特集 PR

30代を迎えた手嶌葵 あこがれの女性に近づくためのステップ

30代を迎えた手嶌葵 あこがれの女性に近づくためのステップ

手嶌葵『Cheek to Cheek~I Love Cinemas~』
インタビュー・テキスト
羽佐田瑶子
撮影:前田立 ヘアメイク:吉田友美(Ant) 編集:久野剛士、山元翔一(CINRA.NET編集部)
2018/12/18

やさしい歌声の奥にある、凛とした強さ。現在の手嶌葵から感じるのは満ち溢れる「生み出すよろこび」、そして自身の道を突き進む「カッコよさ」だ。

幼いころから映画が好きで、音楽のルーツは映画音楽にあるという彼女。これまでも映画音楽のカバーアルバムを発表してきたが、2012年以来久しぶりに映画音楽のカバーアルバム第4弾『Cheek to Cheek~I Love Cinemas~』を発表する。コンセプトは「いま、手嶌葵が歌いたい映画音楽」。10代の女の子から30代を迎えひとりの女性として、道幅や景色がますます広くなったのだろう。彼女は日常に潜むきらめきをとらえ、よろこびを音楽の中に息づかせる。チャーミングに「歌うことが幸せ」と言い切れる手嶌葵の魅力の原点にある、あこがれの人、生き方、考え方。彼女がまなざしを向ける世界を紐解く。

いま、私が歌いたいものを選曲してみたら映画の曲ばかりでした。

—幼いころから、映画がお好きだったんですよね。どんなジャンルがお好きなんですか?

手嶌:ミュージカル映画が大好きで、とくに『パリの恋人』(1957年、スタンリー・ドーネン監督)や『メリー・ポピンズ』(1964年、ロバート・スティーブンソン監督)は数えられないほど何度も見ました。家にビデオテープがたくさんあったので、学校から帰ってくると時間があれば毎日映画を見ていましたね。

気に入ったら何度も見返すので、家族から「もういいよ!」と呆れられてしまうほど(笑)。全編見返すこともあれば、聴きたい歌のシーンだけ繰り返すこともあって、いまは仕事の合間にスマホでよく見ています。

手嶌葵
手嶌葵

—ご家族で映画を見ながら歌うこともあった、と別のインタビューで拝見して驚きました。なかなか珍しい光景だと思うのですが、本当ですか?(笑)

手嶌:珍しいのでしょうか?(笑) 我が家は映画を見ながら歌うことが多かったです。立ち上がって歌うわけではなくて、「ふんふん♪」と鼻歌程度に。ときどき母と目があって、「やっぱりいい歌やね」なんて言い合いながら見ていました。映画を見ていないときでも、私が鼻歌を歌っていると、兄がハモってきてくれることもありますね。

—今回のカバーアルバム『Cheek to Cheek~I Love Cinemas~』にも、幼いころから歌われている曲が入っていますか?

手嶌:はい、幼いころから歌っているお気に入りの曲が多いです。“On The Street Where You Live”(映画『マイ・フェア・レディ』より)や“Tea for Two”(映画『二人でお茶を』より)、“Cabaret”(映画『キャバレー』より)、“Cheek to Cheek”(映画『トップ・ハット』より)もそうですね。新しく覚えたのは“Young and Beautiful”(映画『華麗なるギャッツビー』より)くらいです。

手嶌葵

—だから曲を聴いていて、すっと耳に馴染む心地よさを感じたのかもしれません。手嶌さんの身体に染みついている曲だから、そっと宝物に触れたような柔らかさとよろこびがあって。選曲はどのように?

手嶌:はじめは映画音楽の縛りがなかったんです。お風呂場や鼻歌でよく歌う曲はなんだろうなと曲名を書き出して、スタッフさんたちからもアイデアをいただいて選曲しました。いま、私が歌いたいものを選曲してみたら映画の曲ばかりでしたね。

カッコつけていても意味がないし、中身がついていかないとあこがれの女性には近づけない。

—幼いころから口ずさんでいた歌ばかりと仰っていましたが、いまだからこそ楽しく歌えた歌はありますか?

手嶌:“Diamonds Are a Girl’s Best Friend”(『紳士は金髪がお好き』より)ですね。10代で歌ってもさまにならないと思うのですが、女の子から女性に変化してきたいまだからこそ、チャレンジしたいと思って歌った曲ですね。

—母性のようなものがプラスされた感覚を、たしかに感じました。

手嶌:いろんなモノを受け入れる余裕が出てきたのかなと思います。いままでは「私はこう歌います!」とわがままな部分もあったのですが、20代後半くらいから、一緒にやってくださっているバンドのみなさんの音を聴く余裕が出てきて、「こっちのほうがいいかもよ?」というアドバイスも積極的に受け入れられるようになりました。

バンドのみなさんとは、4、5年ご一緒しているんですね。みなさんが大好きすぎるので、鳴らす音をもっとしっかり聴いて私も変わっていきたい、と思って。前よりもすこし、耳が大きくなれたかなと思います。

手嶌葵

—女の子からひとりの女性へと変化を感じたきっかけは?

手嶌:10周年で制作した『青い図書室』というアルバムの中で、加藤登紀子さんに2曲書き下ろしていただいたんですね。加藤さんはあこがれの存在で、彼女のようなかっこいい歌い手になりたいと思って書き下ろしをお願いしました。

加藤さんからいただいた曲を聴いて、「いまのままだとひょろひょろしていてダメだ。もっと自分の中に信念や覚悟がないと歌えない歌だ」と思って。それでこの2曲を歌うために自分と真剣に向き合って、いろいろと考えたんです。加藤さんからいただいた2曲をきっかけに、もっと素敵な人になりたいという責任感のようなものが芽生えたと思います。

加藤登紀子が書下ろした手嶌葵の“想秋ノート”

—「あこがれ」に近づこうと思っても、答えがなくて難しいですよね。

手嶌:どうするとあこがれの女性のようになれるのか、なかなか難しいですよね。かっこつけていても意味がないし、中身がついていかないと近づけないでしょうし。上辺だけでなくて、声でも説得力を持たせられるようになれたらいいな、と思っていて。

そういうときに、昔は成長したい気持ちがわーっと溢れて先走ってしまうこともありましたけど、いまはリラックスして楽しく歌うことも大事だと思うようになりました。考えることも大事だけれど、今回のアルバムでは好きな曲を自由に歌えて、私なりの女性らしさを出せたかな、と思っています。

加藤登紀子が書下ろした手嶌葵の“白い街と青いコート”

Page 1
次へ

リリース情報

『Cheek to Cheek~I Love Cinemas~』初回限定プレミアム盤
手嶌葵
『Cheek to Cheek~I Love Cinemas~』初回限定プレミアム盤

2018年12月19日(水)発売
価格:5,184円(税込)

[Disc1]
1. Cabaret(映画『キャバレー』より)
2. Diamonds Are a Girl’s Best Friend(映画『紳士は金髪がお好き』より)
3. Cheek to Cheek(映画『トップ・ハット』より)
4. On The Street Where You Live(映画『マイ・フェア・レディ』より)
5. C’est si bon(映画『昼下りの情事』より)
6. Kiss The Girl(映画『リトル・マーメイド』より)
7. Blue Moon(映画『ワーズ&ミュージック』より)
8. Tea for Two(映画『二人でお茶を』より)
9. Young and Beautiful(映画『華麗なるギャッツビー』より)
10. Cheek to Cheek (duet version) Duet with 平井堅
[Disc2]
1. Cabaret(instrumental)
2. Diamonds Are a Girl’s Best Friend(instrumental)
3. Cheek to Cheek(instrumental)
4. On The Street Where You Live(instrumental)
5. C’est si bon(instrumental)
6. Kiss The Girl(instrumental)
7. Blue Moon(instrumental)
8. Tea for Two(instrumental)
9. Young and Beautiful(instrumental)
10. Cheek to Cheek (duet version)(instrumental)

手嶌葵
『Cheek to Cheek~I Love Cinemas~』通常盤

2018年12月19日(水)発売
価格:3,240円(税込)

1. Cabaret(映画『キャバレー』より)
2. Diamonds Are a Girl’s Best Friend(映画『紳士は金髪がお好き』より)
3. Cheek to Cheek(映画『トップ・ハット』より)
4. On The Street Where You Live(映画『マイ・フェア・レディ』より)
5. C’est si bon(映画『昼下りの情事』より)
6. Kiss The Girl(映画『リトル・マーメイド』より)
7. Blue Moon(映画『ワーズ&ミュージック』より)
8. Tea for Two(映画『二人でお茶を』より)
9. Young and Beautiful(映画『華麗なるギャッツビー』より)
10. Cheek to Cheek (duet version) Duet with 平井堅

イベント情報

『手嶌葵 Concert Tour~Cheek to Cheek~』

2018年12月1日(土)
会場:福岡県 福岡国際会議場メインホール

2018年12月22日(土)
会場:東京都 なかの ZERO 大ホール

2018年12月24日(月・祝)
会場:大阪府 メルパルク大阪

2018年1月11日(金)
会場:神奈川県 横浜・関内ホール

プロフィール

手嶌葵
手嶌葵(てしま あおい)

1987年、福岡県出身。「The Rose」を歌ったデモCDをきっかけに、2006年公開のジブリ映画『ゲド戦記』の挿入歌「テルーの唄」と主題歌の歌唱、ヒロイン"テルー"の声も担当しデビュー。その後、2011年公開のジブリ映画『コクリコ坂から』の主題歌も担当。デビュー10周年となる2016年には「明日への手紙」がフジテレビ系月9ドラマ『この恋を思い出してきっと泣いてしまう』の主題歌に抜擢され大ヒット。4月にリリースされたタイアップコレクションアルバム「Aoi Works~best collection 2011-2016~」もロングセールスを記録する中、9月にはセルフプロデュースによる2年ぶりの待望のオリジナルアルバム「青い図書室」をリリース。聴き手を魅了するその類稀なる歌声は、数々の主題歌やCMソングに求められ続けており、近年はライブ活動も積極的に行っている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業