特集 PR

木村カエラが語る、変化することに全てを注ぎ挑戦してきた5年間

木村カエラが語る、変化することに全てを注ぎ挑戦してきた5年間

木村カエラ『いちご』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:永峰拓也 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

今年で活動15周年を迎える木村カエラが、7月31日にニューアルバム『いちご』をリリースした。

「スクラップ&ビルド」をコンセプトに制作された本作には、これが初の共作となるCharaを始め、あいみょんやAAAMYYY、ノルウェー出身のアートロックバンドPom Pokoといった、一筋縄ではいかないアーティストによる楽曲が並ぶ。なかでも、作詞作曲を手がけたあいみょんによる“Continue”の歌詞にある、<増えたシワの数>や<おばさんになった>というフレーズは、強烈なインパクトを与えてくる。

これまで積み上げてきたものを破壊(スクラップ)し、新たに建て直す(ビルド)。言葉でいうのは簡単だが、これまでのイメージを大きく変えてしまいかねない楽曲にさえ、果敢に挑戦する木村のアティチュードは、一体どのように培われてきたのだろうか。

「現状維持ではなく、つねに変化し続けることで駆け抜けてきた」と語る、音楽家人生の15年を振り返ってもらった。

25歳を過ぎたころに「あれ、私、大人になってきちゃった」と感じ始めたんです。

―先日の日比谷野音でのライブ『KAELA presents GO! GO! KAELAND 2019 -15years anniversary-』、拝見しました。MCで話していましたが、デビューしてすぐに「大人たち」から、「女性アーティストが10年続けるのは大変だよ」と言われたことが、カエラさんの原動力になったそうですね。

木村:はい。「男性アーティストが10年続けることはたくさんあるけど、女性アーティストが続けるのは難しい」と言われました。デビューしても、女性アーティストはとにかく移り変わりが早い。本当に必死になってやらないと、続けていけないからね? って。

それでデビュー曲“Level42”(2004年)の歌詞に<See yourself in 10 years(10年後の私を見て)>というフレーズを入れて、それをずっと歌ってやるって決意したんですよね。なので、10周年を迎えることは自分にとってかなり大きな目標でしたし、そこまではとにかく突っ走らないといけないなと思っていました。

木村カエラ(きむら かえら)<br>2004年6月にシングル『Level 42』でメジャーデビュー。2013年、自身が代表を務めるプライベートレーベルELAを設立。2014年、メジャーデビュー10周年を迎え、ベストアルバム『10years』、8枚目となるオリジナルアルバム『MIETA』をリリース。2019年には15周年を迎え、日比谷野外音楽堂で『KAELA presents GO! GO! KAELAND 2019 -15years anniversary-』を開催した。
木村カエラ(きむら かえら)
2004年6月にシングル『Level 42』でメジャーデビュー。2013年、自身が代表を務めるプライベートレーベルELAを設立。2014年、メジャーデビュー10周年を迎え、ベストアルバム『10years』、8枚目となるオリジナルアルバム『MIETA』をリリース。2019年には15周年を迎え、日比谷野外音楽堂で『KAELA presents GO! GO! KAELAND 2019 -15years anniversary-』を開催した。

―ライブのMCで「とにかく突っ走るために、変わり続けようと決意した」と話していたのも印象的でした。

木村:私は19歳でデビューしたんですけど、若いころって自分のことしか考えられないじゃないですか。当時は自分のなかだけで変わっていけばいいと思っていて。

デビューまでの19年間に自分のなかで蓄えてきた言葉や出来事、嬉しいことや悲しいことを小出しにしていけば、ある程度は表現し続けられるんですよね。あとは、自分がその世界観に合わせて姿形やキャラクターを変えながら、どんどん違う自分を見せていけばいいって思ってたんです。

だけど、25歳を過ぎたころに「あれ、私、大人になってきちゃった」と感じ始めて。それまでは無邪気に自分のことだけ考えていられたのに、他人のことも気になるし、スタッフやファンに対する責任感も出てきて、「これはヤバいかもしれない」と思ったんです。「やんちゃできなくなってきた」と。

木村カエラ

―やんちゃができなくなることが、作品にも影響するのではないか、と。

木村:そうなんです。「優しさ」みたいなものが増えてくるということは、要するに「エッジ」がなくなってくるわけですよね。文字通り「丸くなってしまう」。それをどう対処すればいいのか分からなくて。それって仕方がないことなのだけど、受け入れるまでに時間がかかって苦しみました。

しかも、歌詞を書いたり作品を生み出したりしていくに従って、今話したような自分が19歳でデビューするまでに積み上げてきた蓄えが、どんどん削られていっていて。

―『ゼクシィ』のCMソングとして一斉を風靡した“Butterfly”(2009年)も、ご自身の転機になったとおっしゃっていましたよね。

木村:そう。“Butterfly”を出したことで、それまでエッジの強いものを作っていた自分が、優しい楽曲で世の中に受け入れられていくことに困惑してしまったんです。

―それは「困惑」だったんですね。

木村:最初はなかなか受け入れられなかったです。でも、“Butterfly”のおかげで「変わらなきゃ」っていうモードになったんですよね。それで“Ring a Ding Dong”(2010年)や“A winter fairy is melting a snowman”(2010年)のような、優しい歌にも挑戦し始めるんです。それが5周年を過ぎたころですね。

Page 1
次へ

リリース情報

木村カエラ『いちご』
木村カエラ
『いちご』初回限定盤(CD+DVD)

2019年7月31日(水)発売
価格:3,996円(税込)
VIZL-1610

[CD]
1. Continue
2. セレンディピティ
3. BREAKER
4. MUSIC ON, WORLD OFF
5. 曖昧 me
6. clione
7. ミモザ
8. ストレスポンジー
9. 戦闘的ファンタジー
10. ハイドとシーク
11. いちご

[DVD]
Continue(Music Video)
カエラのドキドキ☆ドッキリ大作戦

木村カエラ『いちご』
木村カエラ
『いちご』通常盤(CD)

2019年7月31日(水)発売
価格:3,240円(税込)
VICL-65218

1. Continue
2. セレンディピティ
3. BREAKER
4. MUSIC ON, WORLD OFF
5. 曖昧 me
6. clione
7. ミモザ
8. ストレスポンジー
9. 戦闘的ファンタジー
10. ハイドとシーク
11. いちご

プロフィール

木村カエラ(きむら かえら)
木村カエラ(きむら かえら)

2004年6月にシングル「Level 42」でメジャーデビュー。2013年、自身が代表を務めるプライベートレーベルELAを設立。2014年、メジャーデビュー10周年を迎え、ベストアルバム「10years」、8枚目となるオリジナルアルバム「MIETA」をリリース。同年10月、横浜アリーナ2days公演を成功させた。2017年5月、JRA『HOT HOLIDAYS!』のCMソングとなっているシングル「HOLIDAYS」をリリース。2018年4月初の絵本「ねむとココロ」を出版。2019年6月23日にデビュー15周年を迎え、日比谷野外大音楽堂でアニバーサリー公演を開催した。10月から木村カエラLIVE 2019全国『いちご狩り』ツアーで全国8都市でライブを開催する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 1

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために

  2. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 2

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る

  3. 清原果耶初主演のNHKドラマ『透明なゆりかご』が全10話一挙再放送 3

    清原果耶初主演のNHKドラマ『透明なゆりかご』が全10話一挙再放送

  4. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 4

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  5. 高城晶平×折坂悠太 期待を引き受け、裏切りながら大舞台へと進む 5

    高城晶平×折坂悠太 期待を引き受け、裏切りながら大舞台へと進む

  6. 殺人鬼役のセカオワFukaseが描く「巨大油絵」、『キャラクター』シーン画像 6

    殺人鬼役のセカオワFukaseが描く「巨大油絵」、『キャラクター』シーン画像

  7. 俳優・山崎皓司が挑む百姓ライフスタイル。試行錯誤の実践を辿る 7

    俳優・山崎皓司が挑む百姓ライフスタイル。試行錯誤の実践を辿る

  8. NiziUが新曲“I AM”にあわせて「ミストダンス」 コーセー新CMオンエア 8

    NiziUが新曲“I AM”にあわせて「ミストダンス」 コーセー新CMオンエア

  9. 藤井 風のカバー集『HELP EVER HURT COVER』復刻リリース 9

    藤井 風のカバー集『HELP EVER HURT COVER』復刻リリース

  10. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 10

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは