特集 PR

君島大空が求める「ギリギリ、音楽」。繊細な芸術家の脳内を覗く

君島大空が求める「ギリギリ、音楽」。繊細な芸術家の脳内を覗く

君島大空『午後の反射光』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:松永つぐみ 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

音楽家・君島大空が1st EP『午後の反射光』を3月13日にリリースする。これまで、「高井息吹と眠る星座」をはじめ、ギタリストとしての活動を行ってきた一方、自作曲をSoundCloudにアップ、弾き語りをメインとしたライブ活動も行ってきた君島。様々なアーティストへの楽曲提供も行ってきたほか、去年は崎山蒼志が「好きな音楽家」として様々なメディアでその名を挙げていたので、そこで存在を知った人も多いだろう。『午後の反射光』は、君島大空のソロ名義で世に放たれる、初にして待望の作品である。

本作は、ゲストドラマーに石若駿を招きながら、作詞・作曲・編曲、そして録音、ミックスまでを君島自身が手がけたセルフプロデュース作品。この作品で君島が描いたのは、「光」である。しかし、この「光」は、人を前向きに突き動かすような光ではない。むしろここで描かれているのは、「悲しみ」の輪郭を照らし出すような光。誰しもがそれぞれ固有の「生」のなかに持つ悲劇に、そっと寄り添うような光だ。君島の繊細な眼差しと指先は、見事にその光を捉え、奏で、編み、音楽として、この世界に定着させている。

このインタビューが、君島にとっての初の単独取材となった。どうか、この才能に出会って、その音楽が照らすあなただけの悲しみと、語り合ってほしい。

「映像と音楽は、取り込む器官が違うだけで、同じものなのではないか?」という感覚が僕にはあって。

—君島さんは、これまでほかのアーティストへの楽曲提供やサポートギタリストとしての活動をされてきた方ですが、こうしてソロ名義での作品を世に出すというのは、ご自身としても待ち望んだ瞬間、という感じなのでしょうか?

君島:ずっと自分の作品を作りたいとは思っていたし、デモ音源を作って、弾き語りのライブをするときに売ったりはしていたんです。でも、基本的にはサポートワークやギタリストとして現場に入ることが多かったので、自分の作品を作り込むことになかなか時間を使えなくて。

そうしていくうちに、自分が参加している作品はどんどんと増えていきつつも、「自分の音楽」と言えるものは残るんだろうか? と思ったんです。それまでの自分の活動のなかには、「これが自分の音楽です」と自信を持って言えるものがないんじゃないか? と思った瞬間があって。

君島大空
君島大空

—自分の音楽、ですか。

君島:それは「メッセージ性があるもの」ということでもなくて……。とにかく「自分」で満ち溢れているもの、というか。僕はこれまで、シンガーソングライターの方や、「歌」を重点に置いている方のサポートでギターを弾くことが多かったんです。

でも、僕は自分で「歌を作りたい」と強く思ったことはないし、いまでも、自分が歌を歌う人間だとは思っていません。いい歌うたいが周りにたくさんいるので、できるならば、あまり歌いたくないなって思うくらいで(苦笑)。シンガーソングライターコンプレックスみたいなものが、自分のなかにはあるような気がします。

—それは一体、どのような感覚なのでしょうか?

君島:「歌」と「音楽」は違うものだっていう意識が、煩わしくも自分のなかにずっとあるんです。強迫観念みたいなものなのかもしれないですが。もちろん、歌は大好きなんですけど、僕は、なんというか「歌だけ」の表現はやりたくないというか……。歌と音楽は違うものだからこそ、その両者が見たことのない場所で溶けあっているようなものが作れたらいいなっていう気持ちが、ずっと胸にあって。この作品は、そういう気持ちを持ってできたもの、という感じです。

「コントラルト」は女声の最低音域を意味する

—たしかに、この作品から聴こえてくる「歌」のあり様はとても特殊な感じがします。歌を録音するにあたって、どんなことを意識したんですか?

君島:今回に限らず、自分で歌うときに意識していることは、「性」の匂いをなるべく消すっていうことです。僕は、「性」の匂いのするものが、あまり好きではなくて。「男性性や女性性の強いものを、音楽に持ちだしてくれるな」って、どこかで強く思っている。

だから、「どっちなんだろう?」って思われるような、男か女かわからない声、というのは意識しています。どうしても男っぽくなってしまうから、地声では歌いたくないんですよね。自分で自分の存在を消したい。自分と声の距離を離したい。その意識は、弾き語りのときも、録音のときもあります。

—なるほど。ただ、「性」や「自分」というものとの距離を離しながらも、今作は決して無機質な作品ではないですよね。1音1音の響きにおいても、その重なりにおいても、非常に有機的な感触があります。すごく大きな質問になってしまいますが、君島さんは音楽によってなにを捉えようとしているのでしょうか?

君島:このEPのタイトルの通り、「反射光」というか。「映像と音楽は、取り込む器官が違うだけで、同じものなのではないか?」という感覚が僕にはあって。それは些細な景色でもいいんです。

たとえば、初恋の人の横顔を横目でかすめた瞬間とか。その一瞬を、音楽によって引き延ばしたい。引き延ばして、瞼の裏に立ち現すことができないだろうか? っていうのが、自分のなかのテーマとしてあります。音楽による可視化。それが、自分のやりたいことです。

君島大空

君島:『午後の反射光』の「午後」というのも、「いま」ではない、過去に起きた一瞬なんです。でも、それを切り取りたかった。この作品で描かれているものは、僕の、すごく個人的な思い出でしかないんです。

すごく悲しい思い出なんですけど、美しい思い出でもあって。本当に悲しかったときに、光を冷たく感じたこととか、すごく嬉しいときに温かく感じた光とか……そういうものって、誰しものなかにあるような気がするんですよね。その一瞬と、どうにかダブったら嬉しいなっていう気持ちがあります。

Page 1
次へ

リリース情報

『午後の反射光』
『午後の反射光』(CD)

2019年3月13日(水)発売
価格:1,620円(税込)
APLS-1903

1. interlope
2. 瓶底の夏
3. 遠視のコントラルト
4. 叙景#1
5. 午後の反射光
6. 夜を抜けて

イベント情報

『君島大空 1stEP発売記念夜会「午後の反射光」』

2019年4月19日(金)
会場:東京都 下北沢THREE

メンバー:
君島大空(Vo,Gt)
西田修大(Gt)
新井和輝(Ba)
石若駿(Dr)
タグチハナ(Cho)

DJ:石原純平
ゲスト:宗藤竜太

『Eggs×CINRA presents exPoP!!!!! volume119』

2019年3月28日(木)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest

出演:
君島大空
and more!!!!!
料金:無料(2ドリンク別)

プロフィール

君島大空(きみしま おおぞら)

1995年生まれ日本の音楽家。高井息吹と眠る星座のギタリスト。2014年からギタリストとして活動を始める。同年からSoundCloudに自身で作詞/作曲/編曲/演奏/歌唱をし多重録音で制作した音源の公開を始める。ギタリストとしてタグチハナ、konore、坂口喜咲、婦人倶楽部、Orangeade、などのアーティストのライブや録音に参加する一方、2017年には霞翔太監督作品「離れても離れてもまだ眠ることを知らない」の劇中音楽を担当。アイドルグループsora tob sakanaへの楽曲提供など様々な分野で活動中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察