特集 PR

努力してできないことはない。高校生R&BシンガーKAHOHの夢

努力してできないことはない。高校生R&BシンガーKAHOHの夢

LINE RECORDS
インタビュー・テキスト
沖さやこ
撮影:垂水佳菜 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

「歌はやめたほうがいい。いちからやり直したほうがいい」ってボロボロに言われたこともあった。

—オーディション合格時に「たくさん悩んだ時期があった」とコメントしていらっしゃった時期もそうでしたか?

KAHOH:そうですね。中学3年の時期、めっちゃたくさんオーディションを受けて、全部いいところまでいって落ちてたんです(笑)。「歌はやめたほうがいい。いちからやり直したほうがいい」ってボロボロに言われたこともあって……それがいちばん悔しかったかも。たくさん泣きました。

「自分は人の心に届く歌を歌うことができない」「自分なんかの歌、誰も聴かない」と思った時期もあって。でも歌うことをやめることはできなかった。

—その理由は?

KAHOH:歌うことが好きだし、なにより歌は自分そのものなんですよ。だから歌うことをやめたら自分がいなくなっちゃう。ちゃんと歌を歌う人でありたいんですよね。

KAHOH

—KAHOHさんが好きな宇多田ヒカルさん、安室奈美恵さん、MISIAさんなどの女性シンガーは、2001年生まれのKAHOHさんが生まれる前から活躍している方々ですよね。上の世代の音楽を好む若い人たちはよく「お母さんがカーステで聴いていたから好きになった」とおっしゃることが多いですが、KAHOHさんは?

KAHOH:私の趣味です(笑)。ダンスの先生がMISIAさんを教えてくれて。それから、自分でYouTubeとかでめっちゃ調べて。関連動画でいろんなアーティストがたくさん出てくるから、2000年頃の曲をたくさん聴きました。その時代の音楽のリズム感がすごくかっこよくて好きなんです。

—KAHOHさんに限らず、今の10代、20代の方々は、昔の音楽をよく知っているなと思いますが、それにはインターネットの発達も大きく関係していると。

KAHOH:YouTubeとかストリーミングで音楽を聴いてきてるので、好きなアーティストという単位というか、曲単位で「これが好き」ってパターンがすごく多いんです。おまけに、昔の音楽に触れやすいんです。でもCDしかない時代だとそうはいかないですよね。

—その結果2000年頃の音楽に辿り着いて、興味が出てきたんですね。

KAHOH:今の音楽を否定するわけじゃないんです。でもこの時代は歌詞やグルーヴも「音楽」って感じがすごくするし、濃いように感じました。

今はSNSがあるから、アーティストと一般人の距離もすごく近いじゃないですか。宇多田ヒカルさんもMISIAさんも安室さんも、存在としてはすごく遠いですよね。でも音楽はすごく近くにいてくれる。音楽が本物で、リアルな感じがして、すごく好きなんです。こういう音楽をやっているからこそ、遠い存在になれたんだなとも思うんですよ。だからいろんな人が憧れる存在になるんだろうなって。

—KAHOHさんの言う「本物感」や「リアル」とは、どういうものでしょう?

KAHOH:超個人的な意見なんですけど、プライベートが一切見えなくて「その人のことを歌でしか知れない」って感じ。それがすごくかっこいいなと思うんです。

わからないから想像するじゃないですか。想像させる音楽をやっているのがかっこいい。SNSでその人のことを知るのは親近感が湧くけど、音楽=その人って感じるのが、すごくリアルだなと思うんです。その人の感情が音楽に乗っていて、すごく正直。……なんて言ったらいいんだろう、難しい(笑)。遠い存在なのに、音楽はリアルで近いのがかっこいい。

—お話を伺っていると、宇多田ヒカルさんやMISIAさんや安室奈美恵さんに憧れているというよりは、彼女たちが成し遂げていることをできるようになりたい、ということ?

KAHOH:そうです! 音楽としても存在としても、そういう唯一無二なところがかっこいい。カリスマですよね。そういうことができる人ってかっこいい! 私もかっこいいと思ってもらいたいんです(笑)。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

KAHOH『HERE WE ARE』
KAHOH
『HERE WE ARE』

2019年2月6日(水)配信

プロフィール

KAHOH
KAHOH(かほ)

現役高校生R&Bシンガー。2001年生まれの17歳。地元和歌山で4歳からダンスを始め、中学生から本格的に歌うことに目覚める。2018年に開催されたオーディションで才能を見出され、MACOらが所属するSTARBASEとマネージメント契約をする。透明さと力強さを兼ね備えた歌声で、大阪など関西でライブを中心に勢力的に活動中。2019年、LINEの音楽レーベル「LINE RECORDS」からのデビューが決定。2月6日にデビュー曲「HERE WE ARE」を配信リリースする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材