インタビュー

アデルを輩出した芸術学校・The BRIT Schoolから学ぶ芸術の可能性

アデルを輩出した芸術学校・The BRIT Schoolから学ぶ芸術の可能性

インタビュー・テキスト・撮影
杉浦太一(CINRA, Inc. 代表取締役)
通訳:篠崎慶子

「教育かぁ、いいね。あ、そうしたら杉浦くん、The BRIT Schoolって知ってる?」

『WIRED』日本版の前編集長・若林恵と渋谷の居酒屋でCINRAの新たな教育事業の話をしていたとき、彼の口から出てきたのが、「The BRIT School(ブリットスクール)」だった。

発起人は、「5人目のThe Beatles」と言われたThe Beatlesのプロデューサーのジョージ・マーティン。アデルやエイミー・ワインハウスなど、偉大なアーティストを輩出している芸術系の無料の高校がThe BRIT Schoolだ。イギリス・ロンドンの中心から1時間ほどの住宅街の中にあるが、アーティストになりたいイギリスの子どもたちが、ここに通うためにわざわざ家族ごと移住するほど人気がある。

この学校、調べれば調べるほど面白そうだ。これはダメ元でと、若林さんにつないでいただいてお願いしてみたら、取材OKとのこと。

CINRAの新たな教育事業の軸のひとつは、「芸術文化」と決めている。決めてはいるものの、メディアではなく、それが教育という形になったときに、どのような可能性や方法があるのかは検討の余地がある、というか、まだまだ白紙に近い。であればその白紙にどんな色をのせていくべきか。そのヒントを探りに、The BRIT Schoolで校長を務めるスチュアート・ワーデンに話を伺った。

誰もが歓迎されて、誰もがここでクリエイティビティを育むことができる、そういう場所にしたかった。

—今日はインタビューを受け入れてくれてありがとうございます。

スチュアート:実は取材依頼がものすごく多いから、普段はインタビューを受け付けてないんだよ。今回は日本からであること、そして君たちがメディアと教育をテーマにしているということで、受けさせてもらったんだ。

The BRIT Schoolで校長を務めるスチュアート・ワーデン
The BRIT Schoolで校長を務めるスチュアート・ワーデン

—ありがとうございます。どうしてもThe BRIT Schoolの話を聞きたかったので、嬉しいです。では早速質問させてください。CINRAがこれから進めようとしている教育プログラムは高校生、もしくは中高生向けで考えています。この年齢について、スチュアートさんはどうお考えですか?

スチュアート:とても面白い年代だと思うよ。現にぼくも14歳から18歳くらいの人の脳神経科学に注目しているんだ。スキルもぐんぐん伸びる時期だし、政治に対する意識を高めることだってできる。車も持ってないし、結婚も考えなくていいから(笑)、何でもできる時期だよね。自分を考えるためにちょうどいいフェーズだと思う。この年齢の子どもたちに対して、イギリスの教育システムはいろんなことを試みてきて、失敗も多いんだけれども、クリエイティブなアプローチで成功したいい例がThe BRIT Schoolなんだよ。

校内に掲示されている、現在世界で活躍する卒業生アーティストのポートレート
校内に掲示されている、現在世界で活躍する卒業生アーティストのポートレート

—そもそもThe BRIT Schoolは、イギリスの国家戦略の中で生まれた学校と聞いています。設立の経緯を教えてください。

スチュアート:The BRIT Schoolが設立された頃、イギリス政府は市場経済の活性化にとても関心を持っていた。学校教育もビジネスとして運営されるべきで、学校は優秀なビジネスパーソンを育てる場所であるという機運が高まっていたんだ。その流れの一環で、キャリア育成に力を入れた12個の職業訓練校が作られた。多くはエンジニアリングやデザインの学校だったけど、その中で唯一アート系の学校として作られたのが、The BRIT Schoolだったんだ。

—ビジネスを活性化させようという中でアートの学校を作るというのは、とても根気が必要ですよね。

スチュアート:もちろん、国に任せて作られた学校ではないよ。Virgin Groupの創設者であるリチャード・ブランソンと、「5人目のThe Beatles」とも言われたプロデューサーのジョージ・マーティンが、こうした政府の流れを受けて、アートスクールを作るべきだと声をあげたところから、プロジェクトがはじまったんだ。

学生が自由に利用できる、ジョージ・マーティンがプロデュースした音楽スタジオ。本人も存命中、年に何回か足を運び、教鞭をとっていたという。
学生が自由に利用できる、ジョージ・マーティンがプロデュースした音楽スタジオ。本人も存命中、年に何回か足を運び、教鞭をとっていたという。
学生が自由に利用できる、ジョージ・マーティンがプロデュースした音楽スタジオ。本人も存命中、年に何回か足を運び、教鞭をとっていたという。

—とんでもない2人が発起人だったわけですね。

スチュアート:そう。ジョージはまず、学校作りに賛同する人たち、たとえばPink Floydやエリック・クラプトンたちと一緒にライブをして、その収益で学校を設立させたんだ。もちろんアーティストだけじゃなく、彼はレコード業界全体にも大きな影響力を持っていたから、音楽業界を巻き込んで学校設立の推進をしたんだよ。

その当時から、ジョージがポリシーとして掲げていたのは、ともかく自由であり、無料である、ということだったんだ。誰もが歓迎されて、誰もがここでクリエイティビティを育むことができる、そういう場所にしたかった。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

サイト情報

The BRIT School

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

    東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

  2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

    常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

  3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

    異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

  4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

    在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

  5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

    お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

  6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

    シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

  7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

    カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

  8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

    「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

  9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

    「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

  10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

    ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで