特集 PR

リーガルリリーが語る、USライブで気づいた「邦楽ロック」の個性

リーガルリリーが語る、USライブで気づいた「邦楽ロック」の個性

『リーガルリリーpresents「春はあけぼのツアー」』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:小林真梨子 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

当時高校生だった「たかはしほのか」と「ゆきやま」を中心に2014年に結成されたリーガルリリー。これまでに『the Post』『the Radio』『the Telephone』のミニアルバム3部作を発表し、昨年7月に行われた『the Telephone』リリースツアーのファイナルでサポートだった海が正式加入、現在は3ピースとして活動している。グランジやポストロックからの影響を感じさせる攻撃的かつ繊細なバンドアンサンブルと、たかはしが無垢な感性で描く思春期性と本質の入り混じった歌詞が独自の個性を作り上げる、未完の大器である。

彼女たちは3月にアメリカ・オースティンで行われた『SXSW』に参加。当初は日本人アーティストをメインとした『SXSW JAPAN NITE』のみに出演する予定だったが、急遽現地のアーティストとともにライブをすることとなり、その経験が非常に大きかったという。現在行われている『春はあけぼのツアー』が始まる直前、アメリカから帰ってきたばかりの3人に会いに行き、『SXSW』での気づきと、「3部作以降」について話を聞いた。

私、邦楽ロックってあんまり好きじゃなかったんですけど、それがアメリカではウケた。(たかはし)

アメリカにて。左から:たかはしほのか、ゆきやま、海
アメリカにて。左から:たかはしほのか、ゆきやま、海

—つい先日アメリカの『SXSW』に参加して、計3本ライブをしてきたそうですが、まずはその感想から話していただけますか?

たかはし(Vo,Gt):2016年にカナダでライブをしたことがあるんですけど、今回も行く前は「ただライブをしに行くだけ」というか、「北海道に行く」くらいの感覚だったんです。でも、アメリカに行ったことで、自分たちの音楽に自信が持てました。最初はお客さんが0人だったんですよ。

ゆきやま(Dr):飛び入りしたときだよね。

飛び入り参加をしたライブハウス「THE Liberty」の前にて
飛び入り参加をしたライブハウス「THE Liberty」の前にて

—もともとは『SXSW JAPAN NITE』の関連で2本ライブをやる予定だったけど、その間に急遽1本決まって、それはアメリカのバンドと一緒だったそうですね。

たかはし:1回目のライブを観た人が誘ってくれて……マイケルだっけ?

ゆきやま:ブライアン(笑)。彼のイベントに出るはずだったバンドが急に出られなくなったらしく、「代わりのバンドを探してる」って誘ってくれて。

たかはし:シアトルのバンドに挟まれてたよね。

—お、たかはしさんの好きなグランジの本場じゃないですか。

たかはし:そう、本当にグランジだった。超かっこよかった。

たかはしほのか
たかはしほのか

たかはし:最初は全然人がいなかったんです。でも、曲をやっていくに連れて、お客さんが増えていって……あんなの初めてだよね。

ゆきやま:で、こっちもどんどん楽しくなっていって。

たかはし:そうそう、フォー! って盛り上がって。そこでの一番の気づきは、私、日本独自の邦楽ロックってあんまり好きじゃなかったんですけど、それがアメリカでウケたこと。

ゆきやま:周りのバンドが「グランジだ!」みたいな、私たちがもともと聴いていた、いかにもなアメリカのバンドだったから、逆に自分たちの音楽を新鮮に感じたというか。

たかはし:海外でやると、自分が外国人であることに気づいて、自分たちがやってるのは民族音楽なんだって思いました。

しかも、日本と盛り上がる部分が違うんですよ。日本ではサビで手を挙げる……リーガルリリーのライブではほとんど手は挙がらないけど(笑)、サビで盛り上がる。でも、あっちで一番盛り上がったのは、私のギターだけのところだったんです。ゆっくりのアルペジオのところでめっちゃ盛り上がって、「これだ!」と思って。

海(Ba):盛り上がりの波をわかってくれて、そこでちゃんと盛り上がってくれたよね。“蛍狩り”という曲は、ポエトリーリーディングみたいにずっと語りで、あとはバックの演奏の波で曲を作るんです。それをやったときに、日本語はわからないだろうけど、音の波を感じて、ギターの盛り上がりと一緒に……。

たかはし:思い出してテンション上がってきた(笑)。

リーガルリリー“蛍狩り”を聴く。“蛍狩り”は、アルバム『the Post』に収録されているシークレットトラック。“好きでよかった。”の10:56頃から流れ始める

—サビのメロディーや歌詞じゃなくて、ちゃんと自分たちが聴かせたい演奏の部分に反応してくれたと。

ゆきやま:手応えを感じました。ライブが終わったあとに結構話しかけてくれて、「魂を感じた」みたいなことを何回か言われて嬉しかったな。

たかはし:嬉しいね。私、なに言ってるかわからなくて、ずっと「サンキュー!」って言ってたけど(笑)。

海、ゆきやま
海、ゆきやま
Page 1
次へ

イベント情報

『リーガルリリーpresents「春はあけぼのツアー」』
『リーガルリリーpresents「春はあけぼのツアー」』

2019年4月2日(火)
会場:愛知県 名古屋 HUCK FINN

2019年4月4日(木)
会場:東京都 渋谷CLUB QUATTRO

2019年4月14日(日)
会場:大阪府 梅田 バナナホール

リリース情報

『the Telephone』
『the Telephone』(CD)

2018年6月6日(水)
価格:1,728円(税込)
BIOTOPE-003

1. スターノイズ
2. うつくしいひと
3. いるかホテル
4. overture
5. 僕のリリー
6. せかいのおわり

プロフィール

リーガルリリー
リーガルリリー

東京都出身ガールズ・スリーピースバンド。メンバーは、たかはしほのか(Vo,Gt)、海(Ba)、ゆきやま(Dr)。儚く透明感のある詞世界を音の渦に乗せて切り裂くように届ける。2014年に当時高校生であったVo.Gt.たかはしほのかとDr.ゆきやまが出会い、リーガルリリーを結成する。TOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』主催、未確認フェスティバル2015 準グランプリ獲得、カナダ3都市を回る海外公演ツアーに参加する等、10代の頃より精力的にバンド活動を行う。自主レーベルのBiotope recordsよりミニアルバムを3枚リリース、2018年の『スペースシャワー列伝2018』に参加する等バンドの勢いは留まることがない。2018年7月に新メンバーにBa.海が加入をし、ガールズ・スリーピースとして新体制となる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも