特集 PR

箕輪厚介×國光宏尚 10年後は暇だらけな「一億総老後社会」になる

箕輪厚介×國光宏尚 10年後は暇だらけな「一億総老後社会」になる

FiNANCiE
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:豊島望 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

スタートアップを支援する既存のシステムを「個」に応用し、夢を叶えたいと思っている個人がその資金やノウハウを受けることのできる画期的なサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」。その創業者である國光宏尚と、堀江貴文や前田裕二などのベストセラーを次々と量産し、オンラインサロン「箕輪編集室」を運営するなど、精力的な活動を続けている幻冬舎の箕輪厚介による対談の後編をお届けする。

前編では、昨今のSNSが抱える問題点や、「次は『自己実現』のSNS時代が来る」と言う國光の背景であり、二人の共通項でもあるバックパッカー時代のエピソードについて語ってもらった。後編の二人の対話のなかでは、「近い将来、週休4日になる」「10年後は『一億総老後時代』」「YouTuberはアルゴリズムの奴隷」など、刺激的なワードがいくつも飛び交った。

これからは「個の時代」だと言われているから、「会社への投資」から「人への投資」となっていくのは自然な流れですね。(箕輪)

—國光さんが、新しいサービス「FiNANCiE」を立ち上げた経緯を教えてもらえますか?

國光:現在、私が会長を務めている「gumi」を2007年に立ち上げたとき、実は「ケータイ版Twitter」を作りたいという思いがあったんです。というのも、同年『SXSW』(テキサス州オースティンで毎年3月に開催される音楽、映画、インタラクティブの祭典)でTwitterが初登場して、それを見た瞬間に、「これはヤバイものが登場した」と。

箕輪:すぐに分かったんですね。

左から:箕輪厚介、國光宏尚
左から:箕輪厚介、國光宏尚

國光:当時はまだiPhoneもなかったから、アメリカ人はPCでTwitterをやっていて。日本にはすでにガラケーがあったから、「このサービスはモバイルでやったら最強やん!」と閃きました。モバイル版Twitterを作ったら俺の一人勝ちやなと思って始めたのがgumiだったんです。

名称も、お菓子の「グミ」ではなく、クラスの「1組、2組」から、みんなが集まるクラスのような場を提供したいと思ってつけた社名だったんですよね。それから紆余曲折あって、モバイルゲームに力を入れていくことになるんですけど、僕のなかではずっと、「新しいSNS」を作りたいというのがあって。

でも、最初にも話したように今のSNSを見ていると、「承認欲求」がベースになっていて、それって疲れるし、長続きしないと思う。この次に来るSNSは、「承認欲求」ではなく「自己実現」をベースしたものじゃないのかな、と。要するに、「頑張っている人を応援するためのツール」を目指して開発したのがFiNANCiEというわけです。

FiNANCiE
FiNANCiE(サイトを見る

—具体的にはどのようなサービスなのですか?

國光:スタートアップを支援する既存のシステムというのは、夢を持つ若い起業家がいて、そこにお金を投資するベンチャーキャピタリストが現れ、大きなイノベーションが起こすというものですよね。それはあくまでも「会社」がフォーマットでした。

しかし、これからは「個の時代」だと思っていて。たとえばYouTuberになりたい子もいれば、アーティストやスポーツ選手、料理人になりたい子もいる。そういう子たちが、夢に向かって挑戦していきたいと思っても、そのための資金やノウハウがなくて二の足を踏むケースって多いと思うんですよ。

そういう人たちのハードルを低くするのが「FiNANCiE」というサービスです。夢を持つ人をFiNANCiEでは「ヒーロー」と呼んでいるのですが、「ファン」がヒーローを応援することによって、「いいね」を増やしていく。この「いいね」がヒーローにとってのトークンになるんです。最初は10人程度だった応援者が、どんどん増えることでトークンの価値も上がっていくわけです。

國光宏尚

箕輪:なるほど。確かに、これからのビジネスモデルは「個の時代」だと言われているから、「会社への投資」から「人への投資」となっていくのは自然の流れかもしれないですね。

ただ、僕も様々なネットワークサービスを見てきましたが、なかなかワークしていかない問題ってあるんですよね。インフルエンサーと呼ばれる人たちが、ちょっと利用してみてバズっても、その後は過疎化する、みたいな。「タイムバンク」とかを見ていても、価値が上がらないまま淀んでいく人もたくさんいる。そういった部分をFiNANCiEが上手く回せれば強いなと思います。

箕輪厚介

國光:たとえばオンラインサロンなどの大きな問題点は、有名人がファンから摂取するという構造になりがちだと思っていて。

箕輪:要するに、フォロワーという「大きな池」があるからこそ成り立つ仕組みで。そもそも池を持っていない人には意味がないというのが現状ですよね。

國光:FiNANCiEでは、現段階ですでに佐渡島康平さん、けんすう(古川健介)さん、GOの三浦崇宏さんなど多くの著名な方たちが、ヒューマンキャピタリストとして参加してくれていて、ヒーローを応援する基盤を整えています。我々がやりたいのはファンと一緒に池を大きくしていくという仕組みなんです。そうすることで、そこにいるみんながハッピーになっていく。

最近、ビットコインやイーサリアムがすごく盛り上がってきていますよね。イーサリアムは、当時19歳だったヴィタリック・ブテリンの夢やビジョンに共感する人が集まって、プログラムコードが書ける人、マイニングができる人、出資できる人や宣伝のノウハウがある人……みたいな感じで、みんなでヴィタリックの夢に乗っかって叶えていったわけです。最初に応援していたのは10人程度で、そこから100人、1000人……というふうに爆発的に増えていき、イーサリアムの価値自体は数年で数兆円に達した。

こういう仕組みを「個人」に応用したいんです。ベンチャーに投資するベンチャーキャピタリストに対して、人に投資するヒューマンキャピタリストがどんどん増えてくると、若い子たちの夢がもっと叶えやすくなるんじゃないかと。

箕輪:オンラインサロン「箕輪編集室」をやっていて最近思うのは、インセンティブ設計の大切さなんですよね。

箕輪厚介
Page 1
次へ

サービス情報

「FiNANCiE」
「FiNANCiE」

フィナンシェは、夢がみんなの共有財産になる、ドリームシェアリングサービスです。夢を持つ人(ヒーロー)と夢を支援する人(ファン)が出会い、その実現に向けて、一緒に活動していくコミュニティです。

プロフィール

國光宏尚(くにみつ ひろなお)

2004年、カリフォルニアのサンタモニカカレッジを卒業後、株式会社アットムービーへ入社し、同年取締役に就任。映画やドラマのプロデュースを手掛ける一方で、様々なインターネット関係の新規事業を立ち上げる。2007年、株式会社gumiを創業し、代表取締役に就任。2015年、VR/AR関連のスタートアップを支援する100%子会社Tokyo XR Startups株式会社を設立し、代表取締役に就任。2016年、主に北米のVR/AR企業への投資を目的としたVR FUND,L.P.のジェネラルパートナーとして運営に参画、また韓国にてSeoul XR Startups Co., Ltd.を設立し取締役に就任。2017年、北欧地域のVR/AR関連スタートアップを支援するNordic XR Startups Oy.を設立し、代表取締役に就任。2018年、gumi Cryptos匿名組合を組成し、ブロックチェーン事業に参入。2019年3月、ブロックチェーン技術を活用したドリーム・シェアリング・サービス「FiNANCiE」を手がける株式会社フィナンシェを創業。

箕輪厚介(みのわ こうすけ)

幻冬舎・編集者。2010年双葉社に入社、ファッション雑誌の広告営業として4年間、タイアップや商品開発、イベントなどを企画運営、『ネオヒルズジャパン』与沢翼創刊。2014年から編集部に異動し『たった一人の熱狂』見城徹 / 『逆転の仕事論』堀江貴文 / 『空気を読んではいけない』青木真也を担当。2015年7月に幻冬舎に入社。東洋経済オンラインやアドタイで自身のコラムを持ち、オンラインサロンの運営、堀江貴文大学校で特任教授も務める。『多動力』堀江貴文・『ネオヒルズジャパン』与沢翼・『悪意とこだわりの演出術』藤井健太郎の3冊でアマゾン総合ランキング1位を獲得。他に『日本3.0』佐々木紀彦、『空気を読んではいけない』青木真也、『まだ東京で消耗してるの?』イケダハヤト、『新企画』鈴木おさむなど。堀江サロン教授、渋谷のラジオ、ニューズピックスブック創刊。2017年10月合同会社波の上商店を設立。株式会社CAMPFIREと株式会社幻冬舎の共同出資会社、株式会社エクソダス取締役に就任。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも