特集 PR

箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る

箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る

FiNANCiE
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:豊島望 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

個人が夢を叶えるための新しいネットワークサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」が3月7日よりスタートした。

FiNANCiEは、スタートアップ起業が出資者から資金提供や業務提携を受けながら事業を拡大していくのと同じように、達成したい夢を持つユーザー(ヒーロー)と、資金やノウハウを提供してくれる人(ファンやヒューマンキャピタリスト)との、ファンエコノミー時代のまったく新しいコミュニティサービスである。たとえばミュージシャンになりたい人、YouTuberに憧れている人、アスリートを目指す人が、株式会社の「株」にあたる「個人トークン」を発行し、それを購入した人はヒーローの人気が上がりトークンが価値上昇すると経済インセンティブを得られる可能性が生まれる、という仕組みだ。

「承認欲求の次は『自己実現』」と語るのは、モバイルゲームとVR / ARの会社gumiの会長であり、FiNANCiEの創業者・國光宏尚。SNSによって承認欲求が加速し、昨今は「バイトテロ」や「炎上」など様々な問題が次々と起こるなか、新しいSNSは我々にどんな世界を見せてくれるのだろうか。

CINRA.NETでは、編集業界の風雲児として様々なヒット作を生み出す幻冬舎の箕輪厚介と、國光の対談を、前編 / 後編に分けてお届けする。

「いいね」が欲しいために偽りの写真を上げる「フェイクライフ」は、そろそろしんどいと思うんですよね。(國光)

—お二人の交流は結構長いんですか?

箕輪:実はつい最近、共通の知人に紹介していただいたばかりなんですよ。もちろん存じ上げてはいましたけど、近い位置にいながら住んでいるところが違うというか。僕は普段ガチの起業家というより、「芸能界寄りの起業家」みたいな人たちとの絡みが多いので、なかなか接点がなかったんですよね。

國光:前田裕二くんや落合陽一くんは芸能人みたいだしね。明石ガクトくんに至っては、別に事業も成功してないし(笑)。彼の著書『動画2.0』(箕輪が編集担当)に書いてあることなんて、僕が2005年に書いたブログの記事を膨らませたようなものだから(笑)。

箕輪:あははは! 明石さん、顔真っ赤にして怒りそう(笑)。

左から:箕輪厚介、國光宏尚
左から:箕輪厚介、國光宏尚

—國光さんは今回、新会社フィナンシェのファウンダーとして、プロジェクト「FiNANCiE」を全面支援する立場になるそうですが、現在はどのような仕事がメインになるのでしょうか?

國光:現在会長を務めているgumiは、もともとアットムービー・パイレーツという商号で立ち上げたソーシャルネットワークサービスの会社だったんです。2014年に上場して、現在はそこの会長をやっています。モバイルゲーム周辺を担当しているのは社長の川本(寛之)で、僕の領域はモバイル動画、VR / AR、それからブロックチェーンの3つです。

箕輪:僕はそのFiNANCiEという、ファンコミュニティとブロックチェーンを組み合わせたようなサービスで、なにか協力できることがないか? ということで紹介してもらった形です。

—國光さんは常々、今後SNSは「承認欲求」から「自己実現」の空間になるとおっしゃっていますが、これはどんな意味なのでしょう。

國光:TwitterにしてもInstagramにしてもYouTubeにしても、既存のSNSは全て「承認欲求」を満たすことがベースになっているじゃないですか。これは極めて不健全だと僕は思っていて。

「いいね」が欲しいために偽りの写真を上げる「フェイクライフ」は、そろそろしんどいと思うんですよね。遠くない未来に「なんてバカバカしいことをやっていたんだろう」と、みんな気づくと思うんです。

箕輪:「承認欲求」の前のフェーズってなんだったんだろう? mixiとかも承認欲求に入りますか?

國光:mixiが承認欲求の「ハシリ」じゃないですかね。日記をアップして、そこにコメントがつくと、トップ画面に赤い文字で通知が来るじゃないですか。

箕輪:あれはヤバかった! あのときに免疫がついたから、自分はTwitterの海に溺れずにいられるのかもしれないな。

國光:最初はEメールがあって、それは単なる連絡ツールだったと思うんですけど、BBSで「居場所」のようなものが生まれましたよね。そこにいくと誰かいるから、寂しい気持ちを満たす、みたいな。

箕輪:暇つぶしの居場所みたいなことですよね。確かにそこから10年が経過して、今みんな疲弊している感じはありますね。

Twitterで「いいね」をもらうのとか超AIしている感じがするんですよ。バズることに最適化していくインフルエンサーと、それを条件反射的に「いいね」やRTをするフォロワーみたいな、数式で動いているような感じがします。

箕輪厚介
Page 1
次へ

サービス情報

「FiNANCiE」
「FiNANCiE」

FiNANCiEは、夢がみんなの共有財産になる、ドリームシェアリングサービスです。夢を持つ人(ヒーロー)と夢を支援する人(ファン)が出会い、その実現に向けて、一緒に活動していくコミュニティです。

プロフィール

國光宏尚(くにみつ ひろなお)

2004年、カリフォルニアのサンタモニカカレッジを卒業後、株式会社アットムービーへ入社し、同年取締役に就任。映画やドラマのプロデュースを手掛ける一方で、様々なインターネット関係の新規事業を立ち上げる。2007年、株式会社gumiを創業し、代表取締役に就任。2015年、VR/AR関連のスタートアップを支援する100%子会社Tokyo XR Startups株式会社を設立し、代表取締役に就任。2016年、主に北米のVR/AR企業への投資を目的としたVR FUND,L.P.のジェネラルパートナーとして運営に参画、また韓国にてSeoul XR Startups Co., Ltd.を設立し取締役に就任。2017年、北欧地域のVR/AR関連スタートアップを支援するNordic XR Startups Oy.を設立し、代表取締役に就任。2018年、gumi Cryptos匿名組合を組成し、ブロックチェーン事業に参入。2019年3月、ブロックチェーン技術を活用したドリーム・シェアリング・サービス「FiNANCiE」を手がける株式会社フィナンシェを創業。

箕輪厚介(みのわ こうすけ)

幻冬舎・編集者。2010年双葉社に入社、ファッション雑誌の広告営業として4年間、タイアップや商品開発、イベントなどを企画運営、『ネオヒルズジャパン』与沢翼創刊。2014年から編集部に異動し『たった一人の熱狂』見城徹 / 『逆転の仕事論』堀江貴文 / 『空気を読んではいけない』青木真也を担当。2015年7月に幻冬舎に入社。東洋経済オンラインやアドタイで自身のコラムを持ち、オンラインサロンの運営、堀江貴文大学校で特任教授も務める。『多動力』堀江貴文・『ネオヒルズジャパン』与沢翼・『悪意とこだわりの演出術』藤井健太郎の3冊でアマゾン総合ランキング1位を獲得。他に『日本3.0』佐々木紀彦、『空気を読んではいけない』青木真也、『まだ東京で消耗してるの?』イケダハヤト、『新企画』鈴木おさむなど。堀江サロン教授、渋谷のラジオ、ニューズピックスブック創刊。2017年10月合同会社波の上商店を設立。株式会社CAMPFIREと株式会社幻冬舎の共同出資会社、株式会社エクソダス取締役に就任。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う 1

    King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う

  2. 血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開 2

    血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開

  3. 佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク 3

    佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク

  4. テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら 4

    テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら

  5. 『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も 5

    『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も

  6. 『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性 6

    『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性

  7. downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る 7

    downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る

  8. モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場 8

    モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場

  9. Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に 9

    Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に

  10. Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露 10

    Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露