特集 PR

スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」

スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」

スガ シカオ『労働なんかしないで 光合成だけで生きたい』
インタビュー・テキスト
兵庫慎司
編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
2019/04/19

“おれだってギター1本抱えて 田舎から上京したかった”“あんなこと、男の人みんなしたりするの?”“ドキュメント2019 feat.Mummy-D”──『労働なんかしないで 光合成だけで生きたい』というアルバムタイトル(1曲目のタイトルでもある)が発表された時点で、ファンもファン以外もざわめいた、スガシカオ3年ぶりのニューアルバムのトラックリストには、そんな、ある意味振り切った曲名が並んでいる。

アルバム全体を通じて、人の心の奥底の部分を身もフタもなく形にしてしまうような濃さと、構えずにスッと楽曲の世界に入っていける軽やかさが両立している。ここにどのように辿り着いたのかを訊いた、CINRA.NETには5年ぶりの登場になるインタビューである。

そこまでびっくりされるタイトルだとは思ってなくて。戸惑ったんですけど。

—前作『THE LAST』(2016年1月リリース)以降、どんな3年間だったのかをまず教えていただけますか。

スガ:『THE LAST』が出たあとは、そのリリースツアーをやってから、ずっと毎日『スガフェス』の準備に追われていて(参照記事:スガシカオを愛する13組が集まったフェス、全ステージをレポート)。『スガフェス』が終わった直後は、アジアツアーに出たんですよ。台湾とシンガポールと東京もやって、その後2018年の年明けからは33本のひとり弾き語りツアー(『Hitori Sugar 2018』)をやって。

そのツアーが、強烈につらかったんです。4日連続ライブをやるときもあるような、詰めたスケジュールで。あと、(スタッフ含めて)3人だけで回ったから、会場設営から荷物の運搬から、なにからなにまで俺もやらなきゃいけなくて。それを33本やったらもうヘトヘトになった。で、「アルバムそろそろ作らないとな」って曲作りに入ったんですけど、身体もボロボロで疲れてて、『THE LAST』の呪縛にもまだ囚われていて。

ライブの様子
『Hitori Sugar 2018』

—『THE LAST』の呪縛とは?

スガ:あのアルバムは、自分の持ってるものをすべて出して、やりきっちゃったというか。あれを超えなきゃいけない、でもどう考えても今の状態であれを超えるものはできないな、みたいな呪縛にずっと囚われてた。

だから最初は全然曲が作れなかったですね。なにを作っても「いや、この曲じゃ『THE LAST』を超えられないなあ」ってボツにする、みたいな日々が続いて。

—それにスイッチが入ったきっかけが、オフィシャルサイトにも書いてありましたけども……。

スガ:そう、自分自身に対してアルバムを作るのを、一回やめようと思ったのがきっかけで。いっつも自分対自分でアルバムを作ってきたから、他の人、聴く人の顔が浮かぶような曲を作ってみようかな、って思って作り始めたら、けっこううまくいったんですよね。

電車で、目の前に座ってるサラリーマンとか、女子高生とか、イヤホンしてるじゃないですか。「あれ、流れてくる曲が、どんなだったらいいのかな?」みたいな。どんな曲だったら聴いてくれるのかな、「明日もがんばろう」って思ってくれるのかな、っていうのを、電車の中で考えたりとかして。今までは自分の内面に向かって探してたものを、矛先を変えてみたら、どんどん曲が出てくるようになったんですよね。

—そうやって聴く人のことを考えて作ったのは久しぶり?

スガ:いや、聴く人の顔とかは、これまで考えたことがなかったかなあ……ないかもしれない。初めてかも。

昔から、お客さんに喜んでもらおうっていう精神が、曲を作るときにないんですよ。まず自分が「これだ!」って思う曲を作って、みんながそれを聴いてくれたら、「あ、よかったね」っていう順序で。みんながびっくりするような、気持ちよくなるような曲を作ってやろうっていうモチベーションではないんですよね、そもそもが。

—で、そうやって作ったら、どんどん曲ができた?

スガ:うん、どんどんできた。やったことがないからさ、楽しくなってきちゃって。

あと、そういうアルバムの特性もあって、今まですぐ行きがちだった、エロとかグロとか18禁のものを、全部禁じ手にしたんです。電車の中で聴くのってさ、エロとかグロとかいう感じじゃないじゃん。そこは徹底した。あと、極端なシチュエーションの表現とかも、とにかく一回やめようと思って。それは調子が出始めたときに決めたの。

—自分史上初めての作り方?

スガ:うん、そうかも。

スガ シカオ
スガ シカオ

—でも、そこまで自分に禁じ手とかを課して作ったアルバムなのに、タイトルがこれっていうのが……。

スガ:(笑)。誤解を招く? いや、最初はね、気取った英語のタイトルを付けるつもりだったんですよ。CDの帯に収まるような短い単語で。だけど、音楽好きの友達とかといつも話をしていて……今、サブスクがすごいじゃない? もうみんなサブスクで聴いてる。俺もそうだし。

たとえば「NEW RELEASE」という枠でひとくくりにされていて、みんな頭からバーッてチェックしていって、つまらなかったら飛ばして、みたいに聴いていく中で、なにか爪痕を残したかったんですよね。英語でかっこいいタイトルを付けたとしても、あんまり爪痕は残らないんじゃないかな、って。

—ああ、確かに。

スガ:それで「あ、1曲目をそのままアルバムタイトルにしたら、ちょっとはひっかかるかもしれないな」と思って、これにしたんですよ。でも、そこまでびっくりされるタイトルだとは思ってなくて。タイトルを発表したときにすっごいリツイートされて、ちょっと戸惑ったんですけど。そんなに変なことを書いたつもりは……もっといっぱい変なことを書いてきたから(笑)。

スガ シカオ『労働なんかしないで 光合成だけで生きたい』ジャケット
スガ シカオ『労働なんかしないで 光合成だけで生きたい』ジャケット(Amazonで見る
Page 1
次へ

リリース情報

『労働なんかしないで 光合成だけで生きたい』初回限定盤
スガシカオ
『労働なんかしないで 光合成だけで生きたい』初回限定盤(CD+DVD)

2019年4月17日(水)発売
価格:4,968円(税込)
VIZL-1556
※スリーブケース仕様

[CD]
1.労働なんかしないで 光合成だけで生きたい
2.遠い夜明け
3.あんなこと、男の人みんなしたりするの?
4.am 5:00
5.おれだってギター1本抱えて 田舎から上京したかった
6.ドキュメント2019 feat.Mummy-D
7.スターマイン
8.黄昏ギター
9.マッシュポテト&ハッシュポテト
10.深夜、国道沿いにて

[DVD]
・『SUGA SHIKAO MUSIC VIDEO 2012-2018』
1.Re:you
2.アイタイ
3.アストライド
4.あなたひとりだけ 幸せになることは 許されないのよ
5.真夜中の虹
6.大晦日の宇宙船
7.雨ノチ晴レ
08.トワイライト★トワイライト
・『ぶらり途中下船できない旅』

スガ シカオ『労働なんかしないで 光合成だけで生きたい』通常盤
スガ シカオ
『労働なんかしないで 光合成だけで生きたい』通常盤(CD)

2019年4月17日(水)発売
価格:3,240円(税込)
VICL-65159

1.労働なんかしないで 光合成だけで生きたい
2.遠い夜明け
3.あんなこと、男の人みんなしたりするの?
4.am 5:00
5.おれだってギター1本抱えて 田舎から上京したかった
6.ドキュメント2019 feat.Mummy-D
7.スターマイン
8.黄昏ギター
9.マッシュポテト&ハッシュポテト
10.深夜、国道沿いにて

イベント情報

『SUGA SHIKAO TOUR 2019 ~労働なんかしないで 光合成だけで生きたい~』

2019年4月27日(土)
会場:神奈川 厚木市文化会館

2019年4月29日(月・祝)
会場:静岡県 グランシップ中ホール・大地

2019年5月6日(月・休)
会場:宮城県 仙台電力ホール

2019年5月12日(日)
会場:福岡県 福岡市民会館

2019年5月19日(日)
会場:富山県 黒部市国際文化センター コラーレ

2019年5月26日(日)
会場:北海道 わくわくホリデーホール

2019年5月31日(金)
会場:愛知県 名古屋市公会堂

2019年6月8日(土)
会場:大阪府 オリックス劇場

2019年6月9日(日)
会場:大阪府 オリックス劇場

2019年6月15日(土)
会場:新潟県 新潟県民会館

2019年6月16日(日)
会場:栃木県 那須塩原市黒磯文化会館

2019年6月22日(土)
会場:東京都 NHKホール

2019年6月23日(日)
会場:東京都 NHKホール

2019年6月28日(金)
会場:香川県 レグザムホール(香川県県民ホール)小ホール

2019年6月29日(土)
会場:広島県 三原市芸術文化センター ポポロ

プロフィール

スガ シカオ
スガ シカオ

1997年2月26日、『ヒットチャートをかけぬけろ』でデビュー。1stアルバム『Clover』以降、全てのオリジナルアルバムがオリコンTOP10入りを記録。2011年に所属事務所からの独立を発表。メジャー/インディーズの枠組みに捉われない独自の活動を行ってきたが、2014年シングル『アストライド/LIFE』でメジャーフィールドに完全復帰。2016年、6年ぶりのオリジナルアルバム『THE LAST』と自身がボーカルを務めるバンドkōkuaの1stアルバム『Progress』を連続リリース。デビュー20周年を迎えた2017年には、集大成イベント『スガフェス!』をさいたまスーパーアリーナ・大阪城ホールで開催。昨年2018年は、史上最多となる33都市弾き語りツアー『Hitori Sugar Tour 2018』で全国行脚を終了させた。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場 1

    『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場

  2. マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』 2

    マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』

  3. 坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演 3

    坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演

  4. 『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録 4

    『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録

  5. GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力 5

    GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力

  6. 星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う 6

    星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う

  7. 伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売 7

    伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売

  8. 北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開 8

    北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開

  9. 映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋 9

    映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋

  10. Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を 10

    Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を