特集 PR

タカハシマイが体現する、美しい女性。弱さをひっくり返してきた

タカハシマイが体現する、美しい女性。弱さをひっくり返してきた

ソニー「WI-C600N」
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:豊島望 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

Czecho No Republicにとっての2018年は、バンド始まって以来の苦難と、それを乗り越えた先の歓喜を、同時に味わった1年だったといえるだろう。

5thアルバム『旅に出る準備』を3月にリリースし、「5人になって5周年」をテーマに掲げた記念ライブを行うはずだった、その矢先に訪れた「メンバー脱退」という事実。そこから体制を整え、4人組バンドとして再スタートを切るまでは、計り知れない苦悩や葛藤があったはずだ。

これまでCINRA.NETでは彼らの取材を何度も行ってきたが、タカハシマイの単独インタビューは初めて。ミュージシャンとしてだけでなく、ファッションモデルやテレビ番組のMCなど引っ張りだこの彼女は、輝くような笑顔がチャームポイントであり、バンドを引っ張っていく太陽のような存在だ。しかし、今の笑顔を手に入れるまでには、大きな挫折や試行錯誤があったという。タカハシのライフストーリーを深掘りすると、彼女の意外なパーソナリティーと、「音楽」がいかに彼女の日々を彩ってきたのかが見えてきた。

父子家庭に対するコンプレックスがあって、「私にはロックしかない!」って閉鎖的になっていったんです。

—Czecho No Republic(以下、チェコ)の紅一点であり、ファッションモデルとしても活躍しているタカハシさんですが、意外にも男勝りというか。決断力や実行力も人一倍あって、高校卒業後は「フリーターになって音楽をやろう」と、お父さんになにも言わず上京を決めたそうですね。

タカハシ:そうなんです(笑)。私は小さい頃から歌が好きで、将来は「歌を歌う人になりたい」とずっと思っていて。すでに高校時代から、軽音楽部のある学校に入ろうと、地元から少し離れたところに通っていたんです。

高校卒業後の進路を決める段階になって、きっと親は普通に就職してほしかったんだろうなと思ったんですけど……。ちょうどその頃はバンドに夢中で、椎名林檎さんのライブDVDを見たときに、めちゃめちゃかっこよすぎて泣けたんですよね。

—椎名林檎さんは、特にどの曲が好きですか?

タカハシ:ぱっと思いつくのは“茎(STEM)”ですね。もう鳥肌が立つくらい美しくて。こんなにかっこいい人がいて、自分は足元にも及ばない存在だよな……ってすごく思いました。でも、やっぱり音楽を諦めたくなくて。親の期待を背中で感じつつも、就職や進学をせず、音楽をやっていこうと決めました。

タカハシマイ。ソニーのワイヤレスインイヤー「WI-C600N」を着用。ソニーのサイトでは、インタビューとタカハシマイの手書きメッセージを特別公開中
タカハシマイ。ソニーのワイヤレスインイヤー「WI-C600N」を着用。ソニーのサイトでは、インタビューとタカハシマイの手書きメッセージを特別公開中(サイトを見る

—周囲が就職や進学を決めていく中、自分だけ違う道へ進んでいくことへの不安はなかったですか?

タカハシ:なかったと思います。同じくらいの時期に古着にもハマって。雑誌『Zipper』に載っている見たことないような奇抜な服装やメイク、髪型に「わあ!」ってなって、すごくしっくりきたし、「私もこんな格好がしたい」と思ったんですよね。とにかく、人と違う音楽を聴きたいし、人と違うものを身につけたいと思っていました。

タカハシマイ

—目立ちたがり屋の一方で、人見知りであがり症の面もあると聞きました。

タカハシ:人見知りは多分、中高校生くらいから始まりました。それまでは超明るかったし、誰に対しても「変顔」しまくって笑わせるみたいな結構ヤバイ子だったんですけど(笑)、高校生くらいから父子家庭に対するコンプレックスというか、父親に対しての不満が爆発して。それが思春期とちょうど重なり、「私にはロックしかない!」みたいに(笑)、どんどん閉鎖的になっていったんです。

タカハシマイ
Page 1
次へ

ウェブサイト情報

Love Music interview
Love Music interview

タカハシマイのインタビューが、本人の手書きメッセージとともに特別公開中。

商品情報

「WI-C600N」
「WI-C600N」

2019年1月26日(土)発売予定
価格:オープン価格

プロフィール

Awesome City Club
タカハシマイ

バンド「Czecho No Republic」のギター / シンセサイザー / ボーカル担当。2013年に日本コロムビアよりメジャーデビュー。カラフルでポップでファンタジックなサウンドに、男女のボーカル、多重コーラスが織り成す多幸感溢れる楽曲・ステージは必聴必見。テレビ東京『音流~ONRYU~』MC担当。2019年2月からは、松居大悟作・演出、本仮屋ユイカ主演舞台『みみばしる』に出演する。2019年春にCzecho No Republicの新EPリリース決定!5月からは全国10箇所を回る、ワンマンツアー『ツアーオデッセイ〜未知との遭遇2019〜』を開催。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察