特集 PR

クリウィムバアニーはハプニングを求める。歩み寄らない創作方法

クリウィムバアニーはハプニングを求める。歩み寄らない創作方法

クリウィムバアニー『NΔU』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:豊島望 編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)

アイドルソングやエレクトロミュージックを背景に女子たちが踊り、ときには大掛かりな仕掛けで空間が変容する作品を作ってきたクリウィムバアニー。同カンパニーを主宰する菅尾なぎさは、乃木坂46や私立恵比寿中学の振付を行うなど多面的な活動を見せている。

そんな彼女の新作公演『NΔU』の開幕が6月21日に迫るなか、同作の音楽を担当するDaisuke Tanabeとの対談を行うこととなった。音楽とアートの国際フェスティバル『Sonar Festival』への参加などで知られる彼と菅尾はいったいどんな世界を作り出そうとしているのだろうか? 制作に追われる2人に話を聞いた。

自分に似た変態的な感じがあって「絶対にいつかご一緒するぞ!」と固く心で誓っていました。(菅尾)

─Tanabeさんのクリウィムバアニー(以下、クリウィム)との初めての出会いはどんなものでしたか?

Tanabe:作品としては『KれウィンバーNnイー|KrewinburNny』(2017年)が初めて観た作品ですが、すごい変な内容で緊張しました。入場時にうどん踏みをさせられたり、うどんを投げつけられたり(笑)。

菅尾:ははは。去年の『crewimburnny presents ¥℅楽 PARTY!!!』もヤバかったでしょう。冷房のないところを会場にしてしまったばかりに、出演者一同地獄のような暑さに襲われて。

Tanabe:ひどかった(笑)。滝のような汗で機材も壊れちゃうし。

クリウィムバアニー『crewimburnny presents ¥℅楽 PARTY!!!』 / photo by Yuki Tanzawa
クリウィムバアニー『crewimburnny presents ¥℅楽 PARTY!!!』 / photo by Yuki Tanzawa
Daisuke Tanabe(だいすけ たなべ)<br>千葉県在住の音楽家 / 作曲家。偶然の重なりから初ライブはロンドンの廃墟で行われた大規模スクウォットパーティー。2006年、紆余曲折を経てリリースした初のEPが『BBC Radio1 Worldwide Award』にノミネートされ、その後も世界最大規模の都市型フェス『Sonar Barcelona』 への出演、イタリアでのデザインの祭典『ミラノサローネ』への楽曲提供等幅広く活動中。釣り好き。 / photo by Yuki Tanzawa
Daisuke Tanabe(だいすけ たなべ)
千葉県在住の音楽家 / 作曲家。偶然の重なりから初ライブはロンドンの廃墟で行われた大規模スクウォットパーティー。2006年、紆余曲折を経てリリースした初のEPが『BBC Radio1 Worldwide Award』にノミネートされ、その後も世界最大規模の都市型フェス『Sonar Barcelona』 への出演、イタリアでのデザインの祭典『ミラノサローネ』への楽曲提供等幅広く活動中。釣り好き。 / photo by Yuki Tanzawa

─お2人の最初のコラボになった作品ですね。

菅尾:夕方から夜までの長丁場で、クリウィムとバンドやVJの人がコラボしまくるフェス的なイベントをやりたくて、その1組としてTanabeさんにお声がけしました。

─そんな修羅場を共に過ごした者同士が、今回あらためてタッグを組むわけですね。

菅尾:でも、すごく合うと思ったんですよ。音源を聴いてもどこか変態的な気配があるし、実際に話してみても自分に似た仕事のスタンスがあって「また絶対にいつかご一緒するぞ!」と固く心で誓っていました。

菅尾なぎさ<br>振付家、演出家、ダンサー。クリウィムバアニー主宰。1999年に自身主宰のカンパニーでの活動をはじめる。同年、イデビアン・クルーの公演に出演し、現在まで多数の作品に出演。2005年に女性だけのカンパニー「クリウィムバアニー」を立ち上げ、遊覧型ぱふぉーまんす『がムだムどムどム』、ゲーム体感型パフォーマンス『dbdqpbdb』など、リアルでフィクション、スタイル / カルチャーでは語り尽くせない視覚、感覚の渦に観客を魅了し、身体の動きの妙と演出で特異な 世界観をうみだしている。乃木坂46や私立恵比寿中学などの楽曲、CMや舞台など多方面の振付や出演でも活躍している。(すがお なぎさ)
菅尾なぎさ
(すがお なぎさ)振付家、演出家、ダンサー。クリウィムバアニー主宰。1999年に自身主宰のカンパニーでの活動をはじめる。同年、イデビアン・クルーの公演に出演し、現在まで多数の作品に出演。2005年に女性だけのカンパニー「クリウィムバアニー」を立ち上げ、遊覧型ぱふぉーまんす『がムだムどムどム』、ゲーム体感型パフォーマンス『dbdqpbdb』など、リアルでフィクション、スタイル / カルチャーでは語り尽くせない視覚、感覚の渦に観客を魅了し、身体の動きの妙と演出で特異な 世界観をうみだしている。乃木坂46や私立恵比寿中学などの楽曲、CMや舞台など多方面の振付や出演でも活躍している。

完成して動けるダンサーにはぜんぜん興味がなくて。(菅尾)

─菅尾さんはコンテンポラリーダンスの領域や、もちろん自分のカンパニーであるクリウィムでも特異な表現を続けてらっしゃいますが、クライアントワークでもけっこう変わった振付を突っ込んでくる人という印象があります。元乃木坂46の伊藤万理華“はじまりか、”とか、ちょっと前にバズりまくった『チカっとチカ千花っ♡』とか。

菅尾:おかげさまで『チカ千花っ』は中国のかわいい子たちに踊りまくっていただいて(笑)。自分で踊ったものを映像に撮って、それを元にアニメーターの方がロトスコープ(実写映像を素材に、アニメーションに描き起こす技法)で描いてくださったんですが、実際に千花ちゃんのコスプレして踊ったんですよ。ファンの方が見たら激怒必至なんで封印映像ですが(笑)。

左から:菅尾なぎさ、Daisuke Tanabe
左から:菅尾なぎさ、Daisuke Tanabe

─ぜひBlu-rayに特典として収録して欲しいです。

菅尾:無理だろうなー(笑)。それはともかく、例えば万理華ちゃんの振付が変わったことをしているかと言えばそういうつもりもなくて。むしろ、万理華ちゃん自身のユニークなキャラクターやバレエ経験から導き出されたもので、それがたまたま私の世界観とマッチしたんですよ。それはクリウィムも一緒で、メンバーそれぞれの個性に助けられるところが大きい。

菅尾:そもそもクリウィムは「私の振付で動いて欲しいな」って人たちが集まってくれたところから始まったんです。その頃の私、グラビアに大ハマりしていて。

─アイドルやモデルのですか?

菅尾:とにかく女の子。女体が好きすぎて、ストライクゾーンもめちゃくちゃ狭い(笑)。

─どんな好みですか?

菅尾:何だろう、私にはできないものを持っている人? だからクリウィムのメンバーとは趣味が合わないんです。クリエーションではちゃんと会話できるけど、帰りの電車で1対1になったら緊張しちゃって話を続けられる自信がない……(笑)。

左から:菅尾なぎさ、Daisuke Tanabe

菅尾:あとは、隙がある人かな。完成して動けるダンサーにはぜんぜん興味がなくて、1回も踊ったことない、舞台に立ったことすらない子のほうが、びっくりするくらい「抜け」のある動きができたりするんです。経験値のある人は、むしろそれができなくなっちゃう。

─じゃあ、ダンスのバックボーンのない人もメンバーにいたりする?

菅尾:めっちゃいますね。クリウィムが初舞台ってメンバーはけっこう多いです。いいものを持って生まれた人っているんですよ。それは本人のキャラとかではなくて、からだの使い方。そういう人は伸びしろがヤバいので、逆に「お願いだから、それ以上うまくならないで!」って思うこともありますね(笑)。

クリウィムバアニー『KれウィンバーNnイー』 / photo by Yuki Tanzawa
クリウィムバアニー『KれウィンバーNnイー』 / photo by Yuki Tanzawa
Page 1
次へ

イベント情報

『NΔU』
『NΔU』

2019年6月21日(金)~6月23日(日)全4公演
会場:東京都 三軒茶屋 シアタートラム
振付・演出:菅尾なぎさ
音楽・ライブ:Daisuke Tanabe
出演:
クリウィムバアニー
阿竹花子
金子あい
桑原史香
佐藤想子
コリウィムバアニー
杏あきこ
零ハナ
田中千紗子
津ヶ谷早稀
光こ
フカマツマイ
間瀬奈都美
料金:
前売 一般4,000円 24歳以下3,500円 高校生以下3,000円
当日4,500円
※世田谷パブリックシアター友の会会員は3,800円、せたがやアーツカード会員は3,900円

プロフィール

crewimburnny(くりうぃむばあにー)

ダンスカンパニー。菅尾なぎさ(振付家、演出家、ダンサー)主宰。女体の動きを妄想的視点(=男子)およびラブリー視点(=女子)の両極から捉え、果てなく行き違う2つのベクトルの交錯点にある夢と現実と虚無をポップに描き出す。その確固たる世界感で中毒者を蔓延させる一方、アンカテゴライズドで既知のコンテクストに囚われない「体感できるパフォーマンス」は常にあらゆる境界線を破壊し続け、異彩のダンスカンパニーとして国内外の注目を集めている。

菅尾なぎさ (すがお なぎさ)

振付家・演出家・ダンサー。クリウィムバアニー主宰。1999年に自身主宰のカンパニーでの活動 をはじめる。同年、イデビアン・ クルーの公演に出演し、現在まで多数の作品に出演。2005 年 に女性だけのカンパニー「クリウィムバアニー」を立ち上げ、 遊覧型ぱふぉーまんす『がムだム どムどム』、ゲーム体感型ぱふぉーまんす『dbdqpbdb』など、リアルでフィクション、スタイル /カルチャーでは語り尽くせない視覚、感覚の渦に観客を魅了し、身体の動きの妙と演出で特異な 世界観をうみだしている。 乃木坂46や私立恵比寿中学などの楽曲、CMや舞台など多方面の振付 や出演でも活躍している。

Daisuke Tanabe(だいすけ たなべ)

千葉県在住の音楽家 / 作曲家。偶然の重なりから初ライブはロンドンの廃墟で行われた大規模スクウォットパーティー。2006年、紆余曲折を経てリリースした初のEPが『BBC Radio1 Worldwide Award』にノミネートされ、その後も世界最大規模の都市型フェス『Sonar Barcelona』への出演、イタリアでのデザインの祭典『ミラノサローネ』への楽曲提供等幅広く活動中。釣り好き。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん 1

    寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん

  2. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 2

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  3. 声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る 3

    声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る

  4. テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生 4

    テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生

  5. 記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント 5

    記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント

  6. 丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行 6

    丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行

  7. 小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場 7

    小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場

  8. 韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る 8

    韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る

  9. 『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー 9

    『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー

  10. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 10

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』