インタビュー

アリアナ・グランデとこんまりの類似性 大谷ノブ彦×柴那典放談

アリアナ・グランデとこんまりの類似性 大谷ノブ彦×柴那典放談

テキスト
柴那典
撮影:CINRA.NET編集部 編集:中島洋一、中田光貴(CINRA.NET編集部)

CINRA.NETでリブートした、大谷ノブ彦(ダイノジ)と、音楽ジャーナリスト・柴那典による音楽放談企画「心のベストテン」。第3回となる今回は、2019年2月に5thアルバム『thank u, next』をリリースした、アリアナ・グランデについて。

表題曲“thank u, next”とこんまりの関連性、「七輪」タトゥー騒動や文化盗用とパクリ問題など、多岐にわたる音楽トークをお届けします。

あのアルバム(アリアナ・グランデ『thank u, next』)って「こんまり」の感性にそっくりだと思うんですよね。(大谷)

大谷:今日はアリアナ・グランデのことについて語ろうと思うんですよ。『thank u, next』は聴きました?

:もちろん。最高!

大谷:最近考えたんですけど、あのアルバムって「こんまり」の感性にそっくりだと思うんですよね。

:こんまり? 片づけ術の近藤麻理恵さんのことですか?

大谷:そうそう。今年、アメリカ中で「こんまり」ブームが起こったんですよ。Netflixで『KonMari ~人生がときめく片づけの魔法~』っていうリアリティ番組のシリーズが公開されて、それがめちゃくちゃヒットした。

:すごいことになってたんですよね。僕も見ました。

左から:柴那典、大谷ノブ彦
左から:柴那典、大谷ノブ彦

大谷:こんまりがいろんな家族やカップルの散らかった自宅に行くんですけど、こんまりの片づけ術って、モノを捨てるかどうかを「ときめくかどうか」で判断するんです。ときめきがなくなったら手放すという。

:「ときめき」って英語にどう翻訳してるのかなって思ったら「Spark Joy」って言ってましたね。

大谷:それで「Spark Joy」っていう言葉自体も流行語になっている。「こんまりメソッド」のなにがアメリカ人に衝撃だったかっていうと、ただモノを捨てるだけじゃないってところらしいんです。こんまりは「これまでありがとう」と感謝してさよならするんですよ。それがつまり『thank u, next』だという。

:たしかにアリアナ・グランデの『thank u, next』も「ありがとう、次に行くね」ですもんね。

大谷:あの歌(“thank u, next”)って、今まで付き合った男性とのことを歌っている曲なんですよね。「あなたたちがいたから、今の私がいるの。でも私は次に行くね」っていう歌なんですよ。それがこれまでの失恋ソングとの大きな違いですよね。

よくあるのは「男なんてクソったればっかり」って別れた男をこき下ろすみたいな曲。テイラー・スウィフトの“We Are Never Ever Getting Back Together”とかね。

:あとはアデルの“Hello”みたいに未練たっぷりの失恋ソングも多いですね。

大谷:そんな中、アリアナ・グランデは全員に感謝してるんです。前に交際していたマック・ミラーが去年に亡くなってるんですけれど、彼のことも「天使みたいだった」と歌ってる。そうやって感謝して別れを告げるっていうのが、こんまりと同じだなって思って。なんと言うか、とても「日本的な感覚」だと思うんですよ。

:日本的な感覚?

大谷:モノ信仰というか、いろんなモノに八百万の神が宿るって日本では言うじゃないですか。僕、ダルマの絵付けを群馬の高崎でやったときにそれをすごく思ったんですよ。絵付けって、絶対に機械でやらないんですって。顔とか目は全部手作業でやるんです。それにはちゃんと理由があって。

:ほうほう。

大谷:「まあ大谷さん、挑戦してみてください」って言われて、やってみたんです。でも素人だからめっちゃ下手くそで。1時間かけて出来上がって、「どうです、大谷さん?」って言われたときに「なんかわかんないですけど、かわいいっすね」みたいなことを言ったんです。

そしたら「あ、じゃあ、願い事が叶います」って言われたんです。つまりその瞬間に僕の念がだるまに入ったんだって。

:なるほど、モノにちゃんと思いが込められてるっていうことだ。ビジネス風に言えば、エンゲージメント(愛着)が高まった。でも、愛着があるからこそ捨てられないっていう人も多そうですよね。

柴那典(しば とものり)<br>1976年神奈川県生まれ。音楽ジャーナリスト。ロッキング・オン社を経て独立、雑誌、ウェブなど各方面にて音楽やサブカルチャー分野を中心に幅広くインタビュー、記事執筆を手がける。主な執筆媒体は『AERA』『ナタリー』『CINRA.NET』『MUSICA』『リアルサウンド』『ミュージック・マガジン』『婦人公論』など。日経MJにてコラム「柴那典の新音学」連載中。CINRA.NETにて大谷ノブ彦(ダイノジ)との対談「心のベストテン」連載中。
柴那典(しば とものり)
1976年神奈川県生まれ。音楽ジャーナリスト。ロッキング・オン社を経て独立、雑誌、ウェブなど各方面にて音楽やサブカルチャー分野を中心に幅広くインタビュー、記事執筆を手がける。主な執筆媒体は『AERA』『ナタリー』『CINRA.NET』『MUSICA』『リアルサウンド』『ミュージック・マガジン』『婦人公論』など。日経MJにてコラム「柴那典の新音学」連載中。CINRA.NETにて大谷ノブ彦(ダイノジ)との対談「心のベストテン」連載中。

大谷:だからこんまりは「感謝しましょう」って言うんですよね。「これまで人生を彩ってくれてありがとう」って。それが終わったら自分に問いかけさせるんです。「よく考えてみて、このモノは、あなたがこれからの人生を共に歩んでいくのにふさわしいモノですか?」って。

:たしかに。まさに“thank u, next”の歌詞だ。

大谷:この曲が世界中でシェアされてるのって、こんまりがブームになってることと通じ合ってると思うんですよね。

:あの番組でこんまりのやってることって、本当にセラピーみたいなんですよね。最初に部屋に入ったときにやることも、まず部屋に対して静かに祈るという。

大谷:ちょっとシャーマンみたいなね(笑)。でも、これも超大事なポイントですよね。

大谷ノブ彦(おおたに のぶひこ)<br>1972年生まれ。1994年に大地洋輔とお笑いコンビ、ダイノジを結成。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。音楽や映画などのカルチャーに造詣が深い。相方の大地と共にロックDJ・DJダイノジとしても活動。著書に『ダイノジ大谷ノブ彦の 俺のROCK LIFE!』、平野啓一郎氏との共著に『生きる理由を探してる人へ』がある。 
大谷ノブ彦(おおたに のぶひこ)
1972年生まれ。1994年に大地洋輔とお笑いコンビ、ダイノジを結成。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。音楽や映画などのカルチャーに造詣が深い。相方の大地と共にロックDJ・DJダイノジとしても活動。著書に『ダイノジ大谷ノブ彦の 俺のROCK LIFE!』、平野啓一郎氏との共著に『生きる理由を探してる人へ』がある。
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

プロフィール

大谷ノブ彦(おおたに のぶひこ)

1972年生まれ。1994年に大地洋輔とお笑いコンビ、ダイノジを結成。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。音楽や映画などのカルチャーに造詣が深い。相方の大地と共にロックDJ・DJダイノジとしても活動。著書に『ダイノジ大谷ノブ彦の 俺のROCK LIFE!』、平野啓一郎氏との共著に『生きる理由を探してる人へ』がある。

柴那典(しば とものり)

1976年神奈川県生まれ。音楽ジャーナリスト。ロッキング・オン社を経て独立、雑誌、ウェブなど各方面にて音楽やサブカルチャー分野を中心に幅広くインタビュー、記事執筆を手がける。主な執筆媒体は『AERA』『ナタリー』『CINRA』『MUSICA』『リアルサウンド』『ミュージック・マガジン』『婦人公論』など。日経MJにてコラム「柴那典の新音学」連載中。CINRAにて大谷ノブ彦(ダイノジ)との対談「心のベストテン」連載中。著書に『ヒットの崩壊』(講談社)『初音ミクはなぜ世界を変えたのか?』(太田出版)、共著に『渋谷音楽図鑑』(太田出版)がある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図