特集 PR

chayが語る、いま求められるシンガーソングライターのあり方

chayが語る、いま求められるシンガーソングライターのあり方

『大切な色彩』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:豊島望 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)
2019/04/25

大人が戦略的に考えて、マーケティング的に落とし込んだ楽曲は、すぐにバレてしまうと思う。

—シーン全体を俯瞰した時、女性シンガーが求められていることって変化したと思いますか?

chay:ここ数年でめちゃめちゃ変わりましたよね。何か急激に変化しているということは強く感じています。これからはますます、「アーティスト自身がどうしていきたいか?」ということが大事な気がしますよね。大人が戦略的に考えて、マーケティング的に落とし込んだ楽曲だったり、それを歌っている人だったりというのは、すぐにバレてしまうと思います。

その人にしかない個性、その人だからこその個性みたいなものにみんなが惹かれているんだろうなっていうのは、例えば、あいみょんさんや米津玄師さん、岡崎体育さんたちを見ていても思いますし、ユーチューバーの活躍などを見ていても感じますね。こんな時代がくるとは思わなかったな……って、28歳の私が言うのもなんですけど(笑)。

—やっぱりそれは、世の中が「多様性」というものを大切にするようになり、選択肢が多くなってきたからこそという部分もある気がしますね。

chay:だからこそ私も、自分らしさとか核となる部分は大切にしつつ、新しいことにも挑戦していきたいなと思いますね。「自己プロデュース」を楽しみながらやり続けたい。何事も逆算的に考えて戦略を練るのも大好きなので(笑)。

chay

結婚して子供を産んでも、すごく応援してくれるような時代じゃないですか。

—chayさんのファンは、chayさんと同世代の女性が多いと思うんですけど、そんな彼女たちの声に共感することも多いですか?

chay:とても多いですね。SNSのコメントやファンレターなどで、いつもたくさんいただいています。やっぱり28歳というと、女性として心境の変化がすごくある時期ですよね。環境もだいぶ変わってくるし、同級生が結婚して子供産んで……みたいな。ついこの間まで一緒にはしゃいでいた子が、とてもしっかりしたママになっていて。仕事もそうですよね。少し慣れてきて、転職する人も増えてきているし。「このままでいいのかな」という風に悩む時期なんじゃないかなって。

ただ、さっきの「多様性」の話じゃないですけど、以前に比べると息苦しさは減ってきたのかもしれないですね。アーティストの生き方にも様々な選択肢があって、それに対してファンの方も寛容でいてくれるというか。結婚して子供を産んで、子育てしながらアーティスト活動をしたとしても、ファンが減らないどころかすごく応援してくれるような時代じゃないですか。だから私自身も特に、「早く結婚しなきゃ」とも「結婚したらアーティスト活動は辞めなきゃいけないのかな」とも思っていない。そんなこと考えずにいられるのは「自由」になってきたからなのかな。自由を受け入れてくれる時代?(笑)

—自分の環境が大きく変わっても、歌は辞めずにいたい?

chay:今はそう思っています。昔から子供は大好きだったし、いつかは出産してみたいとも思っていますけど。自分の環境や心境が変化したら、それをそのまま歌にできたらいちばんいいなと思っているんです。

それって実は、前回Crystal Kayさんとご一緒させていただいたのをキッカケに考えるようになったことなんですよね(参考記事:chayとCrystal Kayが語り合う、女性の悩みと男性が知らない本音)。Kayさん、「20年やって、やっと自分の声が分かってきて今がいちばん楽しい!」っておっしゃっていたんです。それって、続けてきた人にしか感じられない感覚じゃないですか。

—おっしゃる通りです。

chay:この業界で、彼女みたいに20年も活動し続けるのはほんっとうにすごいことだと思うんです。イチローさんじゃないですけど、続けることがどれだけ大変か……。もちろん、ヒットさせることも大切ですけど、それよりも「歌い続ける」こと、どんな状況になっても「続けていく」ということが、Kayさんと出会ってから「いちばんの目標」になりましたね。

chay
Page 2
前へ 次へ

リリース情報

chay『大切な色彩』
chay
『大切な色彩』(CD)

2019年4月24日(水)発売
価格:1,620円(税込)
WPCL-13040

1. 大切な色彩
2. With
3. 最後の夏休み

プロフィール

XXXXX
chay(ちゃい)

1990年10月23日生まれ。幼少の頃から歌手を目指し、小学生の頃からピアノで曲を作り始める。大学に入学すると同時にギターを始め、路上ライブなどを重ね、本格的に音楽活動を始める。2012年10月に「はじめての気持ち」でワーナーミュージック・ジャパンよりCDデビュー。2013年10月より2014年3月までフジテレビ系「テラスハウス」に出演し、各方面で話題に。2014年5月より「CanCam」専属モデルとしても活動開始。2015年2月にリリースされた「あなたに恋をしてみました」は、フジテレビ系月9ドラマの主題歌となり、50万DLを突破し大ヒット!その後、配信限定リリースを含めた9枚のシングルと、2枚のアルバムを発売。昨年12月にはフィーチャリングにCrystal Kay を迎え、シングル「あなたの知らない私たち」を発売。これまで歌ってきたピュアで一途な恋心とはうってかわって、女と女の戦いやスリリングな大人の恋の駆け引きを思わせる楽曲が話題を呼んだ。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される