特集 PR

武田砂鉄が語る不遇の時代 モテる奴らに負けないための悪巧み

武田砂鉄が語る不遇の時代 モテる奴らに負けないための悪巧み

TBSラジオ『ACTION』
インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:豊島望 編集:中田光貴(CINRA.NET編集部)

24年にわたり毎週月曜から金曜まで生放送されてきたTBSラジオ『荒川強啓 デイ・キャッチ!』の後番組として、4月から新番組『ACTION』がスタートする。宮藤官九郎、尾崎世界観(クリープハイプ)、DJ松永(Creepy Nuts)、芥川賞作家の羽田圭介と、曜日ごとに異なるパーソナリティが配された番組で、金曜担当に抜擢されたのがライターの武田砂鉄だ。

武田は過剰なまでに掘り下げる考察と、触れにくいことにもズバッと切り込む批評で多数の連載を抱え、2015年には初の著書『紋切型社会』で第25回Bunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞している。いわば「言葉のプロ」として活躍してきた彼は、ラジオという場でなにを発信するのだろうか。

じつはCINRA立ち上げメンバーのひとりでもあり、雑誌とラジオに支えられて青春時代を過ごしてきたという彼に、ラジオへの思いや番組への意気込みについて語ってもらった。

(パーソナリティの起用は)光栄だし、楽しみでもありますけど、恐怖心もあります。

—今回、このインタビューはCINRA.NETに掲載されるのですが、武田さんは株式会社CINRAの杉浦社長と中学高校の同級生と聞きました。

武田:そうなんです。しかも僕はCINRAの立ち上げから関わっています。大学生の頃に、それぞれの大学であんまりうまくいっていない人たちが杉浦の家の近くにあるマンション屋上のプレハブ小屋に集い、CINRAをスタートしたんです。最初はCD-Rに記事データを入れるCD-Rマガジンを出していたんですけど、その最初の数号は自分が編集長をしていました。もう15年ほど前になりますが、それがいつの間にか大きな規模の会社になり、なんだか不思議な感覚です。

—逆もそうじゃないですか。武田さんも著書で賞を獲られて、今度はTBSラジオのパーソナリティ就任ということで。

武田:いやいや。でも、お互い、当時からやっていることはさほど変わらないです。それが徐々に膨らんで、こうして取材してもらえるのは、うれしい限りですね。

武田砂鉄
武田砂鉄

—そのパーソナリティについてですが、最初に話を聞いたときの率直な感想は?

武田:学生の頃から、ずっとラジオを聞いてきたし、ライターになってから、あちこちのラジオに出演させてもらってきたので、パーソナリティをやってみたい、という思いは、当然、頭のどこかにありました。

だけど、現実になるとは考えてなくて、ましてや『デイ・キャッチ!』という、とても歴史の長い番組の後にやるのは光栄だし、楽しみでもありますけど、恐怖心もあります。ただし、「恐怖です」と言っていても仕方ないので、「さぁ、どうすっか」という現在です。

—ずっとラジオを聞いてきたと言ってましたが、どんな番組を聞かれていたんですか?

武田:実家では、朝はテレビを見ない、というルールがあったので、TBSラジオで朝の番組を聞くのが日課でした。あと、中高時代は部活をサボりがちだったので、4時くらいに帰ることが多く、テレビで『あぶない刑事』の再放送を見るか、ラジオで『デイ・キャッチ!』を聞くかを選ぶ、そんな生活をしてました。

—学生時代から『デイ・キャッチ!』を聞いていたんですか?

武田:はい、とにかくずっとTBSラジオが流れていたので。あと、音楽ではヘヴィメタルが大好きだったので、メタル界の重鎮、音楽評論家・伊藤政則さんのラジオも欠かさず聞いていました。それから伊集院光さんのラジオを録音して、自転車通学の行き帰りで聞いていましたね。

武田砂鉄

—ハガキ職人のように、ラジオに投稿もしていたんですか?

武田:政則さんのラジオには投稿していましたね。政則さんは1970年代のプログレや、ヴィンテージなハードロックが好きなので、高校生がそういうのをリクエストしたら読まれるんじゃないかと考えながら投稿してました。でも、それが採用されたんですよ。

—採用されるための投稿を?

武田:そうですね。いまだに覚えているのは、Blue Öyster Cult(アメリカのハードロックバンド、1967年結成)というバンドがいて、本当はそんなに詳しくないんだけど、「いまBlue Öyster Cultにハマってまして」って投稿したんです。そしたら政則さんは「えー、高校生がこんなの聴いてるの!?」って。狙い通り(笑)。読まれた日のカセットはいまだに実家にあります。この仕事をして、政則さんに会って、そのことを伝えたら「まったく覚えてない!」と言われましたが。

Page 1
次へ

番組情報

TBSラジオ『ACTION』
TBSラジオ『ACTION』

よりワクワクする明日がくるように。より楽しい日々が過ごせるように。この番組は、パーソナリティ、ゲスト、スポンサー、リスナーたちが「やってみた/やってみたい」という様々な「ACTION」を持ち寄り、呼びかけ、連鎖していくプラットフォーム。なんでも受け身じゃつまらない!「やってみたい」を「やってみる」情報エンタテインメントプログラムです。4月1日スタート。

放送時間:毎週月曜〜金曜 15:30〜17:30
パーソナリティ:
月曜日 宮藤 官九郎
火曜日 尾崎 世界観(クリープハイプ)
水曜日 DJ松永(Creepy Nuts)
木曜日 羽田 圭介
金曜日 武田 砂鉄

プロフィール

武田砂鉄(たけだ さてつ)

1982年生まれ 東京都出身。大学卒業後、出版社勤務を経て、2014年からフリー。著書『紋切型社会』では、第25回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞。連載も多数で、2月現在、cakes/女性自身/日経MJ/文學界/すばる/VERY/暮しの手帖/SPUR/SPA!/週刊現代/サンデー毎日/ヘドバン/EX大衆/一冊の本/UOMO/with/フットボール批評など。政治から、スポーツ・カルチャーまで広範囲で執筆。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Elephant Gym“Moonset- Live at Underwater World Tour In Japan”

一聴・一見すると繊細に織られたアンサンブルに柔和な印象を抱く。が、極太のベースがリズムとメロディの両方を引っ張っていく様は超アグレッシヴでもある。観客も含めて会場に漂う空気は一貫して緩やかなものでありながら、なによりも3音の鋭い合気道を存分に楽しめるライブ映像だ。ビルドアップした低音に歌心を置くスタイルはまさに今だし、音の余白も心地いい。ポップとエッジィの両極をあくまで愛嬌たっぷりに鳴らす台湾出身の3ピースバンド、その魅力を1カット1カットが十二分に伝えている。(矢島大地)

  1. BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』 1

    BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』

  2. 高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真 2

    高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真

  3. 長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ 3

    長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ

  4. 女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告 4

    女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告

  5. スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」 5

    スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」

  6. 舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演 6

    舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演

  7. トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成 7

    トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成

  8. ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕 8

    ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕

  9. 21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者 9

    21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者

  10. カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密 10

    カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密