特集 PR

『高校生RAP選手権』優勝者HARDY 「余裕」が人生を変えた

『高校生RAP選手権』優勝者HARDY 「余裕」が人生を変えた

LINE RECORDS
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:西田香織 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

2018年、日本の音楽シーンにおいて最もエポックメイクな瞬間のひとつと言える、武道館ワンマン公演を成功させた神奈川県川崎市のヒップホップクルー、BAD HOPのT-PABLOWも、その出自に持つ『BSスカパー! BAZOOKA!!!高校生RAP選手権』。その第14回大会で見事優勝を果たし、「LINE RECORDS賞」も受賞したのが、大阪の西成に拠点を置く2000年生まれのラッパー、HARDY(ハーディ)だ。

今回、そのHARDYに単独インタビューを行うことができたのだが、「まだ若いのに……」なんて枕詞をつけたり、そもそも年齢で語ること自体が失礼に感じられるほど、彼の思考と言葉は明晰だ。高校を1年生で中退し、ラップ一筋で生きてきた彼は、様々な街やクラブで、そしてMCバトルを通して人と出会い、自分を見つめてきた。HARDYは、この世界で生きることの不自由さを理解しながら、それでも自由であろうと、自分自身であろうとする。そのために彼が選んだ手段がラップだったのだということが、彼の言葉から、わかっていただけるだろう。

僕は、みんな「社長になりたい」って思うべきやと思うんです。

—まず、少し時間は経ってしまいましたが、『BSスカパー! BAZOOKA!!!第14回高校生RAP選手権 in NAGOYA』(以下、『高校生RAP選手権』)での優勝おめでとうございます。

HARDY:ありがとうございます。第11回、高1のときから4回出ているんですけど、「やっと獲れたなあ」っていう感じですね。でも、獲れる気はずっとしていたので、諦めないでよかったです。

—HARDYさんにとって、『高校生RAP選手権』とは、どのような場だったのでしょう?

HARDY:『高校生RAP選手権』には「高校生」ってタイトルについているけど、僕は高校1年生で学校を辞めているんですよ。だから、同い歳と集まってMCバトルをするっていうのは、ある意味、僕の中では「学校」のような場所でしたね。こういう感覚で臨む人は、あんまりいないと思うんですけど。高1から高3の年齢まで出場して、最後に優勝できたっていうのは、卒業前の文化祭でひとり勝ちした気分です(笑)。

HARDY
HARDY

—差支えなければでいいんですけど、なぜ高校は中退されたんですか?

HARDY:めちゃくちゃ自分がだらしなかったからです(笑)。端から行かなければよかったなっていう感じなんですけど。あと、ひたすらに先生が嫌いでした。「こいつ、なに言ってんねや」ってずっと思ってたし、そいつに教えられている自分もイヤでしたね。

1回、同級生に巻き込まれて停学になったことがあって。僕はまったく悪くない出来事だったんですけど、悪いやつと一緒の罪で、同じくらいの期間自宅謹慎になったんです。でも一番悪いやつが「課題をやっていたから」っていう理由ですぐに学校に帰ってくることができて……「なんでなん?」って。そこから、高校に行かなくなりました。制服だけ着てコンビニまで行って、コンビニの前で死ぬほどYouTube見たり、地元の西成から難波のブックオフまで行って、延々マンガ読んだり、映画見たり。親にもバレてなかったんですけど……バレてたんすかね?

—どうだろう(笑)。親は敏感ですからね。

HARDY:じゃあ、バレてるかもしれないっすね(笑)。……まあ、そんな時期があった結果、「俺、もう学校いらんな」ってなって。でも、まったく後悔はしていないんですよ。「学校、行っとけばよかった」って思ったことは一度もない。お母さんには謝りたいけど、いつか恩返しできればいいなって思うんです。

逆に、学校行ってるヤツらには、「お前ら、よう学校とか行けてんなあ」って思います。そう思っちゃうくらい、自分の価値基準がラップ中心なんです。「こいつ、金は持ってるけど、ラップは下手やから俺の勝ちやな」みたいな。ラッパー以外には人間として負けているので腰低いし、助けてほしいなって思いますけど、相手がラッパーだったら、いくら先輩でも自分のほうがラップ上手かったら大口叩けるなって思っていて。

 

—「自分はなにを軸にして生きていくのか?」ということが、HARDYさんにはすでに明確にあるということですよね。

HARDY:そうっすね。この日本で「ミュージシャンになりたい」とか「ラッパーになりたい」なんて目標を持つことのほうが本来はおかしいと思うんですよ。みんなが同じように勉強を教えられて、「お前らはこういう人間になるべきなんやぞ」って言われ続けているので。でも、それって僕は洗脳やと思うんです。だから僕は、みんな「社長になりたい」って思うべきやと思うんです。

—社長?

HARDY:「自分自身が、自分にとって一番」っていうことですね。自分の中の一番になれない、プライドを消さなきゃいけないようなことは、したくないんです。自分で目標を持って、やりたいことをやっている人が一番かっこいいなって思うので。

それってただのわがままなんですけど、わがままを貫き通したらかっこいいですよね。僕も「働け」って言われることもありますけど、「いや、俺ラッパーやし、『高校生RAP選手権』のチャンピオンやし」って思う。就職のことなんて考えたくないし、考えなくてもいいように、いまがんばってるんです。

HARDY
Page 1
次へ

リリース情報

HARDY『ARE YOU READY』
HARDY
『ARE YOU READY』

2018年12月12日(水)配信

プロフィール

HARDY(はーでぃー)

2000年大阪生まれ。高校一年生の時に活動を始めるが中退。そんな時に『第11回高校生RAP選手権』のオーディションを受け見事合格。結果は残せなかったものの、自身初の作品を一二三屋から「After Kissin」をリリース。大阪のストリートを中心にLIVE活動を全国に広げる。2018年4度目の出場として、『第14回高校生RAP選手権』で見事優勝。「LINE RECORDS賞」を受賞。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

東京ゲゲゲイ“KIRAKIRA 1PAGE”

ダンスのみならず多角的な活躍を見せる東京ゲゲゲイが“KIRAKIRA 1PAGE”のMVを公開。作詞作曲はリーダーのMIKEYが担当した他、作曲には新進気鋭のトラックメイカー・MATZも参加。これまでのキテレツさや妖艶さを押し出された作品とは打って変わって、爽やかで切なさを感じさせるMVとなっている。5人が勢ぞろいして一糸乱れぬダンスを見せる終盤の展開は圧巻。是非、最後の最後まで鑑賞してほしいMVだ。(中田)

  1. 菅田将暉が語る、芸術文化への問題意識。米津らと共有する価値観 1

    菅田将暉が語る、芸術文化への問題意識。米津らと共有する価値観

  2. BTSの映画『BRING THE SOUL: THE MOVIE』予告編公開 上映館や前売情報も 2

    BTSの映画『BRING THE SOUL: THE MOVIE』予告編公開 上映館や前売情報も

  3. 『音楽の日』に三浦大知、嵐、IZ*ONE、欅坂46、椎名林檎、WANIMAら登場 3

    『音楽の日』に三浦大知、嵐、IZ*ONE、欅坂46、椎名林檎、WANIMAら登場

  4. 山田孝之「踏んづけて!」 AV監督村西とおるの半生描く『全裸監督』予告編 4

    山田孝之「踏んづけて!」 AV監督村西とおるの半生描く『全裸監督』予告編

  5. 米津玄師やあいみょんの映像を手掛ける山田智和、初個展『都市の記憶』開催 5

    米津玄師やあいみょんの映像を手掛ける山田智和、初個展『都市の記憶』開催

  6. ハイバイ岩井秀人が語る演劇と小金井 23区外が持つオルタナ精神 6

    ハイバイ岩井秀人が語る演劇と小金井 23区外が持つオルタナ精神

  7. 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』場面カット公開、新キャラ登場 7

    『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』場面カット公開、新キャラ登場

  8. サカナクション“モス”PV公開、深田恭子主演ドラマ『ルパンの娘』主題歌 8

    サカナクション“モス”PV公開、深田恭子主演ドラマ『ルパンの娘』主題歌

  9. 「うんこミュージアム TOKYO」お台場に8月オープン、テーマ曲はtofubeats 9

    「うんこミュージアム TOKYO」お台場に8月オープン、テーマ曲はtofubeats

  10. 松岡茉優×松坂桃李×森崎ウィン×鈴鹿央士 映画『蜜蜂と遠雷』予告編公開 10

    松岡茉優×松坂桃李×森崎ウィン×鈴鹿央士 映画『蜜蜂と遠雷』予告編公開