特集 PR

なぜ、やんばるで芸術祭? 金島隆弘×孫遜が語るつながりの世界

なぜ、やんばるで芸術祭? 金島隆弘×孫遜が語るつながりの世界

『やんばるアートフェスティバル』
インタビュー・テキスト
内田伸一
撮影:大城亘 編集:石澤萌(CINRA.NET編集部)

目に見えるものではなく、心のなかにこそ真実がある。(孫)

—まだ謎も多いものの、今回の孫さんの試みがとても楽しみになりました。

金島:今回のプログラムはオープニングの1日だけ、この家庭科室を居酒屋にし、料理や飲み物をふるまいます。芸術祭に出現した風変わりな空間として楽しんでもいいし、先ほど話のあったような日本文化と居酒屋の関係、さらに歴史や思想の話まで、いろんな読み解き方もできるものになると思います。ちなみに料理人は孫遜が自ら担当、私も店長として参加し、「安心の居酒屋」を目指します!

居酒屋インスタレーションの会場となる家庭科室。廃校になっても当時の雰囲気を残している。
居酒屋インスタレーションの会場となる家庭科室。廃校になっても当時の雰囲気を残している。

—つまり今日は、実は新しい居酒屋の店長と料理人にお話を聞いてたのですね(笑)。

金島:はい(笑)。なおオープニングの日以降は、ここはその居酒屋の「記念館」になります。記念館というのはいろいろな出来事を再現したり、記録を公開したりして伝える場所ですよね。以降はそうしたかたちをとって、居酒屋として共有された時間を人々に伝える。その方法は、いま孫遜を中心に考えているところです。

:ここはもともと小学校だったけど、いまはもう違う(2016年に4つの村立小学校が統合された結果)。では、ここは一体何なのでしょう? 建物同様、その意味は空洞になっているとも言えます。

そういえば、金島さんとは、伊勢神宮も訪ねましたね。神道の考え方は、そこに何もないけれど神がいると感じるものですが、皆が心のうちに感じているものは、人それぞれ違うものかもしれません。

海に面した赤い屋根の建物が、『YAF』メイン会場となる旧塩屋小学校。
海に面した赤い屋根の建物が、『YAF』メイン会場となる旧塩屋小学校。
『YAF』メイン会場となる旧塩屋小学校

:目に見えるものではなく、心のなかにこそ真実がある。この感性は、日本を含む東アジア文化に共通すると感じます。そこで今回、私はまず自分に問いかけました。「中国出身のアーティストである自分が、ここで日本式の居酒屋を作ろうとしている。それはなぜか? どんなものであったらいいのか?」。

そこには東洋的な文化や哲学も入り込んでくるでしょう。日本のみなさんが思う以上に、日本的なものも現れるのではと思います。そうして生まれる居酒屋は、私がこの地で自分の心を開いてみるようなものです。

孫遜

沖縄にある文脈と、各アーティストの思想のようなものが出会い、表現として現れる。そんな芸術祭にしたいです。(金島)

—沖縄のやんばる地域で開かれる芸術祭という点には、どんな意義を見出していますか?

金島:いま芸術祭は日本各地で開かれていますが、その多くはテーマに合わせて「このアーティスト」「この作品」という感じで出展内容を決め、現地に集めて見てもらうものが多いと感じます。対して『YAF』は去年の初開催時から、いかに地元と協力して芸術祭を作っていくかという姿勢で始まりました。

金島隆弘

—その際、やんばる地域の魅力をどうとらえていますか?

金島:ここには、沖縄のなかでも特に森と島という豊かな自然があります。歴史に目を向ければ、沖縄はかつて琉球として中国、日本、台湾など多くの国や地域と交流してきました。ですから、今回も孫遜のほかに、台湾や、日本でも北海道や鹿児島からのアーティストグループが参加予定です。ここでも、森と島というキーワードはつながりそうです。

—各国アーティストが集う日本の国際展も増えていますが、単なる華やかさや多彩さを超えた独自の意義を探りたい?

金島:東アジアの文化と歴史を巡る興味深いつながりは、ひとつの可能性だと思っています。たとえば『YAF』にはアート部門と共にクラフト(工芸)部門があります。沖縄の焼き物を見ると、そこには朝鮮半島の焼き物文化からの影響も感じたのですが、実際、むこうの焼き釜をこちらに持ってきた経緯もあると知りました。作品体験を通じて、その背景にあるさまざまなことにふれられるんです。アジア諸国の作家を招くのも、各国代表みたいなことではなく、そうしたつながりと、そこから生まれるものを感じられたらという思いがあります。

クラフト部門には陶器をはじめ、沖縄の様々な工芸品が並ぶ(写真は昨年度のもの)
クラフト部門には陶器をはじめ、沖縄の様々な工芸品が並ぶ(写真は昨年度のもの)

金島:台湾のアーティストとは、台湾の昔ながらの生活を学ぶことができる宿泊型ワークショップを実施する予定です。彼らの拠点である台東県は、多民族社会の台湾のなかで、原住民が多い地域ですが、長く続いてきた生活と表現、その延長に彼らの芸術活動もある。そして、やはり美しい森と海と島の風景があって、やんばると重なる部分も感じます。だからこそ、今回ここで協働したいと思いました。作る側も、観る側もこの場所からいろんなことを考える、そんな芸術祭にしたいですね。

台湾・台東
台湾・台東
ワークショップでは、台湾の伝統的な日用品を作ることもできる(写真は別会場で実施されたときの様子)
ワークショップでは、台湾の伝統的な日用品を作ることもできる(写真は別会場で実施されたときの様子)

—沖縄文化の特徴を「チャンプルー文化」と呼ぶことがあります。野菜や豆腐などいろいろな素材を混ぜ合わせて炒める沖縄料理「チャンプルー」になぞらえ、多種多様な文化が交差・成熟したものだとする考え方です。

:その言葉は知りませんでした。でも、ゴーヤーチャンプルーは中国にもほぼ同じものがあるので親しみを感じます。三線の演奏にのせた歌もそうで、まるで私たちの言葉で歌いかけられているかのように、自然に伝わってきました。ですから、あなたが言うチャンプルー文化も、今回の私の作品と通じ合うところはあると思います。

—そうした豊かなつながりの一方でというべきか、さまざまな「境」の交差がときに困難を生んできたのも、沖縄の歴史かと思います。

金島:たしかに。厳しい現実にも目を向ければ、アジア各地で今なおみられる、分断や支配 / 被支配と摩擦の歴史を通じて、この芸術祭をとらえることも可能でしょう。これついては考えもいろいろで、中国にも台湾にも難しい問題が横たわっていますが、自分たちがその内側にいるとかえって気づけないようなことも、異なる視点が入ることで再考できるかもしれません。

—なるほど。

金島:私自身、このやんばるで人々と交流しながら、ここで何ができるかを考えたい。「あの作品はよかったから、ここに持ってきて飾ろう」という進め方ではなく、さっき孫遜が話してくれたような本質的な話を、各参加者たちと一緒に議論しながら進めています。結果、現代の世界や日本、そしてここ沖縄にある文脈と、各アーティストの思想のようなものが出会い、表現として現れる。そんな芸術祭にしたいです。

金島隆弘
Page 2
前へ 次へ

イベント情報

『やんばるアートフェスティバル』
『やんばるアートフェスティバル』

期間:2018年12月15日(土)~2019年1月20日(日)
会場:
沖縄本島 北部地域
大宜味村 大宜味村立旧塩屋小学校(大宜味ユーティリティーセンター)/大宜味村立旧喜如嘉小学校/芭蕉布会館
国頭村 オクマ プライベートビーチ & リゾート
名護市 マリオット リゾート&スパ/カヌチャリゾート/名護市市民会館前アグー像
ほか

プロフィール

金島隆弘(かねしま たかひろ)

1977年東京生まれ。2002年慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修了、ノキア社、株式会社東芝、東京画廊+BTAP、ART iTを経て、2007年よりFEC(ファーイースト・コンテンポラリーズ)設立。FECでは、アーティストの制作支援や交流事業、展覧会の企画等を手掛ける。2014年には一般社団法人芸術と創造を設立し、東アジアの現代美術の調査研究事業を行う。アートフェア東京エグゼクティブディレクター(2010-15年)、アート北京アートディレクター(2015-17年)を経て、現在京都市立芸術大学大学院美術研究科芸術学博士過程に在籍。

孫遜(すん しゅん)

1980年生まれ、中国遼寧省阜新出身。北京在住。2005年に中国美術学院版画学科卒業。翌年、π格動画スタジオを創立。国内外の展覧会に多数参加し、ベルリン映画祭とベネチア映画祭などにも入選。隠喩的な絵、暗黒的手描きスタイル、そして跳躍的なプロットは個性的な視覚的言語である。近年、メディアアートを原点に、視覚的芸術の異なる領域に斬新な試みを始めている。新聞紙、書籍、木版画、水墨、トナー等、違った媒体による効果を探索しつつ、非線形で表す時間、空間概念を自身に対する社会や社会理論の見解と結合し、幻想的且つ現実的な表現を探求している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 1

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  2. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 2

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  3. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 3

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  4. 稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾がAmazon Music日本初テレビCM出演 CM曲配信 4

    稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾がAmazon Music日本初テレビCM出演 CM曲配信

  5. 『グータンヌーボ』7年ぶりに復活、新MC陣に長谷川京子、西野七瀬ら 5

    『グータンヌーボ』7年ぶりに復活、新MC陣に長谷川京子、西野七瀬ら

  6. 映画『空母いぶき』に本田翼、片桐仁、中井貴一、深川麻衣、斉藤由貴ら出演 6

    映画『空母いぶき』に本田翼、片桐仁、中井貴一、深川麻衣、斉藤由貴ら出演

  7. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 7

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  8. 特番『星野源のYELLOW RADIO』再び、ゲストに長岡亮介&銀シャリ橋本 8

    特番『星野源のYELLOW RADIO』再び、ゲストに長岡亮介&銀シャリ橋本

  9. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 9

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  10. 星野源の新曲“Pop Virus”PV公開、リリース間近の新アルバムタイトル曲 10

    星野源の新曲“Pop Virus”PV公開、リリース間近の新アルバムタイトル曲