特集 PR

THREE1989×Emerald「音楽もファッションも今が一番いい時代」

THREE1989×Emerald「音楽もファッションも今が一番いい時代」

『DADARINRIN Supported by SILAS』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:豊島望 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

5月29日、渋谷WWWにて開催されるEggsによる新企画『DADARINRIN Supported by SILAS』に、THREE1989、Emerald、羊文学、Mellow Youth、MIRRROR(オープニングアクト)が出演。イーストロンドンを発祥とするアパレルブランド「SILAS」がサポートをし、出演者がSILASの服を着てステージに立つなど、音楽とファッションをミックスさせたストリートカルチャー的な要素の強いイベントとなっている。

そこで今回CINRA.NETでは、THREE1989のShoheyと、Emeraldの中野陽介という2人のフロントマンを招き、対談を実施した。1980年代のブラコンと2000年前後のネオソウルというそれぞれの立脚点を持ちつつも、様々な年代の音楽をクロスさせ、最終的には歌に寄り添ったアレンジを聴かせる両バンド。それぞれのボーカリストの矜持を聞くことによって見えてきたのは、日本語の歌の可能性と、「カルチャーを通じて、自分らしいあり方を肯定する」という、音楽とファッションの現代における存在意義であった。

最初の2秒で掴まないと。だから、すぐ手を出しちゃうんです(笑)。(Shohey)

―まずは、お互いのバンドに対する印象をお伺いしたいです。

Shohey:THREE1989はすぐサビから入ったりするんですけど、Emeraldはちゃんとイントロから聴かせてくるんですよね。僕らは「すぐ手が出ちゃう」みたいな感じなんですけど(笑)、中野さんたちは僕らよりちょっと上の世代ということもあって、大人の余裕を感じます。後々どっちを聴きたいかっていうと、ちゃんとイントロが印象に残ってるほうかもなって思ったりするんですよね。

中野:逆に俺はドアタマからサビの曲ってなかなか作れなくて。イントロ、Aメロって積み上げていってサビを作ることが多いから、フックを最初に作れるのってマジですごいなって思う。実際THREE1989の曲はマイケル・ジャクソンみたいなフックの強さがあって、最初からかましてくれるから、聴きやすいし、入りやすいんですよね。

―すぐ手が出ちゃうTHREE1989に対して、Emeraldは大人の余裕でじっくり近づいていくと(笑)。

中野:ビビってるだけかもしれないですけどね(笑)。

左から:Shohey(THREE1989)、中野陽介(Emerald)
左から:Shohey(THREE1989)、中野陽介(Emerald)

―実際に、Shoheyさんはサビから作ることが多いんですか?

Shohey:曲にもよるんですけど、大体サビから作ってますね。耳に残る言葉を探して、それをサビの最初に持ってくる作業から始めるかな。

―「最初で掴む」という考え方は、時代性も見据えてのこと?

Shohey:そうですね。SpotifyやApple Musicが広まって、言い方は悪いかもしれないですけど、音楽がファストファッション的な聴き方になってきたなかで、最初の2秒で掴まないとって思います。だから、すぐ手を出しちゃうんです(笑)。

THREE1989(すりー)<br>全員が1989年生まれの3人組バンドTHREE1989。Shohey(Vo)の圧倒的な歌唱力と美声、Datch(DJ)が生み出す、時にアッパーで時にディープなグルーヴ、Shimo(Key)の様々な楽器を使いこなす高いスキルを駆使しライブを行う。2019年2月13日に、3rdアルバム『Kiss』をリリースした。
THREE1989(すりー)
全員が1989年生まれの3人組バンドTHREE1989。Shohey(Vo)の圧倒的な歌唱力と美声、Datch(DJ)が生み出す、時にアッパーで時にディープなグルーヴ、Shimo(Key)の様々な楽器を使いこなす高いスキルを駆使しライブを行う。2019年2月13日に、3rdアルバム『Kiss』をリリースした。

中野:大事ですよね。俺も最近そこをシビアに考えるようになって、ドアタマサビ始まりに挑戦したいと思ってるんですよ。今月フィッシュマンズの“ゆらめき IN THE AIR”のカバーを発表して、それはドアタマから歌が始まるんです。最初からサビの曲を作ることに今かなり興味があるんですけど、「フックに注力しよう」って思ったのは、それこそTHREE1989とかを聴いていたからかもしれない。

Emerald(えめらるど)<br>2011年結成。ジャズ、ネオソウル、AORといったジャンルを軸にした楽曲群に、中野陽介の持つジャパニーズポップスの文脈が加わったそのサウンドは、新しいポップミュージックの形を提示している。2018年12月にはミニアルバム『On Your Mind』をリリースし、リードトラック“ムーンライト”がラジオ各局でパワープレイに選出。
Emerald(えめらるど)
2011年結成。ジャズ、ネオソウル、AORといったジャンルを軸にした楽曲群に、中野陽介の持つジャパニーズポップスの文脈が加わったそのサウンドは、新しいポップミュージックの形を提示している。2018年12月にはミニアルバム『On Your Mind』をリリースし、リードトラック“ムーンライト”がラジオ各局でパワープレイに選出。

ちゃんと歌っていい時代になってきたなって思いますよね。宇多田ヒカルさんがアルバムを出したことで、再燃した気がする。(Shohey)

―ボーカリストとしては、お互いのことをどう見ていますか?

Shohey:中野さんは声がすごく素敵じゃないですか? 初めてお会いしたときはまだEmeraldを聴いたことがなくて、曲を聴いたときに、話し声と歌声のギャップがすごいなって感じたんですよ。素敵な甘い声がすごく好きです。

中野:僕が最近聴いた日本のアーティストのなかで、Shoheyくんは断トツで歌が上手いと思う。PAELLASも上手いなって思ってたんですけど、Shoheyくんは表現力があるというか。俺、やっぱりスキルって大事だと思うんですよ。ヘタウマみたいなのはあんまり好きじゃなくて、確固たるスキルを持った人がちゃんと歌うって、すごく価値があると思う。

Shohey:ちゃんと歌っていい時代になってきたなって思いますよね。久保田利伸さんが出てきた時代から一周回って宇多田ヒカルさんが出てきた時代、さらに一周回って「歌」というものに着目される時代になったんじゃないかなと思います。宇多田ヒカルさんがアルバム(『Fantôme』、2016年発売)を出したことで、また再燃した気がしていて。いい時代が来たなって思いますね。

中野:「すごい人しか歌っちゃいけない」みたいな時代から、「歌をみんなのもとに取り戻そう」じゃないけど「ちょっと下手でもいいから歌う」みたいな時代になって、それはそれで楽しかった。でも、今みたいにちゃんと歌う人が増えてくると、やっぱり血沸き肉躍る感じがあるんですよね。

左から:Shohey(THREE1989)、中野陽介(Emerald)
Page 1
次へ

イベント情報

『DADARINRIN Supported by SILAS』
『DADARINRIN Supported by SILAS』

2019年5月29日(水)OPEN 18:30 START 19:00
会場:東京都 渋谷WWW
出演:
THREE1989
Emerald
羊文学
Mellow Youth
MIRRROR(オープニングアクト)
料金:3,000円(ドリンク代別)
※SILASネックポーチ付き

ブランド情報

「SILAS」
「SILAS」

1998年、イースト・ロンドンにてSILASスタート。SILASの掲げるコンセプトは、スケートや音楽からインスパイアされた「EAST LONDON STREET / イースト・ロンドン・ストリート」。ブリティッシュスタイルと、カルチャー的要素をミックスしたスタイルをベースとし、『洋服は着る人のライフスタイルを重視した独自の着こなし』が大切であると考えています。

プロフィール

THREE1989
THREE1989(すりー)

全員が1989年生まれの3人組バンドTHREE1989。Shohey(Vo)の圧倒的な歌唱力と美声、Datch(DJ)が生み出す、時にアッパーで時にディープなグルーヴ、Shimo(Key)の様々な楽器を使いこなす高いスキルを駆使しライブを行う。1970~80年代のR&B・ジャズ・ロックなどに感銘を受けたメンバーが創り出す、現代的なサウンドの中に当時の懐かしさを感じる、ニューノスタルジックな楽曲が特徴。また各メンバーが作詞、作曲、編曲を行う。演奏形態も場所や環境によってアレンジや構成を変えて演出する。サポートを招いての生バンドセットや、DJ卓に3人並んでのクラブセット、音数を減らしたアコースティックセットなど幅が広い。

Emerald
Emerald(えめらるど)

Emerald is 'Band'. Pop music発 Black Music経由 Billboard/Blue Note行。2011年結成。ジャズ、ネオソウル、AORといったジャンルを軸にした楽曲群に、ボーカル中野陽介の持つジャパニーズポップスの文脈が加わったそのサウンドは、新しいポップミュージックの形を提示する。2017年リリースの2ndアルバムがSpotifyプレイリストにピックアップされるなど、各方面から高い評価を受ける。2018年12月にはミニアルバム『On Your Mind』をリリースし、リードトラック“ムーンライト”がラジオ各局でパワープレイに選出。さらに、2018年1月にbonobos、11月にbohemianvoodoo、2019年4月にはものんくるを招きWWWにて自主企画を開催。いずれも大盛況となる。2019年は都内主要サーキットフェスに加え、野外フェスへの出演も決定。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及 1

    ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及

  2. 佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画 2

    佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画

  3. 記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着 3

    記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着

  4. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 4

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  5. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 5

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  6. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 6

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  7. ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン 7

    ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン

  8. 青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント 8

    青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント

  9. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 9

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  10. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 10

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る