特集 PR

枝優花×松居大悟対談 エゴサで見る熱い感想が、次を生み出す

枝優花×松居大悟対談 エゴサで見る熱い感想が、次を生み出す

『少女邂逅』
インタビュー・テキスト
羽佐田瑶子
撮影:垂水佳菜 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

今度、枝さんにも舞台やってみてほしいんですよね。(松居)

—映画監督の方は、自分を削って作品を生み出されていますが、その削り方の違いはそれぞれ違うと思います。苦しみながら自分を削って生み出す人もいれば、ポップに軽く生み出せる人もいる。お2人はどのようなタイプですか?

松居:昔と今で少し違いますけど、昔の僕は自分の中の一番ネガティブな部分や見たくない部分を無理やり見つめて、自分をかなり削って作品を生み出していました。でも、それはすごく疲れるんです。そんなことをしていたら表現を嫌いになってしまいそうで。ゴジゲンを休止したのも僕が苦しくなったからでした。

30歳をこえてからは、この人となら命をかけられる、という「人」をベースに作品を作るようになりました。今までは1人で生み出そうとしていたけれど、今は一緒におもしろがれる人たちと作っていきたいと思っています。

撮影:枝優花
撮影:枝優花

—人と生み出すことで広がった世界はありますか?

松居:あります、あります。ゴジゲンも復活して、メンバーとおもしろいことをやろうと思えるようになったし、映画は共に作る人がおもしろがってくれそうなことを提案するのが楽しいです。

:私は結構、自分を削って生み出すタイプで。脚本書く時も1人で喫茶店にこもって、黙々と書いています。

松居:まだ若いから、その方がいいと思う。

:脚本を見せるのって考えていることがバレそうでちょっと照れるんです。でも、最近は信頼できるスタッフさんに脚本を見せると、私以上に真剣に作品のことだけを考えてくれることに感動を覚えました。最初から否定せず、作品のためにどうしたらいいのか考えてくれる仲間がいることはとても心強いです。

撮影:松居大悟
撮影:松居大悟

松居:今度、枝さんにも舞台やってみてほしいんですよね。合うと思います。

:舞台は興味あります。以前、松居さんの舞台をお手伝いさせてもらったことがあったんですけど、すごく大変でした。映像と違って、舞台は何時間も稽古をして構築しなきゃいけない。それと、劇団の方が「台本はまだないけど、とりあえず稽古しましょう」と言っていて、すごく驚きました。「何の稽古をするの!?」って(笑)。

—映像と舞台、それぞれ作る時の向き合い方は異なりますか?

松居:僕の場合は違いがないです。作りたいテーマがあって、物語を作って、稽古をして、その先に撮影があるか上演をするかの違い。

ただ、演劇の方が役者に委ねる要素が断然多いです。今の枝さんは自分の世界観がどんどん強くなっている時期だから、舞台は相反するかもしれないね。舞台を自分の作品として完成させたい気持ちと、演者に魂を託さなきゃいけない難しさ。でもそこから意外な世界が生まれるおもしろさもあるよ。ぜひやってほしい!

Page 4
前へ

リリース情報

『少女邂逅』監督・枝優花 完全監修パッケージ仕様
『少女邂逅』監督・枝優花 完全監修パッケージ仕様(Blu-ray)

2019年1月16日(水)発売
価格:6,264円(税込)
PCXP.50618

『少女邂逅』
『少女邂逅』(DVD)

2019年1月16日(水)発売
価格:4,104円(税込)
PCBP.53868

イベント情報

『みみばしる』
『みみばしる』

2019年2月6日(水)~2月17日(日)
会場:東京都 下北沢 本多劇場

作・演出:松居大悟
音楽監督:石崎ひゅーい
主演:本仮屋ユイカ

プロフィール

枝優花(えだ ゆうか)

1994年3月2日生まれ。群馬県高崎市出身。監督作『さよならスピカ』(2013年)が第26回早稲田映画まつり観客賞、審査員特別賞を受賞。翌年の第27回早稲田映画まつりでも『美味しく、腐る。』(2014年)が観客賞に選ばれる。大学時代から映画の現場に従事し、山下敦弘監督『オーバー・フェンス』特典映像撮影編集、吉澤嘉代子、indigo la End、マカロニえんぴつのMV監督なども務める。その他も、「ViVi」「装苑」などでのスチール撮影、メイキング、助監督とその活動は多岐に渡る。初長編監督となった『少女邂逅』は、2018年3月の香港国際映画祭にも正式出品されて話題作に。6月30日から全国で上映され新宿武蔵野館では9週間のロングランとなった。

松居大悟(まつい だいご)

1985年11月2日生まれ、福岡県出身。ゴジゲン主宰、全作品の作・演出・出演を担う。12年に「アフロ田中」で長編映画初監督。その後「スイートプールサイド」、「私たちのハァハァ」、「アズミ・ハルコは行方不明」など監督作を発表、枠に捉われない作風は国内外から評価が高い。近年は、テレビ東京ドラマ「バイプレイヤーズ」シリーズ、若者たちの1ヶ月間を74分ワンカットで撮った「アイスと雨音」、「君が君で君だ」など。ナビゲーターを務めるJ-WAVE『JUMP OVER』は毎週日曜23時から放送中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『オーシャンズ8』地上波初放送。キャストの魅力や呈示された問いも 1

    『オーシャンズ8』地上波初放送。キャストの魅力や呈示された問いも

  2. サザンオールスターズの横アリ無観客ライブが「特別」だった理由 2

    サザンオールスターズの横アリ無観客ライブが「特別」だった理由

  3. 吉高由里子×横浜流星『きみの瞳が問いかけている』主題歌はBTSが担当 3

    吉高由里子×横浜流星『きみの瞳が問いかけている』主題歌はBTSが担当

  4. 西川美和監督の映画『すばらしき世界』に役所広司、仲野太賀、長澤まさみら 4

    西川美和監督の映画『すばらしき世界』に役所広司、仲野太賀、長澤まさみら

  5. カネコアヤノの「お守り」は何か?「大丈夫」の魔法とあなたの存在 5

    カネコアヤノの「お守り」は何か?「大丈夫」の魔法とあなたの存在

  6. ハルカミライが手にした本当の強さ。ひたむきさを抱き締める歌 6

    ハルカミライが手にした本当の強さ。ひたむきさを抱き締める歌

  7. 石原さとみが笑顔で「おうち、すきや~」 すき家の新CM「おうち」篇放送 7

    石原さとみが笑顔で「おうち、すきや~」 すき家の新CM「おうち」篇放送

  8. 山下達郎、ライブ映像を初配信 「皆さんのおいでをお待ちしています」 8

    山下達郎、ライブ映像を初配信 「皆さんのおいでをお待ちしています」

  9. Suchmosの楽曲“Miree”のライブ映像が期間限定公開 9

    Suchmosの楽曲“Miree”のライブ映像が期間限定公開

  10. 遥海、その歌声は人々の心を震わせる。稀有な人生から溢れ出る歌 10

    遥海、その歌声は人々の心を震わせる。稀有な人生から溢れ出る歌