特集 PR

小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい

小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい

『Touch that Sound!』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:鈴木渉 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

リットーミュージックが手がける新スペース「御茶ノ水Rittor Base」にて、サウンドインスタレーション展『Touch that Sound!』が3月15日から開催される。ソニーが開発した空間音響技術=Sonic Surf VR(SSVR)を使い、中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)、Cornelius、evala、Hello,Wendy!+zAk、清水靖晃の5組が作品を制作。128chのスピーカーで構成されたSSVRによって、文字通り「音に触れる」ような体験を味わうことができる。

そこで参加者の中から小山田圭吾と大野由美子を招き、お互いのSSVR作品を体験してもらいつつ、立体音響についての話を聞いた。Corneliusはこれまでもバイノーラル録音や5.1chサラウンドにトライし、『Sensurround+B-Sides』では『グラミー賞』の最優秀サラウンド・サウンド・アルバム賞にノミネート。また、大野もBuffalo Daughterで常に革新的な作品を生み出しつつ、Hello,Wendy!としては2017年に360°VR仕様のMVを発表するなどしている。

近年はVRやARなど、映像の最新技術に話題が集まりがちではあるが、YMOの時代から音楽がテクノロジーとともに進化してきたことは言うまでもない。3月15日からの10日間は、それを見つめ直す絶好の機会となるはずだ。

自分が空間を移動して音を探ったりできるのは、新しい体験。(小山田)

—取材前にお互いの楽曲をSSVRで体験していただきましたが、どんな感想をお持ちですか?

小山田:思っていた以上に、音がちゃんと飛び出て聴こえて、定位がはっきりわかりました。曲の間に声が入って曲紹介をするんだけど、センターにいると日本語で、右に行くと中国語、左に行くと英語と、完全にセパレートして聴こえて、空間にちゃんと音が置けることにびっくりしました。前にもスピーカーの立体音響は聴いたことがあったけど、だいぶ進化してますね。

大野:エンジニアさんはもともと立体的に作っているわけだけど、普通のCDをスピーカーで聴くと、どうしても平面に聴こえるじゃないですか? でも、これなら誰でも明確にわかるくらい立体感が出ているから、曲に対するイメージも変わると思います。作る側としては、音に位置情報をつける段階がすごく楽しくて。刺繍をしているみたいな感覚でできるから、面白かったです。

左から:小山田圭吾、大野由美子
左から:小山田圭吾、大野由美子。製作中の部屋で、互いの曲を聴きあう様子
左から:小山田圭吾、大野由美子。製作中の部屋で、互いの曲を聴きあう様子

—確かに、作業中の画面を見せていただいたら、刺繍みたいに見えました(笑)。

小山田:Oculus(VR向け製品メーカー)とか、今VRは結構すごいじゃないですか? 映像に比べると、音はそんなに進化してない気もするけど、ヘッドフォンなしでも定位のポイントがはっきりわかって、自分が空間を移動して音を探ったりできるのは、体験として新しくて、音場が一気に広くなった感じがしました。

—小山田さんは今回“あなたがいるなら”(2017年『Mellow Waves』収録曲)をSSVR用にミックスし直していますね。

小山田:「“あなたがいるなら”でやってください」っていう依頼だったんですけど、もともとSSVRを意図して作ってはいないから、なかなか難しかったです。歌が入っているから、イメージが具体的になっちゃうんですよね。もっと抽象的に、最初から空間を設定してやったら、より面白いと思うんだけど、ポップスはいろんな音が出てくるから、音場を埋めちゃって、定位があんまりわかんなくなっちゃう。Hello, Wendy!の曲は、音数とかちょうどいい感じだったね。

SSVR体験中の様子
SSVR体験中の様子

—Hello, Wendy!は“Katyusha”(2018年『No.9』収録曲)をエンジニアのzAkさんと一緒にミックスし直していますね。

大野:“Katyusha”はもともと立体的なミックスにしたくて、結構がんばって一緒にミックスしたんですけど、自分としては物足りなくて。それで、今回こういう機会をいただいたので、“Katyusha”でやらせていただきました。今はホッとしています(笑)。

Hello, Wendy!“Katyusha”を聴く(Apple Musicはこちら

—やりたかったことができたと。Hello,Wendy!は2017年に“Moment of Eternity”のMVを360°VR仕様で発表してもいますよね。

大野:その人の側に行くと、その人の出している音が大きくなるって、私たちは演奏してるからそんなの当たり前なんだけど、演奏してない人がそれを体験できるっていうのは面白いと思いました。

小山田:そういえば、Corneliusで去年やったメキシコのライブで、ステージの両脇に360°カメラが置いてあったみたいで、今YouTubeに映像が上がっているんですけど、ステージ上からライブが見られて、動かせるんですよ。カメラ置いてあるの知らなかったんだけど(笑)。

Page 1
次へ

イベント情報

Touch that Sound!
『Touch that Sound!』

2019年3月15日(金)~3月24日(日)
会場:東京都 御茶ノ水Rittor Base
時間:12:00~20:00(3月24日は18:00閉場、入場は閉場の30分前まで)
料金:無料(要予約)

『トークイベント』

大野由美子(Hello,Wendy!)+zAk
日時:2019年3月15日(金)
会場:東京都 御茶ノ水Rittor Base
料金:2,000円

小山田圭吾(Cornelius)+高山徹
日時:2019年3月17日(日)
会場:東京都 御茶ノ水Rittor Base
料金:2,000円

中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)
日時:2019年3月18日(月)
会場:東京都 御茶ノ水Rittor Base
料金:2,000円

清水靖晃
日時:2019年3月19日(火)
会場:東京都 御茶ノ水Rittor Base
料金:2,000円

evala
日時:2019年3月23日(土)
会場:東京都 御茶ノ水Rittor Base
料金:2,000円

プロフィール

小山田圭吾(おやまだ けいご)

1989年にフリッパーズギターのメンバーとしてデビューし、1993年よりCorneliusとして活動開始。2003年リリースのDVD『Five Point One』からはサラウンドの制作も行うようになったほか、近年は「デザインあ展」や「AUDIO ARCHITECTURE: のアーキテクチャ展」など、サウンド・インスタレーションも手がける。

大野由美子(おおの ゆみこ)

幼少よりピアノ、16歳の時にベースを始める。1993年に結成したBuffalo Daughterでは世界を舞台に活動。シンセサイザー・カルテットHello,Wendy!としての活動や、Corneliusをはじめとした多くのアーティストのサポートも務めている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される