特集 PR

Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

Spangle call Lilli line『Dreams Never End』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:高橋一生(sui sui duck) 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

結成20周年を迎えたSpangle call Lilli line。ポストロックやギターポップ /ネオアコを背景に、生演奏とポストプロダクションを融合させたアレンジメントと、独自の言語感覚を持った大坪加奈の歌を組み合わせることで、唯一無二の日本語ポップスを構築してきた真のオリジネイターである。また、藤枝憲はデザイナー、笹原清明はフォトグラファーとしても活動し、マイペースにライブを行う一方で、まったく音楽性の異なる2枚のアルバムを連続で発表したりと、既成概念に縛られない自由な活動スタンスも特筆すべき。そのクリエティブな姿勢は世代を超えた数多くのアーティストからの支持を獲得している。

約3年ぶりとなるニューアルバムは『Dreams Never End』。20年の歩みのなかで精緻に磨き上げてきた空間や配置の美学というのは、未だに新鮮さを失うことなく、むしろ2010年代も終わりを迎えようとしている今だからこそ、さらに輝きを増しているようにも思う。そして、やはりこのタイトルがグッと来る。引用元であるJoy DivisionからNew Orderへの歩みを連想させるのがひとつの理由だが、それだけではない。過去の「音楽は趣味」という言葉がときに一人歩きし、ドライにも捉えられかねなかった藤枝の本質的な部分がストレートに反映されていることこそが、何よりも感動的である。藤枝にとってのSpangle call Lilli lineという存在は、いつまでも追い求めてやまない夢なのだ。

自分たちがやりたいことをやってきただけで、スパングルは全方位に好かれようとはしてこなかった。

—20周年のタイミングでアルバムを出して、大きな会場でライブをしようというのは、前々から計画していたのでしょうか?

藤枝:「20周年」っていうのは頭の片隅にありましたね。それに、3年に1枚アルバムを出すくらいのサイクルがちょうどいいって最近思っていて、タイミング的にもかみ合ったというか。だから、取り立ててということではないんだけど、「20周年」っていうこと自体はすごく意識してました(笑)。

藤枝憲(Spangle call Lilli line)
藤枝憲(Spangle call Lilli line)

—『Dreams Never End』というアルバムタイトルはどのように決まったのでしょうか?

藤枝:New Orderの1stアルバム(1981年発表の『Movement』)の曲名から引用したんですけど、Joy Divisionがああいう形でメンバーを亡くして、それでもやるんだってNew Orderを立ち上げて発表したアルバムの1曲目なんですよね(Joy Divisionはボーカルのイアン・カーティスの自死によって解散、New Orderは残されたメンバーによって結成された)。

僕ら的にも本当にそういう気分というか。20年やってきたけど、まだ全然これからスタートっていう気持ちがある。バンドを続けることが目的になるのは違うと思うんですけど、僕らにはやりたいことがまだまだあるんですよね。櫻木さん(Spangle call Lilli lineの所属レーベル「felicity」代表)が毎回資料にキャッチをつけてくれてて、今回の「終わらない夢を歌うように(わずかに)」って、本当にそんな感じなんです。

—「(わずかに)」というフレーズは“nano”(2003年発表の『or』収録曲)の歌詞から取られていて、毎回キャッチコピーは違うんだけど、この「(わずかに)」だけはずっと残ってるんですよね。

藤枝:「(わずかに)」って本当にスパングルの美学だなって思うんですよ。J-POPとかJ-ROCK的なものとはずっと距離を取ってきたけど、「(わずかに)」っていう言葉にそのトーンマナーが全部詰まっているというか。

藤枝憲

—その結果として、過去にCINRA.NETで対談したチャットモンチー(参考記事:チャットモンチーが紐解く、Spangle call Lilli lineの謎)や、オフィシャルサイトで対談したindigo la Endのように、下の世代にもちゃんと影響を与えているわけですしね。

藤枝:「好きです」って言ってもらえるのはすごくありがたいです。でも、結局は自分たちがやりたいことをやってきただけで、Spangle call Lilli line(以下、スパングル)は全方位に好かれようとはしてこなかった。全方位に目を配らせてやっていくと、角がなくなって、丸くなっていくから、リスナーとの接点は増えても、表現として均一化しちゃうんですよね。

スパングルは趣味趣向が偏ってはいるけど、それをひたすら磨いていった結果、切っ先がどんどん鋭くなっていった。今はそういう時代だとも思っていて、全方位に丸くするより、切っ先だけ伸ばしていくほうが届くし、刺さると思うんです。その結果として、「大学生のときから聴いていました」っていう30代のミュージシャンとか、「最近知りました」っていう10~20代のミュージシャンがいるのはすごく嬉しい。

Page 1
次へ

リリース情報

Spangle call Lilli line『Dreams Never End』(CD)
Spangle call Lilli line
『Dreams Never End』(CD)

2019年1月9日(水)発売
価格:2,916円(税込)
PECF-1166 / felicity cap-301

1. red
2. lay low
3. so as not to
4. still three
5. touei
6. sai
7. toss out it
8. give each other space
9. mio
10. tesla
11. therefore(ボーナストラック)

イベント情報

Spangle call Lilli line
『This time of night ~SCLL LIVE 20th Anniversary~』

2019年4月20日(土)
会場:大阪府 umeda TRAD
料金:前売4,500円(ドリンク別)

2019年4月27日(土)
会場:東京都 EX THEATER ROPPONGI
料金:1階スタンディング4,500円 2階座席指定5,000円(全てドリンク別)

プロフィール

Spangle call Lilli line
Spangle call Lilli line(すぱんぐる こーる りり らいん)

1998年結成。メンバーは大坪加奈、藤枝憲、笹原清明の3人。今までに10枚のアルバム、2枚のシングル、3枚のライブアルバムと、ベストアルバム2枚をリリース。数々のコンピレーションアルバムなどにも参加。ボーカル大坪加奈による「NINI TOUNUMA」名義のソロや、藤枝&笹原による「点と線」名義でのリリース、国内外のアーティストの作品への参加など、サイドプロジェクト等も精力的に活動。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場 1

    『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場

  2. マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』 2

    マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』

  3. 坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演 3

    坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演

  4. 『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録 4

    『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録

  5. GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力 5

    GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力

  6. 星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う 6

    星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う

  7. 伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売 7

    伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売

  8. 北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開 8

    北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開

  9. 映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋 9

    映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋

  10. Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を 10

    Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を