特集 PR

カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密

カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密

カネコアヤノ『愛のままを / セゾン』
リードテキスト・インタビュー
北沢夏音
撮影:木村和平 テキスト・編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

カネコアヤノから今年2枚目となる初の両A面シングル『愛のままを/セゾン』が届いた。日々の生活から生まれる感情の揺れ動きを綴った日記のように正直な歌。自分を励ますための歌が、誰かの心を支えるお守りになる。それはシンガーソングライターならではの喜びだと思うが、アルバム『祝祭』で確かなものにした独特のソングクラフトは、いっそう繊細に心の機微を掬い取り、胸のすくような清々しさを味わわせてくれる。聴き手と秘密を共有するような親密な関係性を生み出すカネコアヤノの魅力について、1月にリリースされた7インチシングル『明け方/布と皮膚』と併せ、歌詞に焦点を当てて掘り下げてみたい。

カネコの歌詞の言葉遣いは、平明で奇をてらわないが、随所に鋭敏な感性が光る。たとえば、“セゾン”の歌詞に繰り返し登場するキーライン<ミモザが揺れる>は、1番ではファーストヴァースの3行目だが、2番ではファーストヴァースの4行目に現れ、3行目にはもうひとつのキーライン<幼いことを気にしているのか>が置かれる。そして1番のセカンドヴァース<たぶんこれからも続いていく / テーブルの上 / 雑に置かれた財布と鍵 / 丁寧な愛 油断した心に / 安心するんだよ 不思議とさ>を繰り返したあと、ラストヴァースでは<幼いことを気にしているのか / ミモザが揺れる / 4月は終わる / 気にしているのか幼いことを>というふうに、同じ言葉でも配置を少しずらすことによって、リフレインの度に微妙なニュアンスの変化が生まれ、主人公の心が揺れ動く様が伝わってくる。

“明け方”の2番のファーストヴァースの3行目に現れるキーライン<私は怒る すぐに 忘れちゃいけない>を4行目で<すぐに怒る 悲しいからこそ>と受けてから、ラストヴァースの最終行で<すぐに怒る 愛していたいと>と劇的に結ぶ技巧の冴え、タイトルが昭和初期の現代詩を彩ったモダニズム詩人もかくやと思える“布と皮膚”に見られるセンシュアスな皮膚感覚にも注目しないわけにはいかない。

歌のための詞と詩の境界は、あるようでない、と言えなくもない。カネコの歌詞は純粋詩としての鑑賞に十分堪えうることが、いつか証明されるだろう。

カネコアヤノ
カネコアヤノ

いろいろ不安だったり悲しいこともあるけど、音楽があるから大丈夫って思う。

北沢:新曲“愛のままを”は、本当に「This is カネコアヤノ」というエッセンスが詰まっている、すごくいい曲だなと思いました。

カネコ:本当ですか!? やったあ。

北沢:カネコさんの歌って、自分のことを歌っているんだろうけど、聴き手と深く共有されているものがありますよね。それを僕なりに想像すると、みんな恋愛とか生活とかいろんな局面でどこかしら不安を抱えていると思うんだけど、それをなんとか乗り越えたいと思って毎日を生きている。そういう人たちが、カネコさんの歌をお守りのように聴いているんじゃないかと思うんです。それにカネコさん自身も、自分の歌をお守り代わりにしてるところもあるのかなって。

音源は『愛のままを / セゾン』未収録の弾き語りバージョン カネコアヤノ『愛のままを / セゾン』を聴く(Apple Musicはこちら

カネコ:たしかにそうかも。去年『祝祭』を発表して、初めて大きなフェスに出させてもらったり、スピッツのイベント(『新木場サンセット』)に呼んでいただいたり、2017年からは考えられないようなステージに立たせてもらうことが多かったんです。でも、そういうふうになっていけばいくほど、ステージに立ってるときが一番安心で、ステージを降りると本当に不安になってしまって。

どんどんいろんな歌い手が出てくるし……私の歌は、ステージを降りて普通に生活しているなかで生じる不安から生まれているのかなと今思いました。歌ってるときと、普段の差がすごいっていうか。歌ってないときは、「私は誰よりも普通だし……」みたいな不安に駆られるんです。

北沢:でも、ステージ上ではますますフロントマンらしくなっていますよね。

カネコ:本当に無敵状態になれるんですよね。いい意味で、「マジどうでもいいや!」って感じになる。あと、これは偶然だと思いますけど、“愛のままを”を書いたあとぐらいから、お客さんからいただくお手紙に、「カネコさんの歌がお守りになってます」みたいな内容が書かれていることが増えて。本当にびっくりしたんですよ。

北沢:それはカネコさんと聴き手の距離がどんどん近づいているということだから、自信を持っていいと思う。自分の心のままを歌にしたものが、聴き手に完全に共有されているってことでしょう?

カネコ:お客さんとは直接会って話したことなんてほとんどないのに、不思議と考えていることが近づいてきてるのを感じて。そのときはまだライブとかでも歌ってなかったので、びっくりしましたね。そして、なんか嬉しかった。私もあなたたちに対してそう思ってるし、みんなが私に対してそう思ってくれているのも伝わって嬉しい。

カネコアヤノ<br>弾き語りとバンド形態でライブ活動を展開中。2016年4月には初の弾き語り作品『hug』を発表、その後、続々と新作をリリースする。2016年以降、新たなメンバーと大胆なバンドサウンドを展開し注目を集める。2017年9月には初のアナログレコード作品『群れたち』、2018年4月に新作アルバム『祝祭』を発表し、このアルバム2作は各所で高い評価を獲得する。そして2019年1月に7インチ『明け方/布と皮膚』を、さらに4月にはシングル『愛のままを/セゾン』をリリース。
カネコアヤノ
弾き語りとバンド形態でライブ活動を展開中。2016年4月には初の弾き語り作品『hug』を発表、その後、続々と新作をリリースする。2016年以降、新たなメンバーと大胆なバンドサウンドを展開し注目を集める。2017年9月には初のアナログレコード作品『群れたち』、2018年4月に新作アルバム『祝祭』を発表し、このアルバム2作は各所で高い評価を獲得する。そして2019年1月に7インチ『明け方/布と皮膚』を、さらに4月にはシングル『愛のままを/セゾン』をリリース。

北沢:<みんなには恥ずかしくて言えはしないけど / お守りみたいな言葉があって / できるだけ わかりやすく返すね / 胸の奥の燃える想いを>というヴァースだよね。どんな言葉なんだろう、ってみんな想像しながら聴くと思う。

カネコ:きっとあるんですよ。でも、ここに書くことでもないというか、人それぞれにそういう言葉があるはずだし。そこは書けないなって思いました。

北沢:自分にとってお守りみたいな言葉はなんだろうって、聴き手が想像する余地があるのがいいと思う。最後から2番目のヴァースの、タイトルにもなっている、<できるだけ 愛のままを返すね>というラインがすごく効いています。

カネコ:そうそうそう。できるだけね、そのまま返したいなって。それはお客さんにも、バンドメンバーとか、友達とか、スタッフたちにも。本当にそう思ってるから、そのまま返す。内気で人前に立つこともできなかった私を、「ステージに立ってるときが一番無敵になれるわ」って思えるまでにさせてくれたのは、そういう人たちのおかげだと思うから。

北沢:やっぱりギターを持つと変われるみたいなところはある?

カネコ:うん。ギターを持って歌ってるときは「私にはこれしかないな」って思う。いろいろ不安だったり悲しいこともあるけど、電車とかで、リハの音源とかまだミックスも終わってないレコーディング音源とか聴いてると、、音楽があるから大丈夫って思ったりもするから。

北沢:外から見てるとすごく好調で、そんなに心配することもない気がするんだけど、本人は違うんだろうね。

カネコ:なんですかね、こういう性質なのかな。

北沢:これまでの曲を聴くと、やっぱり不安とか心配がベースにある曲が多い気がするし。だからこそ、「大丈夫」って言葉をよく使うんだろうけど。

カネコ:そうですね。100%の安心って、たぶん一生得られないと思うし、もし得られたとしたら私は音楽やめると思いますね。

Page 1
次へ

リリース情報

『愛のままを / セゾン』(2CD)
カネコアヤノ
『愛のままを / セゾン』(2CD)

2019年4月17日(水)発売
価格:1,800円(税込)
NNFC-01/02

[CD1]
1. 愛のままを
2. セゾン

[CD2]
『LIVE「さいしん2019」(2019.01.29 東京キネマ倶楽部)』
1. ロマンス宣言
2. エメラルド
3. 朝になって夢からさめて
4. サマーバケーション
5. 春
6. 祝日
7. 恋しい日々
8. カーステレオから

カネコアヤノ
『愛のままを / セゾン』(7インチアナログ)

2019年4月17日(水)発売
価格:1,500円(税込)
NNFS-1002

[A-SIDE]
1. 愛のままを

[B-SIDE]
1. セゾン

イベント情報

『カネコアヤノ ワンマンショー 2019春』

2019年5月18日(土)
会場:大阪府 梅田Shangri-La

2019年5月19日(日)
会場:愛知県 名古屋 JAMMIN'

2019年5月21日(火)
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM

プロフィール

カネコアヤノ
カネコアヤノ

弾き語りとバンド形態でライブ活動を展開中。2016年4月には初の弾き語り作品『hug』を発表、その後、続々と新作をリリースする。2016年以降、新たなメンバーと大胆なバンドサウンドを展開し注目を集める。2017年9月には初のアナログレコード作品『群れたち』、2018年4月に新作アルバム『祝祭』を発表し、このアルバム2作は各所で高い評価を獲得する。そして2019年1月に7インチ『明け方/布と皮膚』を、さらに4月にはシングル『愛のままを/セゾン』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも