特集 PR

東京ゲゲゲイ×根本宗子、意識しあっていた2組が交わるとき

東京ゲゲゲイ×根本宗子、意識しあっていた2組が交わるとき

パルコ「50年目の、新しいパルコ。」
インタビュー・テキスト
土佐有明
撮影:垂水佳菜 編集:中田光貴(CINRA.NET編集部)

今年4本の舞台を演出する劇作家 / 演出家の根本宗子が、8月25日から9月1日まで、東京芸術劇場プレイハウスで『プレイハウス』を上演する。同作はパルコプロデュース公演で、これが初舞台となるアイドルグループ、GANG PARADEが主演を務める。

そして、同作の振付を担当するのが音楽劇からダンスまで自由自在な活動を展開するアーティスト集団、東京ゲゲゲイのMARIE。東京ゲゲゲイはMIKEY、BOW、MARIE、MIKU、YUYUの5人から成り、DREAMS COME TRUEやクリープハイプのMVにも出演している。

東京ゲゲゲイからMARIE、BOW、そして根本に集まってもらい、演技論、演出論からミュージカルについてまで、様々なトピックについて語り合ってもらった。

(根本の舞台を観て)なんなんだこの人(根本)無敵だな、しかも若い! ってびっくりしました。(BOW)

―根本さんも東京ゲゲゲイ(以下、ゲゲゲイ)も舞台の第一線でご活躍されていますが、お互いの存在を意識したのはいつ頃ですか?

根本:元々ものすごく前から存在を知ってはいたんですけど、単独公演を観に行くきっかけになったのは、『ライチ☆光クラブ』(古屋兎丸の漫画が原作の歌劇。2015年の公演に東京ゲゲゲイが出演)ですね。ステージングが素晴らしすぎて、これは演出家だけの力じゃないだろうと。私の舞台はあまりダンスシーンがないので、いいな、うらやましいなと思ったのが最初です。

それから単独公演も観に行くようになって。作品も毎回違うというか、お芝居っぽい要素が強いときもあれば、ダンス寄り、ミュージカル寄りのものもやられていて。どうやったらそんなに動けるんだろう? って、毎回ひたすら感動して帰るんです。自分が作っているものとまったく作り方が違うので、毎回驚きの連続です。

左から:BOW(東京ゲゲゲイ)、MARIE(東京ゲゲゲイ)、根本宗子
左から:BOW(東京ゲゲゲイ)、MARIE(東京ゲゲゲイ)、根本宗子

BOW:私は小劇場にお芝居を観に行くのが好きなんですが、チラシを見てずっと根本さんのことが気になっていて。初めて観たのは『クラッシャー女中』でした。謎の脚本も面白かったけど、ご自身が出演もされていて、なんなんだこの人無敵だな、しかも若い! ってびっくりしましたね。

MARIE:私は母親が根本さんのことを知っていて。根本宗子さんっていう演出家知ってる? って聞かれたことがあったので、お名前は存じあげてました。

今回『プレイハウス』の振付をやるにあたって今までの作品を映像で見させて頂いて、細い身体からは想像できない演技や演出をするなと思いました。『スーパーストライク』という公演では歌いながら踊っていて、「あ、この人踊れるな」と思いましたね。

BOW:私は今日が初対面なんですけど、こんなにふわっとした女性らしい方だとは思いませんでした。

根本:それ、よく言われます。とんでもないクレイジーなやつが出てくるかと思われるみたいで(笑)。

根本宗子(ねもと しゅうこ)<br>劇作家、演出家、俳優。1989年10月16日生まれ、東京都出身。19歳で劇団、月刊「根本宗子」を旗揚げ。以降、劇団公演ではすべての作品の作、演出を手掛け、女優としても外部作品にも多数出演。最近ではテレビドラマ、ショートムービーなどの映像脚本やアーティストへの歌詞提供など、演劇以外でも精力的に活動中。2015年上演の『夏果て幸せの果て』に続き、2018年上演の『愛犬ポリーの死、そして家族の話』が『第63回岸田國士戯曲賞』最終候補作品に選出された。2019年には劇団旗揚げ10週年を迎えた。
根本宗子(ねもと しゅうこ)
劇作家、演出家、俳優。1989年10月16日生まれ、東京都出身。19歳で劇団、月刊「根本宗子」を旗揚げ。以降、劇団公演ではすべての作品の作、演出を手掛け、女優としても外部作品にも多数出演。最近ではテレビドラマ、ショートムービーなどの映像脚本やアーティストへの歌詞提供など、演劇以外でも精力的に活動中。2015年上演の『夏果て幸せの果て』に続き、2018年上演の『愛犬ポリーの死、そして家族の話』が『第63回岸田國士戯曲賞』最終候補作品に選出された。2019年には劇団旗揚げ10週年を迎えた。

―今回の『プレイハウス』はミュージカルですね。根本さんは日本のミュージカル事情についてどう感じていますか。

根本:今の日本のミュージカルって、外国でやっている作品を日本でやることが8割ぐらいだと思うんです。でも、どうしても日本語に訳すると台詞が収まりきらないし、訳詞の人のセンスがすごく問われる気がしていて。最近だと『キンキーブーツ』は日本でやってうまくいっている例だと思うんですけど、「ださっ!」みたいな作品も結構ある。

この前もロンドンで『ウェイトレス』っていうすごく流行ってるミュージカルを観たんですけど、舞台設定がパイを作る名人がいるダイナーなんですよ。主人公の女の子がそこで働いてるんですけど、そもそもダイナーに日常的に行く感覚もないし、チェリーパイとか食べてないし、そこのずれがすごくあった。外国人がやっていれば非日常として楽しめるんですけど、これ、日本で自分がやるとしたらうまくできる自信がないなって。

根本宗子
根本宗子

根本:だから、自分がやるんだったらオリジナルのミュージカルをやりたいなって思っています。今回はGANG PARADEの曲を使ってやりますけど、将来的には全部自分で歌詞を書いて音楽家がいて、みたいなミュージカルを作りたいなっていうのがあるんです。

―あと、やっぱり日本人は急に歌いだすのに抵抗ありますよね。

根本:日本人にとって、そこのハードルは高いじゃないですか。よいしょってしないと。よいしょってしないでいい俳優さんが自然に流れで歌うようなものを作れれば面白いのかなと思うんですけど、なかなか……。

左から:根本宗子、BOW(東京ゲゲゲイ)、MARIE(東京ゲゲゲイ)
左から:根本宗子、BOW(東京ゲゲゲイ)、MARIE(東京ゲゲゲイ)
Page 1
次へ

サイト情報

『パルコ50周年キャンぺーンサイト』
『パルコ50周年キャンぺーンサイト』

2019年1月1日からスタートしたパルコの50周年キャンペーン「50年目の、新しいパルコ。」の特設サイト。同サイトでは、インタビュー企画や謝恩企画など、随時情報が更新中。

イベント情報

PARCOプロデュース
『プレイハウス』

2019年8月25日(日)~9月1日(日)
会場:東京都 東京芸術劇場 プレイハウス

出演:
GANG PARADE(カミヤサキ / ヤママチミキ / ユメノユア / キャン・GP・マイカ / ユイ・ガ・ドクソン / ココ・パティーン・ココ / テラシマユウカ / ハルナ・バッ・チーン / 月ノウサギ / ナルハワールド)
磯村勇斗
栗原類
鳥越裕貴
富川一人
ブルー&スカイ
猫背椿

プロフィール

BOW(ぼう)

1988年11月1日生まれ、埼玉県出身。高校時代に映像製作を学び、演技の勉強をしている際に、MIKEYの出演していた『渋谷アリス』を観劇。以来、MIKEYの元でダンスを学び、東京ゲゲゲイに結成時より加わる。最近では、新しい地図の『星のファンファーレ』『SINGING』の振付をするなど、活動を広げている。

MARIE(まりえ)

1990年7月24日生まれ、東京都出身。東京ゲゲゲイの前身、バニラグロテスクに主要メンバーの一人として参加して以来、リーダーのMIKEYがつくる作品に携わる。舞台『ASTERISK』(2015年、2016年)、近年のゲゲゲイ単独公演では衣裳を担当。最近では他アーティストに振付を提供するなどしている。『プレイハウス』で初舞台振付を務める。

根本宗子(ねもと しゅうこ)

劇作家、演出家、俳優。1989年10月16日生まれ、東京都出身。19歳で劇団、月刊「根本宗子」を旗揚げ。以降、劇団公演ではすべての作品の作、演出を手掛け、女優としても外部作品にも多数出演。最近ではテレビドラマ、ショートムービーなどの映像脚本やアーティストへの歌詞提供など、演劇以外でも精力的に活動中。2015年上演の『夏果て幸せの果て』に続き、2018年上演の『愛犬ポリーの死、そして家族の話』が『第63回岸田國士戯曲賞』最終候補作品に選出された。2019年には劇団旗揚げ10週年を迎えた。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される