インタビュー

GEZANマヒトが我々に問う。新しい世界の入り口で社会を見つめる

GEZANマヒトが我々に問う。新しい世界の入り口で社会を見つめる

インタビュー・テキスト・編集
山元翔一(CINRA.NET編集部)
撮影:水谷太郎

2019年3月、GEZANのマヒトゥ・ザ・ピーポーから突如連絡があった。「頭のなかを整理したいから話を聞いてほしい」。深夜3時過ぎに送られてきたショートメールにはそんな旨のことが書かれていた。

傑作『Silence Will Speak』から約半年、そのとき彼は、自らを取り巻く状況が劇的に変化しつつあることを教えてくれた。マヒトゥ・ザ・ピーポーとしてソロアルバムを2枚リリースし、初の小説を執筆、GEZANとしてはドキュメンタリー映画の公開を控え、『FUJI ROCK FESTIVAL '19』への出演も決定、そして自らが主催するイベント『全感覚祭』を東京と大阪の2会場で、フードフリーで開催することを矢継ぎ早に話した。

なぜ、彼らは命を削り生き急ぐような活動を展開しているのか? その背景を紐解くと、この社会に対して真摯に向き合うマヒトの眼差しが見えてきた。CINRA.NETでは、彼の目線を、考えを記録するべく連載企画を始動。すべてのはじまりとなる今回、彼は「新しい世界がもう目の前に来ている」と繰り返し語った。不穏にうねりをあげ、激しく変化する時代の渦中で我々は問われている。なぜなら、新しい世界には、新しい価値観が必要だから。

以下のテキストは、2019年4月に実施したインタビューである。これは、この世界に、あなたに、私に、巨大な疑問符を投げかけるひとりの音楽家の記録だ。

自分の役割は、世の中にある問題を個人のものに立ち返らせることなんだろなって感じて。

―今回、どこから話をはじめようかと考えたとき、6月に公開されるドキュメンタリー映画『Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN』を拝見させていただいたのもあって、この1年でマヒトさんが見てきたことを話していただくのが、一番リアリティーと説得力があるなと思ったんです。

マヒト:たしかに、直面したものが説得力を持つというのはそのとおりです。 今、SNS上で論理と論理で喧嘩させてそのうえで展開していく感じがずっとあるけど、自分の友達や知り合いがいたりすると、その考え自体に血が通い、意味が変わってくる。アメリカツアーもそれに近いような経験があったんです。今までテレビとかネットの世界とかで触れていた言葉が、温度を持って迫ってくる機会になった。レイシズムやLGBT、クィアのことを考えるときに、シンプルに言えば、そういう立場にいる友達の気持ちを想像して、思うってことが一番リアリティーがある。

マヒトゥ・ザ・ピーポー<br>2009年、バンド・GEZANを大阪にて結成。作詞作曲をおこないボーカルとして音楽活動開始。また音楽以外の分野では国内外のアーティストを自身のレーベル「十三月の甲虫」でリリースしたり、野外フェス『全感覚祭』やZINE展を主催したりとボーダーをまたぎ自由なスタンスで活動している。2019年2月に『不完全なけもの』、4月には『やさしい哺乳類』とソロアルバムを2作リリース。5月23日には、自身初の小説作品『銀河で一番静かな革命』を発表する。
マヒトゥ・ザ・ピーポー
2009年、バンド・GEZANを大阪にて結成。作詞作曲をおこないボーカルとして音楽活動開始。また音楽以外の分野では国内外のアーティストを自身のレーベル「十三月の甲虫」でリリースしたり、野外フェス『全感覚祭』やZINE展を主催したりとボーダーをまたぎ自由なスタンスで活動している。2019年2月に『不完全なけもの』、4月には『やさしい哺乳類』とソロアルバムを2作リリース。5月23日には、自身初の小説作品『銀河で一番静かな革命』を発表する。

―映画のなかにも、LGBTの人たちが集っているコミュニティーで演奏しているシーンがありました。

マヒト:アメリカって日本よりも露骨に人種差別があるから、コミュニティーを作って自分たちを守ることに対しては敏感なんだと感じた。価値観が多様化しすぎて、ある程度近い価値観の人同士で集まらないとサバイブできないというか、コミュニティーを作って集まる根底にはアメリカの社会状況が理由としてある気がする。

以前、Mean Jeansっていうバンドを日本に呼んで一緒にツアー回ったとき、メンバーが中国系アメリカ人の奥さんを日本ツアーに誘ったらしいんですけど、「日本に来るとレイシズムの対象になるから行きたくない。日本なんか嫌いだ」って言って拒否していたみたいで。外の世界から見ても日本ってそういうイメージなんだって新鮮だった。

でも、俺たちがアメリカツアーのときに1週間彼らの家に泊めてもらったんですけど、日本が好きになったらしくて。今度、新婚旅行で日本行くからみたいな感じに連絡がきたんですよ。シンプルに嬉しかった。

―まさに体験によって生じた変化ですね。

マヒト:そう。政治とか活動家みたいな人って、「構造」を変えることはできるんだけど、芸術や音楽は、そういう問題を体験に変えられる可能性を持っていると思っています。

マヒトゥ・ザ・ピーポー

マヒト:この前、アキ(SEALDs設立者の奥田愛基)と辺野古に行ったとき、ハンガーストライキ(何らかの主張を世間に広く訴えるために、断食を行うストライキの一種)をやっている仁士郎くん(「辺野古」県民投票の会、代表・元山仁士郎)に会ったりして。いろんな立場の人が様々なアクションをするんだけど、自分に役割があるとすれば、目に見えた問題に温度を与え、個人のものに立ち返らせることなんだろなって感じた。語る景色の向こう側に友人や大切な人の顔が浮かぶような、それは最短で議論の帰結を目指す学者たちが語る口からは省かれた顔たちなんです。

―芸術や音楽の力は「問題」を「体験」に変えられる。

マヒト:理路整然と隙がないようにしないと戦えない、みたいな前提がどこまで必要なのか? そもそも人間はよくわからない存在として生まれてきたわけで。

たとえば、辺野古の話(辺野古米軍基地建設の埋立ての賛否)でも、その背景にいろんなものがあって、県外の人間が「反対」って言えない雰囲気はあるんですよ。でもシンプルに、理屈ではなく「嫌だな」って思うものはそのまま嫌でいいと思う。動物的な感覚に立ち返り、もっと不完全なままその曖昧さを許容してもいいと思う。

マヒトゥ・ザ・ピーポー『不完全なけもの』(2019年)を聴く(Apple Musicはこちら
Page 1
次へ

作品情報

『Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN』
『Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN』

2019年6月21日(金)からシネマート新宿ほか全国で順次公開

監督:神谷亮佑
音楽:マヒトゥ・ザ・ピーポー
出演:
GEZAN
神谷亮佑
青葉市子
テニスコーツ
原田郁子(クラムボン)
THE NOVEMBERS
行松陽介
UC EAST
imai
踊ってばかりの国
HIMO
呂布カルマ
やっほー
ほか
上映時間:88分
配給:SPACE SHOWER FILMS

リリース情報

マヒトゥ・ザ・ピーポー『やさしい哺乳類』
マヒトゥ・ザ・ピーポー
『やさしい哺乳類』(CD)

2019年4月24日(水)発売
価格:2,300円(税込)
十三月 / JSGM-31

1. ゆうれいの恋
2. まだあの海が青かったころ ft 鎮座DOPENESS
3. Never cry if you want to fly
4. 超正義
5. flower me
6. 待夢
7. さよならグレーゴル
8. Slow flake

マヒトゥ・ザ・ピーポー
『不完全なけもの』(CD)

2019年2月6日(水)発売
価格:2,300円(税込)
JSGM-31

1. Wonderful World
2. HEAVEN SEVEN DAYS
3. frozen moon
4. 失敗の歴史
5. めのう
6. コトノハ
7. かんがえるけもの
8. Holy day

書籍情報

『銀河で一番静かな革命』

2019年5月23日(木)発売
著者:マヒトゥ・ザ・ピーポー
価格:1,620円(税込)
発行:幻冬舎

イベント情報

『十三月 presents 全感覚祭 19 -NEW AGE STEP-』
『十三月 presents 全感覚祭 19 -NEW AGE STEP-』

2019年9月21日(土)
会場:大阪府 堺 ROUTE26周辺
料金:無料(投げ銭制)

2019年10月12日(土)
会場:千葉県 印旛日本医大 HEAVY DUTY
料金:無料(投げ銭制)

プロフィール

マヒトゥ・ザ・ピーポー

2009年、バンド・GEZANを大阪にて結成。作詞作曲をおこないボーカルとして音楽活動開始。2011年、『沈黙の次に美しい日々』をリリース。全国流通前にして「ele-king」誌などをはじめ各所でソロアーティストとしてインタビューが掲載されるなど注目が集まる。2014年、kitiより2ndアルバム『POPCOCOON』発売。2014年には青葉市子とのユニットNUUAMMを結成し、アルバムを発売する。2015年にはpeepowという別名義でラップアルバム『Delete CIPY』をK-BOMBらと共に制作、BLACK SMOKER recordsにてリリース。また音楽以外の分野では国内外のアーティストを自身のレーベル、十三月の甲虫でリリースしたり、野外フェスである全感覚祭やZINE展を主催したりとボーダーをまたぎ自由なスタンスで活動している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談 1

    ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談

  2. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 2

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  3. 『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら 3

    『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら

  4. 歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来 4

    歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来

  5. 新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任 5

    新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任

  6. ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一 6

    ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一

  7. 米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録 7

    米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録

  8. ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着 8

    ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着

  9. 『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞 9

    『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞

  10. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 10

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために