特集 PR

東京ゲゲゲイ×根本宗子、意識しあっていた2組が交わるとき

東京ゲゲゲイ×根本宗子、意識しあっていた2組が交わるとき

パルコ「50年目の、新しいパルコ。」
インタビュー・テキスト
土佐有明
撮影:垂水佳菜 編集:中田光貴(CINRA.NET編集部)

今年4本の舞台を演出する劇作家 / 演出家の根本宗子が、8月25日から9月1日まで、東京芸術劇場プレイハウスで『プレイハウス』を上演する。同作はパルコプロデュース公演で、これが初舞台となるアイドルグループ、GANG PARADEが主演を務める。

そして、同作の振付を担当するのが音楽劇からダンスまで自由自在な活動を展開するアーティスト集団、東京ゲゲゲイのMARIE。東京ゲゲゲイはMIKEY、BOW、MARIE、MIKU、YUYUの5人から成り、DREAMS COME TRUEやクリープハイプのMVにも出演している。

東京ゲゲゲイからMARIE、BOW、そして根本に集まってもらい、演技論、演出論からミュージカルについてまで、様々なトピックについて語り合ってもらった。

(根本の舞台を観て)なんなんだこの人(根本)無敵だな、しかも若い! ってびっくりしました。(BOW)

―根本さんも東京ゲゲゲイ(以下、ゲゲゲイ)も舞台の第一線でご活躍されていますが、お互いの存在を意識したのはいつ頃ですか?

根本:元々ものすごく前から存在を知ってはいたんですけど、単独公演を観に行くきっかけになったのは、『ライチ☆光クラブ』(古屋兎丸の漫画が原作の歌劇。2015年の公演に東京ゲゲゲイが出演)ですね。ステージングが素晴らしすぎて、これは演出家だけの力じゃないだろうと。私の舞台はあまりダンスシーンがないので、いいな、うらやましいなと思ったのが最初です。

それから単独公演も観に行くようになって。作品も毎回違うというか、お芝居っぽい要素が強いときもあれば、ダンス寄り、ミュージカル寄りのものもやられていて。どうやったらそんなに動けるんだろう? って、毎回ひたすら感動して帰るんです。自分が作っているものとまったく作り方が違うので、毎回驚きの連続です。

左から:BOW(東京ゲゲゲイ)、MARIE(東京ゲゲゲイ)、根本宗子
左から:BOW(東京ゲゲゲイ)、MARIE(東京ゲゲゲイ)、根本宗子

BOW:私は小劇場にお芝居を観に行くのが好きなんですが、チラシを見てずっと根本さんのことが気になっていて。初めて観たのは『クラッシャー女中』でした。謎の脚本も面白かったけど、ご自身が出演もされていて、なんなんだこの人無敵だな、しかも若い! ってびっくりしましたね。

MARIE:私は母親が根本さんのことを知っていて。根本宗子さんっていう演出家知ってる? って聞かれたことがあったので、お名前は存じあげてました。

今回『プレイハウス』の振付をやるにあたって今までの作品を映像で見させて頂いて、細い身体からは想像できない演技や演出をするなと思いました。『スーパーストライク』という公演では歌いながら踊っていて、「あ、この人踊れるな」と思いましたね。

BOW:私は今日が初対面なんですけど、こんなにふわっとした女性らしい方だとは思いませんでした。

根本:それ、よく言われます。とんでもないクレイジーなやつが出てくるかと思われるみたいで(笑)。

根本宗子(ねもと しゅうこ)<br>劇作家、演出家、俳優。1989年10月16日生まれ、東京都出身。19歳で劇団、月刊「根本宗子」を旗揚げ。以降、劇団公演ではすべての作品の作、演出を手掛け、女優としても外部作品にも多数出演。最近ではテレビドラマ、ショートムービーなどの映像脚本やアーティストへの歌詞提供など、演劇以外でも精力的に活動中。2015年上演の『夏果て幸せの果て』に続き、2018年上演の『愛犬ポリーの死、そして家族の話』が『第63回岸田國士戯曲賞』最終候補作品に選出された。2019年には劇団旗揚げ10週年を迎えた。
根本宗子(ねもと しゅうこ)
劇作家、演出家、俳優。1989年10月16日生まれ、東京都出身。19歳で劇団、月刊「根本宗子」を旗揚げ。以降、劇団公演ではすべての作品の作、演出を手掛け、女優としても外部作品にも多数出演。最近ではテレビドラマ、ショートムービーなどの映像脚本やアーティストへの歌詞提供など、演劇以外でも精力的に活動中。2015年上演の『夏果て幸せの果て』に続き、2018年上演の『愛犬ポリーの死、そして家族の話』が『第63回岸田國士戯曲賞』最終候補作品に選出された。2019年には劇団旗揚げ10週年を迎えた。

―今回の『プレイハウス』はミュージカルですね。根本さんは日本のミュージカル事情についてどう感じていますか。

根本:今の日本のミュージカルって、外国でやっている作品を日本でやることが8割ぐらいだと思うんです。でも、どうしても日本語に訳すると台詞が収まりきらないし、訳詞の人のセンスがすごく問われる気がしていて。最近だと『キンキーブーツ』は日本でやってうまくいっている例だと思うんですけど、「ださっ!」みたいな作品も結構ある。

この前もロンドンで『ウェイトレス』っていうすごく流行ってるミュージカルを観たんですけど、舞台設定がパイを作る名人がいるダイナーなんですよ。主人公の女の子がそこで働いてるんですけど、そもそもダイナーに日常的に行く感覚もないし、チェリーパイとか食べてないし、そこのずれがすごくあった。外国人がやっていれば非日常として楽しめるんですけど、これ、日本で自分がやるとしたらうまくできる自信がないなって。

根本宗子
根本宗子

根本:だから、自分がやるんだったらオリジナルのミュージカルをやりたいなって思っています。今回はGANG PARADEの曲を使ってやりますけど、将来的には全部自分で歌詞を書いて音楽家がいて、みたいなミュージカルを作りたいなっていうのがあるんです。

―あと、やっぱり日本人は急に歌いだすのに抵抗ありますよね。

根本:日本人にとって、そこのハードルは高いじゃないですか。よいしょってしないと。よいしょってしないでいい俳優さんが自然に流れで歌うようなものを作れれば面白いのかなと思うんですけど、なかなか……。

左から:根本宗子、BOW(東京ゲゲゲイ)、MARIE(東京ゲゲゲイ)
左から:根本宗子、BOW(東京ゲゲゲイ)、MARIE(東京ゲゲゲイ)
Page 1
次へ

サイト情報

『パルコ50周年キャンぺーンサイト』
『パルコ50周年キャンぺーンサイト』

2019年1月1日からスタートしたパルコの50周年キャンペーン「50年目の、新しいパルコ。」の特設サイト。同サイトでは、インタビュー企画や謝恩企画など、随時情報が更新中。

イベント情報

PARCOプロデュース
『プレイハウス』

2019年8月25日(日)~9月1日(日)
会場:東京都 東京芸術劇場 プレイハウス

出演:
GANG PARADE(カミヤサキ / ヤママチミキ / ユメノユア / キャン・GP・マイカ / ユイ・ガ・ドクソン / ココ・パティーン・ココ / テラシマユウカ / ハルナ・バッ・チーン / 月ノウサギ / ナルハワールド)
磯村勇斗
栗原類
鳥越裕貴
富川一人
ブルー&スカイ
猫背椿

プロフィール

BOW(ぼう)

1988年11月1日生まれ、埼玉県出身。高校時代に映像製作を学び、演技の勉強をしている際に、MIKEYの出演していた『渋谷アリス』を観劇。以来、MIKEYの元でダンスを学び、東京ゲゲゲイに結成時より加わる。最近では、新しい地図の『星のファンファーレ』『SINGING』の振付をするなど、活動を広げている。

MARIE(まりえ)

1990年7月24日生まれ、東京都出身。東京ゲゲゲイの前身、バニラグロテスクに主要メンバーの一人として参加して以来、リーダーのMIKEYがつくる作品に携わる。舞台『ASTERISK』(2015年、2016年)、近年のゲゲゲイ単独公演では衣裳を担当。最近では他アーティストに振付を提供するなどしている。『プレイハウス』で初舞台振付を務める。

根本宗子(ねもと しゅうこ)

劇作家、演出家、俳優。1989年10月16日生まれ、東京都出身。19歳で劇団、月刊「根本宗子」を旗揚げ。以降、劇団公演ではすべての作品の作、演出を手掛け、女優としても外部作品にも多数出演。最近ではテレビドラマ、ショートムービーなどの映像脚本やアーティストへの歌詞提供など、演劇以外でも精力的に活動中。2015年上演の『夏果て幸せの果て』に続き、2018年上演の『愛犬ポリーの死、そして家族の話』が『第63回岸田國士戯曲賞』最終候補作品に選出された。2019年には劇団旗揚げ10週年を迎えた。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. GEZANマヒト談話・後編。希望を歌う覚悟と、己に潜む怪物を語る 1

    GEZANマヒト談話・後編。希望を歌う覚悟と、己に潜む怪物を語る

  2. 新田真剣佑がThe Chainsmokers“Closer”を公式カバー、歌唱映像も公開 2

    新田真剣佑がThe Chainsmokers“Closer”を公式カバー、歌唱映像も公開

  3. 羊文学・塩塚が語る、愛と許し 聴き手の「よりどころ」となる歌を 3

    羊文学・塩塚が語る、愛と許し 聴き手の「よりどころ」となる歌を

  4. 蜷川実花の写真集『悪い男』に菅田将暉、松坂桃李、斎藤工、片寄涼太ら登場 4

    蜷川実花の写真集『悪い男』に菅田将暉、松坂桃李、斎藤工、片寄涼太ら登場

  5. 『ONE PIECE』×カップヌードルCM完結 ルフィの高校生としての素顔が判明 5

    『ONE PIECE』×カップヌードルCM完結 ルフィの高校生としての素顔が判明

  6. 『ハスラーズ』の怒り。オスカー候補から漏れた事実も物語と共振 6

    『ハスラーズ』の怒り。オスカー候補から漏れた事実も物語と共振

  7. 東京事変の新EP『ニュース』4月発売 “選ばれざる国民”含む新曲5曲収録 7

    東京事変の新EP『ニュース』4月発売 “選ばれざる国民”含む新曲5曲収録

  8. 星野源が「世界で歌う」胸中を語るNHK特番 ワールドツアーのライブ映像も 8

    星野源が「世界で歌う」胸中を語るNHK特番 ワールドツアーのライブ映像も

  9. 上地雄輔が役柄を語る 『連続ドラマW 彼らを見ればわかること』第5話紹介 9

    上地雄輔が役柄を語る 『連続ドラマW 彼らを見ればわかること』第5話紹介

  10. 「観た人間は全員死んだ」 映画『アントラム/史上最も呪われた映画』 10

    「観た人間は全員死んだ」 映画『アントラム/史上最も呪われた映画』