特集 PR

石田スイ×TK from 凛として時雨 みんな何かと戦い、傷ついている

石田スイ×TK from 凛として時雨 みんな何かと戦い、傷ついている

『東京喰種トーキョーグール AUTHENTIC SOUND CHRONICLE Compiled by Sui Ishida』
インタビュー・テキスト
金子厚武
編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

作り終えたとき、「次はもうできない」って毎回思ってる。(TK)

—TKさんが作品を作り終えたときって、どんな状態になるんですか?

TK:「もう永遠に作れない」って思います。2ndアルバム(2007年リリース)くらいからずっとそう思ってますね。タイトルが『Inspiration is DEAD』ですから(笑)。

石田:そっか!(笑)

TK:最近思い始めたことかと思いきや、全然昔から思ってた。むしろ今は一周回って「もしかしたら(インスピレーションは)死んでないのかも」って、逆に思い始めたくらい。

でも、追われているときのほうがインスピレーションが湧くっていうのは、確かにあると思いますね。完成直前はものすごいスピードで頭のなかが覚醒しているので、最後のほうって、「なんで今までこれに気づかなかったんだろう?」ってことだらけなんです。それを見過ごすことはできないから、「あと1時間待って」みたいな。

石田:すごくわかります。締切の直前になって、なにかに気付いたり、発明しちゃったりするんですよね。

TK:「なんでこれ、最初から気づけなかったんだろう?」って毎回思うんですけど、やっぱり気づけないんですよ。ある種の覚醒してる瞬間は、残念ながら、最後のほうにしか来ない。

石田:残念ですよね。

石田スイが描き下ろした、TK from 凛として時雨『katharsis』(テレビアニメ『東京喰種トーキョーグール:re』2期OP)ジャケット
石田スイが描き下ろした、TK from 凛として時雨『katharsis』(テレビアニメ『東京喰種トーキョーグール:re』2期OP)ジャケット

—最初に「なにかと戦っている感覚が共通点」というお話があって、スイさんは「なにと戦ってるのかはわからない」とおっしゃっていましたが、突き詰めれば「自分自身と戦っている」、もしくは「向き合っている」という言い方ができるのかなと思いました。TKさんはどう感じられていますか?

TK:僕、自分のなかにはなにもないと思ってるんです。

石田:そうなんですか?

TK:「空っぽな自分のなかから音楽を生み出すことができるのか?」というところからスタートしてるんですよ。

さっき「作り終えたときは、次はもうできないって毎回思ってる」って言いましたけど、それまでに掘り下げて掘り下げて、一番下まで掘り下げてから全部を掴み取って、それで地上に上がってくるので、もう自分のなかにはなにもないと思ってる状態なんです。徐々にさらに深く掘れたり、違うところを掘ったりして、ギリギリ新しい作品が書けてるんだと思うんですけど、一回掘り終えたときというのは、「もうこれブラジルまで着いてるな」みたいな(笑)。

石田:貫通してる(笑)。

TK:今回みたいなアニメのお話とかをいただけると、物語があるので、そこに自分を放り込めればなんとか書けるんです。ただ、ゼロから自分の作品を作るとなると、空っぽな自分と向き合って「自分はなにを作りたいんだろう?」と、自分に問い始めるところからのスタートになる。

だからこそ、なにかを掴み取れたときはすごく嬉しいし、「これかもしれない」って思えた瞬間は救われた気分になります。「まだ自分が掴みたいものがあるんだ」って、実感できるときなんですよね。

凛として時雨、最新アルバム『#5』収録曲

凛として時雨(「凛として時雨が語る、結成から15年。なぜ確固たる地位を築けた?」より。撮影:中野敬久)
凛として時雨(「凛として時雨が語る、結成から15年。なぜ確固たる地位を築けた?」より。撮影:中野敬久)

ものを作るっていうのは恐ろしいもんだなって感じましたね。(石田)

—『東京喰種』も自分を掘り下げて描いた作品だと言えますか?

石田:『東京喰種』は「自分しかない」くらいの作品ですね。取っ掛かりとしては、ただの漫画を描こうとしてたはずなんです。「普通のよくある漫画」というか(笑)。

漫画とはなんなのかっていうのもそこまでわかってなくて、自分がどうであるのかもなにも考えず、ただ漫画だけが先に始まったんですよね。でも描いていくと、思った以上に自分と向き合うことになった。自分のルーツがどうであるとか、いろいろ掘り下げないと描けなくなっていって、それはすごくしんどかったですね。

TK:それって何巻くらいで思いました?

石田:「無印」の7巻手前くらいかな? 7巻でそれをすごく意識して、自分が苦しんでないとダメだって発想になったんです。金木を拷問するっていうアイデアが出てきて、自分もそこに追いついていかないと描けないと思ったので、自分自身を追いこんだりして。

—それはどんなふうに?

石田:単純に、寝ないで仕事をやり続けるとか。僕、その頃寝なさ過ぎて、味覚がなくなったりして。でも、そうすることで金木に近づけていると思うと、どんどんエスカレートして、どんどん自分の内面に入っていって、もはや漫画を描くどころじゃなくなっていったんですよね。実際に、一時期は「描いてるだけでやっと」みたいな時期もありました。ものを作るっていうのは恐ろしいもんだなって、そのとき初めて感じましたね。

『東京喰種トーキョーグール:re』キービジュアル。真ん中にいるのが主人公・金木研
『東京喰種トーキョーグール:re』キービジュアル。真ん中にいるのが主人公・金木研

TK:僕の感覚でいうと、6巻目までは1stアルバムに近いのかな。1stって、まだキャンバスになにも描いてないから、なにも考えずに作れるんです。最初はそのときに見えているものが絶対にあるので、それを置いていけば形になる。

ただ、真ん中に一個絵が描いてある状態で、そこからさらに描くとなると、どうキャンバスを広げるのか、どの場所に描くのか、そこは自分の選択肢にかかってくるわけで。

石田:なるほど。

TK:金木くんが今までは目の前に見えていたのに、自分のなかに入り込んでしまったからこそ、彼が今どうしたいのか見えなくなる瞬間がある。それに近いことを、僕は2ndアルバムで感じていたんだと思うんですよね。

そこからさらに続けるのはやっぱり大変なことで。僕の場合はそれが「アルバム」という周期ですけど、漫画の場合はそれが毎週来るって考えると……それは味覚もおかしくなりますよ。

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

『東京喰種トーキョーグール AUTHENTIC SOUND CHRONICLE Compiled by Sui Ishida』完全生産限定盤
『東京喰種トーキョーグール AUTHENTIC SOUND CHRONICLE Compiled by Sui Ishida』完全生産限定盤(2CD)

2019年3月27日(水)発売
価格:4,980円(税込)
AICL-3680~81
※豪華ブックレット、全面イラスト 2CDケース、石田スイ描き下ろしイラスト三方背仕様

[CD1]
1. TK from 凛として時雨「unravel」
2. People In The Box「聖者たち」
3. österreich「無能」
4. amazarashi「季節は次々死んでいく」
5. Cö shu Nie「asphyxia」
6. 女王蜂「HALF」
7. TK from 凛として時雨「katharsis」
8. österreich「楽園の君」
9. TK from 凛として時雨「unravel(acoustic version)」
10. People In The Box「聖者たち remixed by yukihiro(ACID ANDROID)」
11. österreich「楽園の君(Acoustic ver.)」
12. amazarashi「季節は次々死んでいく acoustic Version.」
13. Cö shu Nie「asphyxia(Piano ver.)」
14. 女王蜂「HALF(Acoustic Version.)」

[CD2]
「石田スイ セレクトTVアニメオファーに至るフェイバリットプレイリスト 全12曲」
1. 女王蜂「金星」
2. People In The Box「六月の空を照らす」
3. the cabs「二月の兵隊」
4. 凛として時雨「illusion is mine(Remastered by TK)」
5. 女王蜂「売春」
6. Cö shu Nie「butterfly addiction」
7. amazarashi「夏を待っていました」
8. Cö shu Nie「家」
9. People In The Box「完璧な庭」
10. 凛として時雨「24REVERSE(2019reverse version)」
11. amazarashi「無題」
12. the cabs「ラズロ、笑って」

※豪華ブックレット内容(『東京喰種』コミックサイズ):
・歴代アニメ盤CD描き下ろしイラスト集
・主題歌担当アーティスト×石田スイ 対談 全6組
TK from 凛として時雨 / People In The Box / österreich / amazarashi / Cö shu Nie / 女王蜂
・石田スイによるプレイリスト選曲解説
・全楽曲歌詞集

『東京喰種トーキョーグール AUTHENTIC SOUND CHRONICLE Compiled by Sui Ishida』通常盤
『東京喰種トーキョーグール AUTHENTIC SOUND CHRONICLE Compiled by Sui Ishida』通常盤(CD)

2019年3月27日(水)発売
価格:2,800円(税込)
AICL-3682

1. TK from 凛として時雨「unravel」
2. People In The Box「聖者たち」
3. österreich「無能」
4. amazarashi「季節は次々死んでいく」
5. Cö shu Nie「asphyxia」
6. 女王蜂「HALF」
7. TK from 凛として時雨「katharsis」
8. österreich「楽園の君」
9. TK from 凛として時雨「unravel(acoustic version)」
10. People In The Box「聖者たち remixed by yukihiro(ACID ANDROID)」
11. österreich「楽園の君 (Acoustic ver.)」
12. amazarashi「季節は次々死んでいく acoustic Version.」
13. Cö shu Nie「asphyxia(Piano ver.)」
14. 女王蜂「HALF(Acoustic Version.)」

プロフィール

TK from 凛として時雨
TK from 凛として時雨(てぃーけー ふろむ りんとしてしぐれ)

TK from 凛として時雨(てぃーけー ふろむ りんとしてしぐれ) “凛として時雨”のフロントマンでボーカル&ギターのTKによるソロプロジェクト。ピアノ、ヴァイオリンを入れたバンドスタイルから、単身でのアコースティックまで幅広い表現の形態をとっている。2014年リリースのシングル『unravel』は、アニメ『東京喰種トーキョーグール』のOPとして、配信で30万ダウンロードを超える大ヒットを記録。その他にも、SMAP、安藤裕子、Aimerなどアーティストへの楽曲提供なども行うなど幅広く活躍している。

石田スイ(いしだ すい)

『東京喰種トーキョーグール』の原作者である、漫画家・石田スイ。『東京喰種トーキョーグール』は、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて2011年9月より2014年9月まで連載され、新章にあたる『東京喰種トーキョーグール:re』が2014年10月~2018年7月まで連載されたダーク・ファンタジー作品。コミックスは全世界シリーズ累計4,400万部(紙+デジタル)を突破、幅広い年齢層の読者に圧倒的な支持を受けている。2014年7月~9月にテレビアニメ化(第1期)され、2015年1月~3月には第2期として『東京喰種トーキョーグール√A(トーキョーグール ルートエー)』が、第3期として2018年4月~6月に『東京喰種トーキョーグール:re』が、第4期として2018年10月~12月『東京喰種トーキョーグール:re』(最終章)が放送された。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Elephant Gym“Moonset- Live at Underwater World Tour In Japan”

一聴・一見すると繊細に織られたアンサンブルに柔和な印象を抱く。が、極太のベースがリズムとメロディの両方を引っ張っていく様は超アグレッシヴでもある。観客も含めて会場に漂う空気は一貫して緩やかなものでありながら、なによりも3音の鋭い合気道を存分に楽しめるライブ映像だ。ビルドアップした低音に歌心を置くスタイルはまさに今だし、音の余白も心地いい。ポップとエッジィの両極をあくまで愛嬌たっぷりに鳴らす台湾出身の3ピースバンド、その魅力を1カット1カットが十二分に伝えている。(矢島大地)

  1. BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』 1

    BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』

  2. 高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真 2

    高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真

  3. 長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ 3

    長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ

  4. 女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告 4

    女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告

  5. スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」 5

    スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」

  6. 舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演 6

    舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演

  7. トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成 7

    トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成

  8. ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕 8

    ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕

  9. 21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者 9

    21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者

  10. カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密 10

    カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密