特集 PR

里咲りさ、アイドル界の闇も突破してきた。栗原監督と歩みを聞く

里咲りさ、アイドル界の闇も突破してきた。栗原監督と歩みを聞く

マウスコンピューター
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:豊島望 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

現在26歳、里咲りさのこれまでの活動は、一筋縄ではいかない。アイドルユニットで業界の内情を学んだあと独立し、自ら事務所を立ち上げアイドルグループ「少女閣下のインターナショナル」として活動をはじめ、マネージメントやマーチャンダイジングなど運営にも携わった。ファンからは「社長」の愛称で呼ばれ、メディアからは「ぼったくりアイドル」と呼ばれるなど、そのユニークなポジションは他に例を見ない。現在はレーベル「HAWHA MUSIC RECORDS」を立ち上げ、シンガーソングライターとして活動している。ときには押しつぶされてしまいそうな試練を、いったい彼女はどのようにして乗り越えてきたのだろうか。

今回CINRA.NETでは、そんな里咲に波乱万丈な半生について前半でたっぷり語ってもらったあと、後半では3か月連続リリース・第1弾シングル『深呼吸』のミュージックビデオについて、監督の栗原航平と語ってもらった。栗原は、KANA-BOON“春を待って”のミュージックビデオなどを手がける人物でもあるが、青みがかった独特の色味などは里咲本人によるこだわりであり、クリエイターとしての里咲の才能をも示す力作に仕上がっている。里咲が切り拓く道は、アイドルとして悩んでいる人たちやクリエイター志望者へ、道標と勇気を与えるように思う。

「小山薫堂さん、秋元康さん、鈴木おさむさんは絶対!」って、子どもの頃から思っていました(笑)。(里咲)

左から:里咲りさ、栗原航平
左から:里咲りさ、栗原航平

―アイドルとしても活動していた里咲さんですが、もともとはシンガーソングライター志望だったんですよね?

里咲:はい。作詞作曲を始めたのは小6くらいだったんですけど、その前からお父さんとよく、たとえばスピッツの曲を流してそこに違う歌詞を即興で付け合うゲームみたいなことをしていて。あとから知ったんですけど、お父さんは昔「秋元康作詞塾」に通っていて、そこで教わった作詞術のひとつだったみたいです。

―へえ!

里咲:そんなふうに育ったから、小さい頃から絵本を描いたり、小説を書いたり、とにかくもの作りが好きだったんです。だから芸能界の裏方への憧れもありました。書くのが好きだから、脚本家や放送作家の道も考えていて。中学2年生のとき、書き溜めていた原稿や映画の脚本を、小山薫堂さんの事務所に持ち込んだこともあるんですよ。

―え、中2でですか?

里咲:もちろん薫堂さんとは会わせてもらえなくて、受付で預かってもらったんですけど(笑)。そのときは超悲しかったんですよね、「相手にされないんだ……」って。あとから社員の方に、「その行動力、素晴らしいと思うので頑張ってくださいね」というメールをいただいたのも覚えています。

実は去年、そのときのエピソードを薫堂さんのBSの番組にメールしたんですよ。そしたら連絡をいただいて、10年越しにご本人とお仕事をすることができました。

里咲りさ(さとさき りさ)<br>1992年9月25日生まれ、群馬県出身のシンガーソングライター。HAWHA MUSIC RECORDSの社長も務める。2014年アイドルグループ「少女閣下のインターナショナル」を旗揚げし運営兼メンバーとして活動。グループ活動休止後はソロ活動に専念し、すべて手焼きでリリースした初のミニアルバムが累計3000枚のセールスを記録し、CD-Rとしては異例のオリコンランクイン。2017年、Zepp DiverCity TOKYO公演を成功させる。
里咲りさ(さとさき りさ)
1992年9月25日生まれ、群馬県出身のシンガーソングライター。HAWHA MUSIC RECORDSの社長も務める。2014年アイドルグループ「少女閣下のインターナショナル」を旗揚げし運営兼メンバーとして活動。グループ活動休止後はソロ活動に専念し、すべて手焼きでリリースした初のミニアルバムが累計3000枚のセールスを記録し、CD-Rとしては異例のオリコンランクイン。2017年、Zepp DiverCity TOKYO公演を成功させる。

―本当にすごい行動力。放送作家への憧れは、お父さんの影響も大きいのでしょうね。

里咲:そう思います。「小山薫堂さん、秋元康さん、鈴木おさむさんとは絶対にいつかお仕事ご一緒したい!」って、子どもの頃から思っていましたから(笑)。

朝から晩まで週6で働いてたけど、お金は全然ないし、本当に大変でした。(里咲)

―早稲田大学文化構想学部に在籍していた頃は、「リサ」名義でのタレント活動や、バイトでテレビの裏方仕事などをしていたそうですね。

里咲:はい。でも全然お金にならなかったから、「もう全部やめて仕切り直しするぞ!」と。大学を中退して、アパートも解約して実家へ戻ろうとしたんですけど、当時「預かり」だった事務所へ最後の挨拶をしに行ったら、「ちょっと待って、最後にひとついい仕事あるから」と言われて。「いやもう住むところも引き払ったし」って感じだったんですけど、「有名な芸人さんが命名したアイドルグループが始まるから、そこに入らない?」って。

その頃はまだ経験も浅かったので、「やった! 千載一遇のチャンスきた」って舞い上がってしまって(笑)。シンガーソングライターになるつもりが、いつの間にかアイドルになっていたんですよね。

里咲りさ

―そのアイドルユニットの活動は、なかなかハードだったそうですね。

里咲:「家電量販店で働くアイドル」というコンセプトだったんです。メンバー全員、本当に家電量販店で働いていました。私、その家電量販店で、プロバイダーの契約をめちゃくちゃまとめていたんですよ! 売り上げ成績が日本一とかになっちゃって。

―すごい(笑)。

里咲:朝から晩まで週6で働いて、そのあとレッスン2、3時間やって。だけどお金は全然ないし、一人暮らしで本当に大変でしたね。消費者金融の前で悩んだこともありましたよ、「今月あと3万足りない……」って。

里咲りさ
Page 1
次へ

商品情報

ノートPC「DAIV-NG5800U1-M2SH5」
ノートPC
「DAIV-NG5800U1-M2SH5」

狭額縁による大画面液晶。高負荷作業も可能な持ち運べるクリエイティブ環境。

サイト情報

「CREATOR'S VOICE」
「CREATOR'S VOICE」

里咲りささんの作品制作にかける思いを伺ったインタビューと、ミュージックビデオの制作過程を撮影したメイキングムービーをお届け。

プロフィール

里咲りさ
里咲りさ(さとさき りさ)

1992年9月25日生まれ、群馬県出身のシンガーソングライター。HAWHA MUSIC RECORDSの社長も務める。2014年アイドルグループ「少女閣下のインターナショナル」を旗揚げし運営兼メンバーとして活動。グループ活動休止後はソロ活動に専念し、すべて手焼きでリリースした初のミニアルバムが累計3000枚のセールスを記録し、CD-Rとしては異例のオリコンランクイン。2017年、Zepp DiverCity TOKYO公演を成功させる。2019年4月には三作品連続リリースの第一弾として『深呼吸』を発売。

栗原航平(くりはら こうへい)

1996年生まれ。首都大学東京インダストリアルアート学科卒業。映像ディレクター、モーショングラフィックデザイナー。大学入学と同時期にモーショングラフィックス / モーションデザインを独学し、映像制作を始める。『コエ オーディション』最終選考にて、KANA-BOON“春を待って”のミュージックビデオを手がける。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開