップだと思います。このはじめの「It starts with you」について、具体的にどのような形で学生の主体性を引き出しているのでしょうか?

クリスター:KAOSPILOTのプログラムは、通常のビジネススクールとは真逆の形をとっています。どういうことかと言うと、まずプロジェクトを行います。そしてリフレクション、つまりそのプロジェクトを検証します。最後に、そこから学びとったことを抽象化して自分なりのセオリーを新しく創ったり、すでにあるセオリーと照らし合わせながら学びます。プロジェクト、リフレクション、セオリーという順です。通常はその逆で、まずセオリーを教えます。それにそって、プロジェクトを行う。これが普通の大学やビジネススクールで行われている順番です。

—なぜ、KAOSPILOTはその逆をいくのでしょう?

クリスター:違いを生み出す人を育てるためです。セオリーがわからない状態でプロジェクトを進めると、まずは自分なりに考えて、やってみるしかない。すると、一人ひとり全く違うアプローチになります。ルールやセオリーがないので当然ですよね。つまり、自分だけの思考が生まれる。これが、自分が世界に変化(違い)を生み出せるんだという、自分のユニークネスへの気づきの第一歩になるのです。すべてはまず、自分から。それが、「It starts with you」に込めた想いです。

 

—先生たちは、どういう形で学生のリーダーシップを引き出しているのでしょうか?

クリスター:2つあります。まずは入学したタイミングに、学生のギアを入れることです。メッセージはとてもシンプル。「あなたはここに、変化を生み出したいから来た。そうだよね?」という問いかけです。当然、リーダーになりたいという意志がなければKAOSPILOTに来ようとは思わないわけですが、まずは前提としてこの気持ちを確認する、それが私たちがはじめにすべきことです。

—はじめにブレない軸を作る、と。2つめは?

クリスター:彼らの学びの旅をデザインしてあげることです。個人を理解し、その個性に合わせて最適な学び方を引き出すのが教育者の役割です。900日の旅を、どのようにデザインするか。その人がどんなスキルや経験を身につければ、よりその人らしさを発揮できるかを考えていきます。いわば、クリエイティブアウトサイダーを、クリエイティブリーダーに変える手伝いをしているのです。

—先生の役割は「手伝い」であると。「教える」ではないわけですね。

クリスター:はい。我々は場を作ることが役割です。学生のこうしてみたい、こんなことを試してみたいということをできるようにするための手助けとして、場を提供することに徹しているのです。

デンマーク・オーフスにある、KAOSPILOTが入居するビル
デンマーク・オーフスにある、KAOSPILOTが入居するビル
Page 1
次へ

サイト情報

KAOSPILOT
株式会社レア

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及 1

    ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及

  2. 佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画 2

    佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画

  3. 記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着 3

    記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着

  4. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 4

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  5. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 5

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  6. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 6

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  7. ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン 7

    ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン

  8. 青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント 8

    青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント

  9. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 9

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  10. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 10

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る