特集 PR

大西康明と森谷佳永に聞く、意識の外へ想像を広げるアートの見方

大西康明と森谷佳永に聞く、意識の外へ想像を広げるアートの見方

『5RoomsⅡ ― けはいの純度』
インタビュー・テキスト
杉原環樹
撮影:豊島望 編集:宮原朋之、石澤萌

普段、何気なく感じながらも意識を通り過ぎてしまう、生と死や、時間と空間の手触り、ささやかな心の機微などの「目には見えない」もの。そんな言語化が難しい存在をあらためて感じさせてくれる展覧会『5RoomsⅡ—けはいの純度』が、神奈川県民ホールで開催されている。

この展覧会は、過去に美術展の企画経験がなかった担当者が、現代美術に対する等身大の疑問と自身の直感を頼りに、2016年に企画した展覧会の第2弾。5人の作家の作品が「5つの個展」という形式で並ぶ会場構成や、鑑賞者の感覚を問うスタイルはそのまま引き継がれた。

このインタビューでは、表現媒体も世代も異なる作家のなかから大西康明と、展覧会担当者の森谷佳永に話を聞いた。大西はポリシートや接着剤のような、通常は制作過程で使われる不定形な素材を用い、空間の余白や裏側を意識させるインスタレーションを作ってきた作家。今回、彼が大展示室で発表している新作における挑戦、そして、森谷が展覧会に込めた思いとは? 言葉を選びながら静かに語る2人の声に耳を傾けた。

「いいな」と思えるのは、向こうから飛び込んでくる作品。(森谷)

—2016年に開催された前回の『5Rooms』は、言葉によるコンセプトやコンテキストが前面に出がちな現代美術のあり方に対して、作品に向き合った際の感覚の面白さをあらためて問い直すような展示でした。

森谷:この展示企画は、それまで美術と関係のない仕事を担当していた自分が、異動で展覧会を任されたとき、それほど豊かではない過去の美術体験における疑問や実感から考えたものでした。

普通、複数の作家を招く展覧会というと、社会や美術的な意義があるテーマを立て、そこから声をかける作家を選ぶかたちで進むと思いますが、自分の実感を伴うテーマでなければ進めることができなかった。私にとって実感がもてたのが、頭と心、理性と直感が分離しているがために、自分を肯定できず生きづらく感じてしまうという現実でした。このことは美術にも当てはまるのではないかと考えて、思い切って直観を信じ、「心に響くか」という尺度だけで作家を選ぶという方法をとりました。

左から:大西康明、森谷佳永(神奈川県民ホールギャラリー)
左から:大西康明、森谷佳永(神奈川県民ホールギャラリー)

—前回の開催時にもお話を伺いましたが、印象的だったのは、森谷さんが一観客として美術展を観たとき、長文のキャプションを読まないと理解できない、あるいは文章の通りに観ないといけないように感じてしまうという、正直な実感の話でした(参考記事:わかったふりをしていない? 考えずに感じるアート展へようこそ)。

森谷:その感覚は、いまも変わっていません。自分の心が動くのはどんな作品なのかを考えると、それは、理解しようと躍起にならず、リラックスした状態のときこそ、ふと向こうから飛び込んでくる作品でした。

展覧会の集客のことなど下心があると、作品の本質が見えなくなる。一旦それを忘れたとき、自分のなかに残っていた作品が、この会場と展覧会のイメージに結びつく。そんな風に、今回の作家も選んでいきました。

最初は、言葉が無くても成立する作品でありたい。(大西)

—今回、出品作家の大西さんは、どんなきっかけから参加が決まったのでしょうか?

森谷:以前から、大西さんの作品を他の展覧会図録で見ながら、うちのギャラリーの大きな展示室にあいそうだなと思っていました。

大西:2014年に参加した福岡市美術館の『想像しなおし』という展覧会の図録を見ていただいたんですよね。

vertical emptiness (volume of strings) / 福岡市美術館photo: Shintaro Yamanaka
vertical emptiness (volume of strings) / 福岡市美術館photo: Shintaro Yamanaka

森谷:大西さんにお願いした展示室は、地下と地上にまたがる吹き抜けの、とても広い部屋です。『5Rooms』では1作家に1部屋をお任せしますが、この部屋はすごく使い方が難しい。ただ、大西さんの空間の使い方を観たとき、地下から見上げたり、バルコニーから見下ろしたりできるこの展示室は、いろいろ可能性がありそうな気がしました。

—大西さんは国内外で活動されていますが、『5Rooms』という企画に行き着いた森谷さんの現代美術への疑問や思いを、作家としてどのように受け取られましたか?

大西:そういった思いが背景にある展覧会で、大きな部屋を任されるのは純粋に嬉しかったですね。現代美術ではコンテキストやコンセプトが重視される面もありますが、僕の作品はそうした美術のあり方とは異なるものかもしれません。

作家としては、作品について言葉で補ったり、読み解いてくれる人がいるのは嬉しいことです。ただ、少なくとも展示室に入った最初は、言葉が無くても成立する作品でありたいと考えています。

森谷:言葉で説明できるものは頭で納得するけど、そこで終わってしまう。だけどのちのち自分のなかに残って育っていくものは、そういうものではない気がしています。

森谷佳永(神奈川県民ホールギャラリー)
森谷佳永(神奈川県民ホールギャラリー)
Page 1
次へ

イベント情報

『5RoomsⅡ ― けはいの純度』

2018年12月17日(月)~2019年1月19日(土)
会場:神奈川県 横浜 神奈川県民ホールギャラリー
時間:10:00~18:00(入場は閉場の30分前まで)
参加作家:
和田裕美子
橋本雅也
七搦綾乃
スコット・アレン
大西康明
休館日:12月30日~1月4日
料金:一般700円 学生・65歳以上500円
※高校生以下無料、障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名は無料

プロフィール

大西康明(おおにし やすあき)

1979年大阪府生まれ。ポリシートや接着剤などの形に留めにくい素材を用いて、体積や垂直をテーマに空洞や余白を視覚化する。主な展覧会に「世界制作の方法」(国立国際美術館 / 大阪 / 2011年)、「水と土の芸術祭」(新潟市 / 2018年)、「THE MOON」(Louisiana Museum of Modern Art / デンマーク / 2018年)など。

森谷佳永(もりたに かえ)

神奈川県民ホールギャラリー学芸員。企画した主な展覧会に『5Rooms―感覚を開く5つの個展』(2016年)、神奈川県民ホールオープンシアター『富田菜摘展 動物たちのカーニバル』(2016年)、神奈川県民ホールオープンシアター『203gow展 おかしなおかしの家』(2018年)。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. Suchmos、羊文学所属のF.C.L.S.がYouTubeチャンネル開設&謎の動画公開 1

    Suchmos、羊文学所属のF.C.L.S.がYouTubeチャンネル開設&謎の動画公開

  2. 「五輪ファースト」の排除の歴史 記録映画『東京オリンピック2017』8月公開 2

    「五輪ファースト」の排除の歴史 記録映画『東京オリンピック2017』8月公開

  3. 東京事変、児玉裕一監督による“緑酒”PV公開 3

    東京事変、児玉裕一監督による“緑酒”PV公開

  4. 山田孝之主演 Netflix『全裸監督 シーズン2』場面写真が一挙公開 4

    山田孝之主演 Netflix『全裸監督 シーズン2』場面写真が一挙公開

  5. KERA×緒川たまきのケムリ研究室、安部公房『砂の女』研究イベント詳細発表 5

    KERA×緒川たまきのケムリ研究室、安部公房『砂の女』研究イベント詳細発表

  6. カズレーザーの読書トークなど ヱビスがビールと過ごす時間を提案 6

    カズレーザーの読書トークなど ヱビスがビールと過ごす時間を提案

  7. 小林聡美&ともさかりえ&市川実日子&浅丘ルリ子『すいか』Blu-ray発売 7

    小林聡美&ともさかりえ&市川実日子&浅丘ルリ子『すいか』Blu-ray発売

  8. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 8

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  9. 杉本志乃が問う「障害とは何か」 偏見を捨て対峙する人間の本質 9

    杉本志乃が問う「障害とは何か」 偏見を捨て対峙する人間の本質

  10. 世間に誤解されてきた戸川純、貪欲に生き抜いてきた35年を語る 10

    世間に誤解されてきた戸川純、貪欲に生き抜いてきた35年を語る