特集 PR

小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい

小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい

『Touch that Sound!』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:鈴木渉 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

リットーミュージックが手がける新スペース「御茶ノ水Rittor Base」にて、サウンドインスタレーション展『Touch that Sound!』が3月15日から開催される。ソニーが開発した空間音響技術=Sonic Surf VR(SSVR)を使い、中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)、Cornelius、evala、Hello,Wendy!+zAk、清水靖晃の5組が作品を制作。128chのスピーカーで構成されたSSVRによって、文字通り「音に触れる」ような体験を味わうことができる。

そこで参加者の中から小山田圭吾と大野由美子を招き、お互いのSSVR作品を体験してもらいつつ、立体音響についての話を聞いた。Corneliusはこれまでもバイノーラル録音や5.1chサラウンドにトライし、『Sensurround+B-Sides』では『グラミー賞』の最優秀サラウンド・サウンド・アルバム賞にノミネート。また、大野もBuffalo Daughterで常に革新的な作品を生み出しつつ、Hello,Wendy!としては2017年に360°VR仕様のMVを発表するなどしている。

近年はVRやARなど、映像の最新技術に話題が集まりがちではあるが、YMOの時代から音楽がテクノロジーとともに進化してきたことは言うまでもない。3月15日からの10日間は、それを見つめ直す絶好の機会となるはずだ。

自分が空間を移動して音を探ったりできるのは、新しい体験。(小山田)

—取材前にお互いの楽曲をSSVRで体験していただきましたが、どんな感想をお持ちですか?

小山田:思っていた以上に、音がちゃんと飛び出て聴こえて、定位がはっきりわかりました。曲の間に声が入って曲紹介をするんだけど、センターにいると日本語で、右に行くと中国語、左に行くと英語と、完全にセパレートして聴こえて、空間にちゃんと音が置けることにびっくりしました。前にもスピーカーの立体音響は聴いたことがあったけど、だいぶ進化してますね。

大野:エンジニアさんはもともと立体的に作っているわけだけど、普通のCDをスピーカーで聴くと、どうしても平面に聴こえるじゃないですか? でも、これなら誰でも明確にわかるくらい立体感が出ているから、曲に対するイメージも変わると思います。作る側としては、音に位置情報をつける段階がすごく楽しくて。刺繍をしているみたいな感覚でできるから、面白かったです。

左から:小山田圭吾、大野由美子
左から:小山田圭吾、大野由美子。製作中の部屋で、互いの曲を聴きあう様子
左から:小山田圭吾、大野由美子。製作中の部屋で、互いの曲を聴きあう様子

—確かに、作業中の画面を見せていただいたら、刺繍みたいに見えました(笑)。

小山田:Oculus(VR向け製品メーカー)とか、今VRは結構すごいじゃないですか? 映像に比べると、音はそんなに進化してない気もするけど、ヘッドフォンなしでも定位のポイントがはっきりわかって、自分が空間を移動して音を探ったりできるのは、体験として新しくて、音場が一気に広くなった感じがしました。

—小山田さんは今回“あなたがいるなら”(2017年『Mellow Waves』収録曲)をSSVR用にミックスし直していますね。

小山田:「“あなたがいるなら”でやってください」っていう依頼だったんですけど、もともとSSVRを意図して作ってはいないから、なかなか難しかったです。歌が入っているから、イメージが具体的になっちゃうんですよね。もっと抽象的に、最初から空間を設定してやったら、より面白いと思うんだけど、ポップスはいろんな音が出てくるから、音場を埋めちゃって、定位があんまりわかんなくなっちゃう。Hello, Wendy!の曲は、音数とかちょうどいい感じだったね。

SSVR体験中の様子
SSVR体験中の様子

—Hello, Wendy!は“Katyusha”(2018年『No.9』収録曲)をエンジニアのzAkさんと一緒にミックスし直していますね。

大野:“Katyusha”はもともと立体的なミックスにしたくて、結構がんばって一緒にミックスしたんですけど、自分としては物足りなくて。それで、今回こういう機会をいただいたので、“Katyusha”でやらせていただきました。今はホッとしています(笑)。

Hello, Wendy!“Katyusha”を聴く(Apple Musicはこちら

—やりたかったことができたと。Hello,Wendy!は2017年に“Moment of Eternity”のMVを360°VR仕様で発表してもいますよね。

大野:その人の側に行くと、その人の出している音が大きくなるって、私たちは演奏してるからそんなの当たり前なんだけど、演奏してない人がそれを体験できるっていうのは面白いと思いました。

小山田:そういえば、Corneliusで去年やったメキシコのライブで、ステージの両脇に360°カメラが置いてあったみたいで、今YouTubeに映像が上がっているんですけど、ステージ上からライブが見られて、動かせるんですよ。カメラ置いてあるの知らなかったんだけど(笑)。

Page 1
次へ

イベント情報

Touch that Sound!
『Touch that Sound!』

2019年3月15日(金)~3月24日(日)
会場:東京都 御茶ノ水Rittor Base
時間:12:00~20:00(3月24日は18:00閉場、入場は閉場の30分前まで)
料金:無料(要予約)

『トークイベント』

大野由美子(Hello,Wendy!)+zAk
日時:2019年3月15日(金)
会場:東京都 御茶ノ水Rittor Base
料金:2,000円

小山田圭吾(Cornelius)+高山徹
日時:2019年3月17日(日)
会場:東京都 御茶ノ水Rittor Base
料金:2,000円

中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)
日時:2019年3月18日(月)
会場:東京都 御茶ノ水Rittor Base
料金:2,000円

清水靖晃
日時:2019年3月19日(火)
会場:東京都 御茶ノ水Rittor Base
料金:2,000円

evala
日時:2019年3月23日(土)
会場:東京都 御茶ノ水Rittor Base
料金:2,000円

プロフィール

小山田圭吾(おやまだ けいご)

1989年にフリッパーズギターのメンバーとしてデビューし、1993年よりCorneliusとして活動開始。2003年リリースのDVD『Five Point One』からはサラウンドの制作も行うようになったほか、近年は「デザインあ展」や「AUDIO ARCHITECTURE: のアーキテクチャ展」など、サウンド・インスタレーションも手がける。

大野由美子(おおの ゆみこ)

幼少よりピアノ、16歳の時にベースを始める。1993年に結成したBuffalo Daughterでは世界を舞台に活動。シンセサイザー・カルテットHello,Wendy!としての活動や、Corneliusをはじめとした多くのアーティストのサポートも務めている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント 1

    映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント

  2. 『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」 2

    『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」

  3. 綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」 3

    綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」

  4. 橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」 4

    橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」

  5. 剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開 5

    剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開

  6. スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信 6

    スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信

  7. 『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開 7

    『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開

  8. シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ 8

    シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ

  9. 菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感 9

    菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感

  10. 折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い 10

    折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い