特集 PR

スガシカオを愛する13組が集まったフェス、全ステージをレポート

『スガフェス! スガ シカオ~20年に一度のミラクルフェス~』
テキスト
兵庫慎司
編集:矢島由佳子
スガシカオを愛する13組が集まったフェス、全ステージをレポート

5月6日、さいたまスーパーアリーナにて、『スガフェス! スガ シカオ~20年に一度のミラクルフェス~』が開催された。前日まで行われていたフェス『VIVA LA ROCK』のプロデューサーであり、このフェスの共同プロデューサーでもあり、そもそもデビュー20周年イベントをやりたいというスガに、このフェスのインフラを共有する形での開催を提案したという鹿野淳が前説を務めたのち、イベントがスタート。二部構成で多数のゲストが出演した本イベントを、時間軸に沿ってレポしていく。

怒髪天は、スガ シカオデビュー20周年を祝う場で、結成30周年のTheピーズも讚えた

スガ シカオの20年を振り返る映像、本人による前説や会場説明の中継映像に続いて、最初に出演が発表された怒髪天がトップを飾った。“セイノワ”“オトナノススメ”と熱のこもったプレイに、アリーナ前方はもちろん、スタンドのあちこちでも拳が振り上げられる。

「スガくん、よく呼んでくれましたよ! 出るアーティストの発表が進むごとに青ざめましたよ! ヒット曲ないの、俺らと稲川淳二さんだけなんだから!」というMCで笑いをとった増子直純(Vo)。Theピーズが結成30周年を記念して行う初の日本武道館ワンマン(6月9日に開催)の宣伝をして、Theピーズのカバー“グライダー”を歌う。スガ シカオにエールを贈るこの出演で、Theピーズにもエールを贈ったということだ。

怒髪天(撮影:西槇太一)
怒髪天(撮影:西槇太一)

ラストはミラーボールが回り、四人でハッピを着て、カラオケで“夜空ノムコウ”を歌い始めた……と思ったら、2コーラス目のBメロからスガ シカオが「ご本人登場」的に歌いながら現れる。

怒髪天、スガ シカオ(撮影:西槇太一)
怒髪天、スガ シカオ(撮影:西槇太一)

終了後、ステージ転換中には、山本彩(NMB48)、ゲスの極み乙女。、及川光博、テリー伊藤、松任谷由実による、スガ シカオへのお祝いコメント映像が流れた。

THE BACK HORNは「スガさんに育てられました」

続いては、かつてスガ シカオとともに「スガ シカオ with 菅波栄純」としてライブ活動を行っていた菅波栄純がギターを務めるTHE BACK HORN。前日には『JAPAN JAM』のSUNSET STAGEのトリを飾ったばかりだが、この日は2番手に登場した。“罠”“刃”と、不穏かつ危険な空気を放ちまくるライブアンセム2連発でスタート。

THE BACK HORN(撮影:半田安政)
THE BACK HORN(撮影:半田安政)

宇多田ヒカル参加で話題になった最新シングル“あなたが待ってる”を経て、スガ シカオが加わり、山田将司とのツインボーカルによる美しいバラード“With You”にみんな聴き入る。なおスガは、「スガシカオ with 菅波栄純」のことを「汗くさいユニットだよね。夏しか活動してないから」とコメント。菅波からは、「スガさんに育てられました」という言葉がこぼれた。

THE BACK HORN、スガ シカオ(撮影:半田安政)
THE BACK HORN、スガ シカオ(撮影:半田安政)

終了後のステージ転換中には、再びお祝いコメントあり。石田ゆり子、奥田民生、谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)、平井堅、井上陽水の映像が流れた。

スガに「演奏能力が異常に高い」と言わせた、UNISON SQUARE GARDEN

UNISON SQUARE GARDENは、“桜のあと(all quartets lead to the?)”“オリオンをなぞる”でスタート。サポートメンバーもバックトラックもなし、三人で生演奏していることが信じがたいほど、すさまじい情報量の音がさいたまスーパーアリーナに響く。2曲終えたところで、斎藤宏介(Vo,Gt)が「今日は本当に短い時間なんですけど、全力で最後まで楽しませてもらいたいと思います」とあいさつ。

UNISON SQUARE GARDEN(撮影:西槇太一)
UNISON SQUARE GARDEN(撮影:西槇太一)

UNISON SQUARE GARDEN、スガ シカオ(撮影:西槇太一)
UNISON SQUARE GARDEN、スガ シカオ(撮影:西槇太一)

“オトノバ中間試験”“天国と地獄”をプレイしたあと、スガ シカオが登場。「みなさんもご存じのとおり、ユニゾンは演奏能力が異常に高いです。20年やっても追いつけるかどうかわからないけど、いっぱい練習してきました」という言葉から、「SUGASON SQUARE GARDEN」(斉藤宏介曰く)の四人で“シュガーソングとビターステップ”を演奏。間奏明けでスガがリードボーカルをとると、同時に大歓声が上がった。

Page 1
次へ

イベント情報

『スガフェス! スガ シカオ~20年に一度のミラクルフェス~』

2017年5月6日(土)
会場:埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
出演:
スガ シカオ
怒髪天
稲川淳二
ポルノグラフィティ
THE BACK HORN
山村隆太(flumpool)&高橋優
kōkua
Mr.Children
水樹奈々
UNISON SQUARE GARDEN
SKY-HI
RADIO FISH
ふなっしー

リリース情報

スガ シカオ『雨ノチ晴レ』
スガ シカオ
『雨ノチ晴レ』

2017年5月6日(土)配信リリース
価格:250円(税込)

スガ シカオ『ハッピーストライク』
スガ シカオ
『ハッピーストライク』

2017年5月6日(土)配信リリース
価格:250円(税込)

プロフィール

スガ シカオ
スガ シカオ

1997年デビュー。1stアルバム『Clover』以降、全てのオリジナルアルバムがTOP10入りを記録。2011年、所属事務所からの独立を発表し、同時に活動の場をインディーズに移す。インディーズ活動と並行し、2013年4月シングル『アイタイ』をメジャーリリース。各音楽チャートで軒並み上位を記録し、シーンに於ける存在感を改めて示した。その後も、メジャー / インディーズの枠組みに捉われない独自の活動を行ってきたが、2014年5月に発売した『アストライド / LIFE』でビクター / スピードスターレコーズと契約しメジャーフィールドに完全復帰。2016年1月20日には、6年ぶりのオリジナルアルバム『THE LAST』をリリース。2017年5月6日にはデビュー20周年を記念して、さいたまスーパーアリーナにて『スガフェス! スガ シカオ~20年に一度のミラクルフェス~』を開催した。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察