特集 PR

なぜAlfred Beach Sandalは名義を変えた? 北里彰久が語る

なぜAlfred Beach Sandalは名義を変えた? 北里彰久が語る

北里彰久『Tones』
インタビュー・テキスト
松永良平
撮影:前田立 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

これからAlfred Beach Sandalは、北里彰久になる。

2010年に1stアルバム『Alfred Beach Sandal』をリリース。個人の名前としてはとても謎めいたものだったが、作品を重ねながらその存在は徐々に知られていき、彼をよく知る友人たちがそう呼んでいた「ビーサン」という愛称はいつしかファンの間にも根強く定着した。高く澄んだ、しかし芯の強い歌声と、ザクザクとしたギターサウンドを軸としながら、しなやかなポップフィーリングと、異国や異時間へ普段着のまま越境する言葉のパースペクティブ。Alfred Beach Sandalの音楽は、唯一無二の魅力を放ってきた。

その愛されていた名前を解き放って本名へ。Alfred Beach Sandal時代をそれほど知らない人から見れば、北里彰久という新人シンガーソングライターの登場のようにも映るのかもしれないが、本人が語るように同じ人間がやっているものだから音楽としては地続きだ。北里彰久としての音楽活動を改めてはじめるにあたって、彼は何を見つけ、何を考えたのか。4年ぶりとなる新作アルバム『Tones』について、Alfred Beach Sandalから北里彰久への音楽の旅をたどりつつ、じっくりと話を聞いた。

(Alfred Beach Sandalは)そのうちバンドになってもいいようなプロジェクトを設定したという感じでした。

北里彰久
北里彰久

―Alfred Beach Sandalとしての最初のCD-R作品『Alfred Beach Sandal』が2010年でしたよね。そろそろこの名前で活動10年になろうというタイミングで、本名の「北里彰久」としての初のアルバム『Tones』をリリースするわけですが、そもそも「なぜ北里彰久はずっとAlfred Beach Sandalだったのか」という経緯を知らないリスナーもいるんじゃないかと思うんです。

北里:もともとソロをはじめる前にバンド(MOXA DELTA)をやっていたんです。それが解散して、音楽は続けたかったんですけど、一緒にやってくれる友達もいなかったので、とりあえずひとりでやることにして。とはいえ、シンガーソングライターみたいなことをするのはその時点では腑に落ちてなかったし、今考えればまだバンドがやりたかったんだと思うんですよね。

だから、そのうちバンドになってもいいようなプロジェクトを設定したという感じでした。Corneliusみたいなもので、これがそのままバンド名になればいいな、くらいの気持ちで。その名前がAlfred Beach Sandalになったのは、半分冗談みたいな感じで、本当に適当です。

―その名前の由来はいろいろありますよね。僕が初めて取材したときは、カリプソ歌手の芸名みたいな名前をイメージしたと言っていました。

北里:その答え、取材の直前くらいに思いついたんでしょうね(笑)。適当っていうのが一番正しいから、どの由来も間違いではないです。

北里彰久(きたざと あきひさ)<br>2009年よりフリーフォームなソロユニットAlfred Beach Sandalとして活動開始。4枚のアルバムを作る。2017年、「Alfred Beach Sandal + STUTS」として『ABS+STUTS』を発表。2019年7月10日、ソロ作品としては『Unknown Moments』から4年ぶりとなるアルバム『Tones』を本名の「北里彰久」名義でリリースした。
北里彰久(きたざと あきひさ)
2009年よりフリーフォームなソロユニットAlfred Beach Sandalとして活動開始。4枚のアルバムを作る。2017年、「Alfred Beach Sandal + STUTS」として『ABS+STUTS』を発表。2019年7月10日、ソロ作品としては『Unknown Moments』から4年ぶりとなるアルバム『Tones』を本名の「北里彰久」名義でリリースした。
『Unknown Moments』(2015年)収録曲

―それが個人名になっていったのは、もちろんリリースが注目されたということもあるけど、当時よく出ていた七針(東京・八丁堀のライブスペース)とかで知り合った他のミュージシャンから「ビーサン」と呼ばれるようになって、自分のキャラと結びついていったことも大きいかもしれないですね。

北里:そうですね。友達付きあいでのあだ名が「ビーサン」になっちゃったから、自分が想定してたものとは違っていきました。でも、当時は弾き語りでやってたから、そりゃ「Alfred Beach Sandal=俺」になりますよね。

誰かにフィーチャリングされるようになったあたりから、自分とAlfred Beach Sandalの関係性がわけわかんなくなってきて。

―たしかにソロのファースト『Alfred Beach Sandal』(2010年)は弾き語りですけど、2作目の『One Day Calypso』(2011年)はバンド編成(MC.sirafu、一楽誉志幸、伴瀬朝彦らが参加)でした。

北里:そうなりましたね。最初に思い描いていたのはバンドだったし、他人のアイデアを入れて一緒に音楽を作ることがやりたかったので。

『One Day Calypso』収録曲

―その後、『Night Bazaar』(2012年)、『Dead Montano』(2013年)、『Unknown Moments』と作品を重ねるうちに、光永渉くん(Dr)や岩見継吾くん(Ba)が固定したメンバーとして集っていったじゃないですか。『Dead Montano』出したあとくらいから「バンドがAlfred Beach Sandalで、僕はそれをやってる北里彰久なんです」というようなことをライブでも言いはじめていた気がします。

北里:ああ、深く考えて言っていたわけじゃないだろうけど、それが当初に薄っすらと思い描いていたことでしたから。『Dead Montano』からトリオでやってきて、あの編成は自分にとって「バンド」になった感があったんです。

Alfred Beach Sandal『Dead Montano』を聴く(Apple Musicはこちら

北里:でも、『Unknown Moments』を出したあと、次に作るものは今回の『Tones』のようなシンプルでアコースティックで、歌がメインになるものっていうイメージがすでにあって。だから、バンドとしての活動もそのあたりでいったん止めてるんですよ。

―とはいえ、『Tones』に至るまでの間、2017年にはトラックメイカーのSTUTSとの連名で『ABS+STUTS』をリリースしています。

北里:『Unknown Moments』の次はすぐ作ろうと思っていたんですけど、STUTSと「一緒にやろう」って口約束してたプロジェクトが先に進む感じになったんで、その間は自分のことはちょっと棚上げしてました。一旦バンドでの活動をやめて自分のテンションが落ちかけてた時期だったんで、そのタイミングでSTUTSとやれたのはよかったですね。

Alfred Beach Sandal + STUTS(「<a href=https://www.cinra.net/interview/201707-alfredbeachsandalstuts>Alfred Beach Sandal + STUTS、なぜ二人はタッグを組んだのか?</a>」より / 撮影:永峰拓也)
Alfred Beach Sandal + STUTS(「Alfred Beach Sandal + STUTS、なぜ二人はタッグを組んだのか?」より / 撮影:永峰拓也)
Alfred Beach Sandal + STUTS 『ABS+STUTS』収録曲

北里:それにダブルネームでの作品だと、自分としての役割も半分じゃないですか。だから気楽にできたし、風通しもよかった。ただ、STUTSとの連名もそうなんですけど、誰かにフィーチャリングされるようになったあたりから、自分とAlfred Beach Sandalの関係性がわけわかんなくなってきて。「feat. Alfred Beach Sandal」ってクレジットされているけど、自分でも「これは何を指してるんだろう?」って(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

『Tones』
北里彰久
『Tones』(CD)

2019年7月10日(水)発売
価格:2,700円(税込)
PECF-1175

1. 子午線
2. Easy Tempo
3. チークタイム
4. Flowers for a Stranger
5. エンドオブヴァケイション
6. 夜光のスケッチ
7. 出発
8. 夏のさなか
9. Fortune

イベント情報

『北里彰久“Tones”release tour』

2019年7月28日(日)
会場:長崎県 崇福寺 Coffee & clayworks 笠
Live:北里彰久(Acoustic Band Set)
料金:前売2,800円 当日3,300円(共にドリンク別)

2019年7月30日(火)
会場:福岡県 正屋 本店
ライブ:
北里彰久(Acoustic Band Set)
Cobalt boy
料金:前売2,500円 当日3,000円(共にドリンク別)

2019年9月1日(日)
会場:兵庫県 神戸 旧グッゲンハイム邸
ライブ:北里彰久(Band Set)
前売:前売3,300円 当日3,800円(共にドリンク別)

2019年9月14日(土)
会場:東京都 青山 CAY
ライブ:北里彰久(Band Set)
DJ:nutsman
料金:前売3,300円 当日3,800円(共にドリンク別)

2019年10月5日(土)
会場:愛知県 名古屋Live&Lounge Vio
ライブ:北里彰久(Band Set)/ odd eyes
DJ:nutsman
料金:前売3,300円 当日3,800円(共にドリンク別)

プロフィール

北里彰久
北里彰久(きたざと あきひさ)

2009年よりフリーフォームなソロユニットAlfred Beach Sandalとして活動開始。3枚ほどアルバムを作る。ロックからMPB、ブラックミュージックまでを三次元的にイビツに迷走していく手腕には一定の評価をいただく。「DJ的発想で曲を作っている」と言われ、いい気になって「そうですね」と答えたことがある。最近はよりひとりぼっち方面の活動が増え、歌にフォーカスしていく傾向がみられる。ギターもちょっと弾ける。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施