特集 PR

冬にわかれては「左脳を使ってない感じ」。寺尾紗穂ら3人で語る

冬にわかれては「左脳を使ってない感じ」。寺尾紗穂ら3人で語る

冬にわかれて『なんにもいらない』
インタビュー・テキスト
小田部仁
撮影:松永つぐみ 衣装協力(寺尾紗穂):spoken words project 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

今も「バンドやってます!」って現実感はそんなにない。(伊賀)

—おふたりは、寺尾さんのソロにもサポートとして参加していますよね。そもそも、なぜバンドをはじめたんでしょうか?

伊賀:吉祥寺で、まず一緒に昼飯食ったんだよね。

あだち:そのときに、寺尾さんに「バンドとしてやりましょう」って言われて。でも、ソロも一緒にやっているし、「何が変わるのかなぁ?」って思っていましたね。

伊賀:そうだった、そうだった。あだちくんとメールしたよね(笑)。それがまさか、こんなふうになるとは……。今も「バンドやってます!」って現実感はそんなにないですね。

寺尾:伊賀さんが前に「ベーシストとしてのサポート仕事が多くて、自分で作った曲をただ溜め込んでいて発表する場がない」というようなことを言っていたのを覚えていて。伊賀さんやあだちくんは、根本的には「作る人」だから、作ったものを披露する場を私たちで作れたら、いろんな意味でバランスが取れるんじゃないかなって思ったんですよね。

—おふたりは、寺尾さんの魅力はどんな部分にあると思いますか?

伊賀:そうですね……透明感ですかね(笑)。

寺尾:笑いながら言わないでよ!(笑)

左から:伊賀航、寺尾紗穂、あだち麗三郎
左から:伊賀航、寺尾紗穂、あだち麗三郎

あだち:ふふふ。僕は真面目に(笑)。寺尾さんは、音楽の表現が何かを伝えるためのツールだっていうことを割り切っているところがスゴイですよね。音楽家ってどうしても音にこだわってしまうんですけど、コミュニケーションの一手段として寺尾さんはやってる。そうやって、自分の思いと音楽を直結させてやることって、勇気がいることだと思うんです。

—ソロのときとは何かアプローチは違いますか?

あだち:ソロのときは、僕や伊賀さんはアレンジに関わってないんですよ。レコーディングスタジオに行って、その場でちょっとだけ考えて、パッと録る感じが、いつもの寺尾さんのスタイルなので。バンドだと、もっと凝ったアレンジとかができて楽しいですね。

寺尾:ソロは2人に割り切ってもらうプロジェクトですね。自分のなかでは、曲ってできた瞬間にもうほとんど完成していて。自分のピアノ以外に何か音を入れるにしても、1つか2つ音を足すぐらいで。バンドは、それとは全然違いますね。

寺尾紗穂『楕円の夢』(2015年)収録曲

寺尾紗穂『たよりないもののために』(2017年)収録曲

寺尾:やっぱり私のソロを聴いてくれる人って、歌詞をよく聴く人だと思うんです。私自身、歌詞は大事にしています。確かにあだちさんが言ったとおり、言葉が第一で、それを伝える最低限の手段としてピアノがあって、歌いたいことがあるから歌うって感じだったんですね。音楽として、曲として、それを育てていく感覚はバンドならではだと思いますね。

—もっと有機的に関わり合いながら、それこそ3人で「創作」していく場ということですか?

寺尾:そうですね。“月夜の晩に”とかは、そのプロセスが逆に大変でしたね。普通に自分が1人で弾き語りするのは簡単なんですよ。でも、冬にわかれてはベースがいるから、あんまり左手を弾きすぎちゃうとダメで。

寺尾紗穂
寺尾紗穂

伊賀:“おかしなラストプレイ”とか面白かったな。いろんなリズムとか構成を試して、小節の長さとかも変えて、演奏してみたんですけど。結局、最初に寺尾さんが持ってきた形に落ち着いて。いろいろやったけど、そうなった……っていうのがよかったんですよね。

寺尾:あの曲は思い出深いね。あだちくんが「この辺で、ピアノで何かできない?」とかアイデアをくれて、いろいろ考えてやってみたんです。完成したものを聴いてみたら、その指摘してくれた部分がすごく曲を引き立ててくれていて、驚きました。弾き語りで完成している曲を一度解体して、バンドで作り直していくというような感じでした。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

『なんにもいらない』
冬にわかれて
『なんにもいらない』(CD)

2018年10月17日(水)発売
価格:3,024円(税込)
PCD-28041

1. 君の街
2. 耳をすまして
3. 白い丘
4. おかしなラストプレイ
5. 月夜の晩に
6. 冬にわかれて
7. 甘露日
8. なんにもいらない
9. 優しさの毛布でわたしは眠る
10. 君が誰でも

イベント情報

『冬にわかれて ライブ』

2019年2月4日(月)
会場:愛知県 得三

2019年3月23日(土)
会場:東京都 ROUTE89 BLDG. 1F/ROUTE BOOKS向かい工房

2019年3月24日(日)
会場:兵庫県 旧グッゲンハイム邸

2019年4月21日(日)
会場:新潟県 高田世界館

プロフィール

冬にわかれて

『楕円の夢』『たよりないもののために』など揺るぎない名盤を生み出し続け、リリース毎に作品が注目されるシンガー・ソングライター、寺尾紗穂(Vo,Pf)、細野晴臣や星野源、ハナレグミなどさまざまなアーティストのサポートを務めるベーシスト、伊賀航(Ba/lake、Old Days Tailor)、片想いの一員であり、鈴木慶一やHeiTanakaといったアーティストのサポート、その他プロデュースやレコーディングからソロ活動までこなすマルチ・プレイヤー、あだち麗三郎(Dr,Sax/あだち麗三郎と美味しい水)の3人から成るバンド、冬にわかれて。寺尾紗穂の最新アルバム『たよりないもののために』とほぼ同時にリリースされた2017年のデビュー7インチシングル「耳をすまして」(カップリングの「優しさの毛布でわたしは眠る」共に新たなミックスで本作に収録)で注目を集めた彼らがついに1stアルバムをリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図